iOS7、「Open Inコントロール」の企業向け機能の効果は?この影で、仕事で使うべきはMDM端末(支給品) V.S. BYOD(私物の持ち込み)とのせめぎあい。

iOS7の企業向け情報管理機能

ネットのセキュリティのスキマをついて情報漏えいされた謝罪事件が多発しています。これが、自社の社員がIT端末を紛失して機密情報を漏らしてしまったら100%自社の落ち度になってしまいます。あなたの責任だけでは背負いきれない事態はなんとしても避けたいところですね。

MDM(Mobile Device Mangement)まだ認知は浅いのかもしれません。乱暴な説明をお許しいただくとすると、子どもに端末を持たせて、パケットフィルタリングして有害なサイトにアクセスできない制限をかけますが、その会社版といったら専門家に怒られてしまうのでしょうか。(この説明ではたぶん怒られます。お許し下さい。)

会社が支給するモバイル端末の縛りを強くすると困った問題がおきます。私物で持ち込んで仕事するなら自由に動かせるというジレンマになるんです。つまり、BYOD(Bring Your Own Device)という用語が生まれるまでに至りました。

しかし、社員は、会社のデータにいやでもアクセスせざるをえません。ですが、MDMさらに拡張したEMM(Enterprise Mobility Management、企業によるモビリティの管理)の考え方が生まれるに至ります。

そこで小ネタとして紹介したいのがiOS7の企業向けの機能、、「Open Inコントロール」です。企業の情報漏洩防止に一役買う有り難い機能だと言えるでしょう。
参考動画)「Open Inの制御を実現」iOS7の新機能

文書やメールの添付ファイルにアクセスする権限に加えて入れるアプリさえも管理できます。会社で使っていない個人によるEvernoteやDropboxのクラウドアプリへのアクセスの禁止して、あくまで会社内の情報管理が可能になります。

これだと嫌でも会社が支給する端末を使わざるを得なくなります。ですが、迂回策はつきもの。ですが、ここは社員一丸となって情報セキュリティの向上に協力したいものです。