IEEE802.11ac規格の対応機器続々登場。無線LANの速度が理論値Gigabitで?

アイトリプルイー11エーシー
いくらIEEE802 11nの最大速度が600Mbpsなのですが、これに対して11acでは規格上の速度が、

なんと!

最大6.9Gbps(6900Mbps)という化け物のような速度が目論まれているのです。

11ac一体どんな技術の改良点があったのでしょう?

「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)技術について
IEEE 802.11nと同じになりますが、複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる技術が採用されています。最高4本だったアンテナ数が倍の8本まで拡大されました。

「マルチユーザMIMO」(MU-MIMO)技術について

電波に指向性を持たせることによって、同一周波数にも関わらず、同時に複数の端末との通信が可能になる技術です。これによって電波の利用がより有効に使えます。

周波数帯域は上限が40MHz幅だったものが、倍の80MHz幅、4倍の160MHz幅まで利用できるようになります。
周波数帯域は最高で40MHz幅だったものが80MHz幅あるいは160MHz幅まで利用できる。変調方式も64QAMまでだったのが256QAMまで利用できるようになっている。

QAMという単語は聞きなれませんが、ざっくりいって振幅と位相を共に8段階(3bit)に変えることで、合わせて64bit(6bit)の信号を送るものです。

なんとなく多量のデータがやりとりできそうなイメージが湧きますね。

しかし、他の電波の干渉や、物理的な壁面や階段などでどんどん速度は減衰します。

さらに、現在使われている端末が全てac規格のものに置き換わるまでは期間を要するでしょう。家庭に供給されるインターネットの上流が光によるサービスだとしても100Mbps程度では、その速度を体感するのは難しいでしょう。

実際にこの規格が普及するまでは相当の時間が掛かりそうですが無線LANルーターから離れたテレビやモニタに高品質の映像や音声が受信できるようになるとなると将来楽しみになります。

新しく無線LANルーターを買いたい人は11ac規格を覚えておいて損はないでしょう。

参考サイト)