iRemocon:スマホで外出先から部屋のエアコン等を操作。まさにスマートリモコン!

iRemocon

寒い季節になりました。外出先から帰宅したら部屋がすでに暖められているなんてことはもう可能な時代が来たのですね。そんな高機能リモコンはスマートフォンによるネット対応に置き換えが可能なアイテムがあります。いつもリモコンは家電を買う毎に増えていくもの。さらにどこにリモコンを置き忘れたか分からないなんてこともあるでしょう。それがスマートフォンやタブレットによる操作が実現できるようなっています。

iRemoconと無線LANルーターが必要です。購入後初期設定が終わると、それからは外出先に一度に複数の家電をコントロールすることができます。

スマートフォンによる家電の操作をするためには、必ずしも初期設定のまま家電が使えるとは限りません。学習リモコンに信号を記憶させるのと同様に本体にリモコンの信号を学習させる必要があります。

赤外線のリモコンの信号はそう強くはないものですが、超高出力・広角赤外線LEDの仕様になっており、部屋の広範囲に渡る家電の操作を本体のみで操作することができるように設計されているのです。

スマートフォンの中のリモコンのデザインをカスタマイズできるUIデザイナーがまた秀逸です。

物理的なリモコンであればボタンの位置や数は変えようがありませんが、スマートフォンによるアプリであればいくらでも変更ができます。

秀逸なのが、家電の操作ボタンの連携した操作の記憶(マクロ)が可能がことです。例としてはハードディスクレコーダーで、画面を出して、選択して次の画面を出して、さらにその中から選択して、決定などという一連の操作を一つのボタンで可能にしてしまうことです。

ただただ、お値段が2万を超えてしまうのが痛いですね。

リモコンがスマホ1つに置き換わる

参考サイト)