auのFirefox OS搭載スマートフォンに2014年度内発売を発表。波紋を呼ぶか?

FirefoxOS搭載スマートフォン

 

東芝が2014年に国内初のChrome OS搭載のノートパソコンを発売する見込みです。OSも群雄割拠の時代となりそうです。さて、今回ご紹介するのはブラウザでお馴染みのFirefox OSです。

 

ブラウザといえばInternetExplorerやGoogle ChromeにならんでMozillaのFirefoxです。今月の22日の新製品発表会にてauは2015年度中にFirefox OS搭載のスマートフォンを世に出すと発表しました。

Firefox ゆるきゃら

Firefox OSの面白いところは基本的にWebサイト構築の基本になるHTML5をベースにして開発されているところにあります。これがもたらす意味とは、どこのパソコンでもWindowsやMacであろうともFirefoxのブラウザが動けば、そのソフトが動くということです。OSの垣根を超えてアプリが動くというのはなかなか画期的なことだと思います。

今回携帯電話会社auがFirefox OSを採用したのはNTTドコモがTizenというOSの採用を見送ったことも関係しているかもしれません。(KDDIの田中社長はドコモとはスタンスが違うというコメントをしていますが。)

田中社長は、Firefox OS搭載スマホに「ここまで尖っている」と思われるような世界感のある端末を目論んでいるようです。
「マジョリティー(大多数のユーザー)ではなく、(オタクなどの)ギーク層をドカンと狙いたい」とも述べています。

新しいモノ好きには堪らない期待をもたせますね。(初物には人柱がつきものですが、そこら辺のところは大丈夫なのでしょうか?)

スマートフォンに新風を吹き込むことができるでしょうか?iOSとAndroidという2大OSから第3のOSがどのような影響を及ぼすか楽しみなところです。

参考サイト)