世界のコマツの発展にICT技術の高度な応用と清潔さの追求が際立っている。

コマツ

 

ブルドーザーやフォークリフトやパワーシャベル、建設機械といえばそんな機械の活躍がまず頭に浮かびます。

コマツという会社の作った製品にはGPSが取り付けられており、稼働時間や作業量、負荷を計算した上でのパーツのメンテナンスや、

環境負荷軽減に優れた独自のエンジンの開発、さらに世界初で開発したハイブリッドで動くフォークリフトの開発と次々に先手を打っています。

いつも見て圧巻されるのが、コマツの企業で紹介される世界地図に自社製品が現在どこで稼働しているかモニターされるのは圧巻です。

厳しい環境で無人で動く大型ダンプやショベルカーが世界の鉱山などで動いています。

建設において環境破壊とは密接な関係にありますが、コマツは環境の保全に努めつつも社会貢献活動に前向きな企業といえるでしょう。
「コマツの行動基準」は、1998年に作られ、改訂を重ね、2011で第8版までに至ります。接待や贈答などに潔癖な姿勢を予め示し、すべての社員にコマツウェイの理解と実践を要求し、現地語にはまで翻訳するようです。

世界にいくつもの企業アカウントがあるのも世界企業としての広がりを感じます。

フェイスブックでも3つもあるのです。
コマツアメリカ(米国): https://www.facebook.com/KomatsuEquipment
モジュラーマイニングシステムズ(米国): https://www.facebook.com/ModularMining
コマツイクイップメント(米国): https://www.facebook.com/KomatsuEq?fref=ts

コマツ公式会社サイト:http://www.komatsu.co.jp/
ただ、作るだけではない、ダントツといわれる付加価値で発展する世界企業コマツ。