目薬で点眼していも目が乾いてしまう苦しみから逃るなら黒板から学まびしょう。(加筆修正版)


太陽をまともに見ると目は確実に傷みます。

皆既日蝕など、太陽をみる時にはプラスチックの黒い下敷きを使うのは絶対にオススメできません。

そもそも道具という名前で使うものは元々は、大切な体をいたわるように作り出そうと考えては試してみる繰り返しなのです。

黒板のようなデスクトップのデザインを少し作ってみました。

(アイキャッチ画像ようの画像は全国黒板工業連盟の黒板の歴史/PDFファイル形式より)

 

 

強引だけど三拍子そろった自然りずむという雰囲気↑ここだと焼け死ぬ                    雨か曇り                                                穏やかな天気

昔も今も太陽はいつも明るいし影もプレゼントしてくれます。

趣のあるいろの太さ、長さ、これを実は波の浮き沈みと思ってください。

趣のあるいろの太さ、長さ、これを実は波の浮き沈みと思ってください。

まず理科で出てくるあだ名とおぼえておくとわくわくするかもしれません。

さらに雲が海から暖められた空気が上がることで↑で気圧が↓からスタンプをボンとおす感じで押すんだねぇ

さらに風邪も風も運んでくると、そういうことですよ。

だから鼻水が出てねぇ、ディッシュ*などで鼻水をそっと鼻の穴より紙へさり気なく移してみてください。

北かぜのような感じで感じて伝わったら幸いです。

北かぜのような感じで感じて伝わったら幸いです。

ドライアイに見の覚えのある方はセーラームーンよりおしおきを受けているかもしれません。

大切な目です。

風が拭けば桶屋が儲かるという言葉遊びをご存知ですか?

必ず誰もが不思議と耳をかすめる不思議なおまじないのような言葉です。

もしも髪をドライヤーで風を送る≒送風するとすぐに濡れた髪が乾きます。

ネコやイヌにドライヤーを当ててよろこんだら奇跡なのかどうかどうんなんでしょうか?

 

直接あたると痛いんです!

風の話をしました。

ぜひ光の入ってくる角度を観察して≒入射角と、反射したあとに眼球に入る角度をあわせます。

そこで、まるでイナバウアーのように画面を調節してみてください。

きっと見えるものが新たになるでしょう。

 

はるか彼方にあるオリオン座や北斗七星や北極星は目に眩しくないのはなぜ?

テレビを見る時には部屋を明るくしてくださいと番組の冒頭でよく言われるようです。

これはとても大切なんですよ。真っ暗な部屋で急にテレビから眩しすぎるくらいの明るい光は目を痛めます。

これは根拠がありますよね。

鶏はちなみ暗いところで見えましたっけ?

 

参考画像など

*もしも、おとうさんや、おかあさんがもしかしたら別の名前で読んでいた時があったんだってね。

緑やオレンジの優しい色合い

緑やオレンジの優しい色合い

 

テレビやPCモニタやスマートフォン明るさを絞ってみたら?

画面を見る時にただでさえ目が疲れやすいのです。

もともとデリケートな自分の眼球の悲鳴をぜひしっかりと受けて止めてください。

今ごらんになっている画面とは射してくる光がモノに跳ね返っています。

光は直接網膜に映りません!

ですから反射して目に届いているということに気づくことから考えるのです。