85%の開発者がネイティブモバイルアプリが最善と回答 「C++言語でもモバイル開発が可能に」

ジョン・トーマス氏

2013年12月10日に開催された「第27回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」で、C++によるiOSアプリのビジュアル開発を実現した「C++Builder XE5」が発表されました。
ドラッグ&ドロップのビジュアル開発、既存のC++コードやナレッジの利用、WindowsやMacとのクロス開発など魅力も多くなっています。

エンバカデロ・テクノロジーズで製品担当ディレクターを務めるジョン・トーマス氏は、
「5年前であれば、ミーティングに行くとほとんどの人がWindowsのラップトップを持っていました。でも今は、iPad、Androidタブレット、スマートフォンなどを持った人が同じぐらいいます。」
また、「世界でも最も人気のあるプログラミング言語の一つがC++です。日本でも大変人気があります。標準のC++言語を用いたiOS向け開発がいよいよ可能になるのです」とも語っています。
Windowsのみを開発ターゲットにしていればよかった時代は終わり、今や多様なスマートデバイスもターゲットにしなければならなくなったとして、さらに多くの人は一つのデバイスだけではなく、複数デバイスを状況によって使い分けているとも指摘しています。

C++Builderを使ったモバイル開発は、従来WindowsやMac向けにビジュアルな操作でアプリケーションを開発してきたのと同じように、コンポーネントのドラッグ&ドロップが基本となります。
これまではのモバイル開発には、ベンダー固有のツールや言語を用いるか、Webテクノロジーなどを選択するしかなかったのですが、そのいずれも、従来のアプリケーション開発とは異なる、新しいノウハウを必要とするものでした。

操作性の異なるスマートフォンとタブレットで、それぞれ別のUIを表示させるようにすることもできるので、C++Builderのような従来Windows向け開発をサポートしてきたツールが、本格的なモバイル開発を実現したことの意義は大きいでしょう。

ジョン・トーマス氏の講演ビデオ