WiMAX 2+のサービスが10月31日より開始。下り最大100Mbpsで月額3880円から

wimax2plus

UQコミュニケーションズがサービスを行っているWiMAXの新たなサービスであるWiMAX 2+が10月31日よりサービス開始となることが発表されました。

WiMAX 2+は、既存のWiMAXと同じ周波数帯(2595~2625MHz)と隣接する周波数帯(2625~2650MHz)を使う無線通信サービスで、通信に従来のWiMAXよりも広い周波数チャネルを使い、複数の通信アンテナを同時に使用するMIMO(Multiple Input Multiple Output)により、現在の最大40Mbpsと比べて3倍近く速い最大110Mbpsの通信速度を、サービス開始時点で達成できるというのがウリのサービスです。

サービスエリアは、提供開始当初が東京都の「環状7号線内」となっており、2014年3月末には、関東地方では東京都と神奈川県、千葉県、埼玉県の一部、中部地方では愛知県の一部、近畿地方では大阪府と京都府、兵庫県の一部まで拡大される予定です。2015年3月末になるとサービス対象地域は全国主要都市へ広がる予定にもなっています。

また、既存のWiMAX対応ルーターではWiMAX 2+を利用できないため、WiMAX 2+に対応したルーターの購入が必要となります。

料金は「UQ Flat ツープラス」の場合、2年契約を行うことで、2年間月額3880円で使い放題となります。ただし、3年目以降は4405円となり、通信利用料が7GBを超えた場合は通信速度が制限される予定です。ですが、速度制限に関しては未確定としており、2年後の状況をみて考えるとの事です。

モバイルデータ通信サービスもとうとうFTTH並みの速度で通信できるようになり、ますます便利になっていきますね。サービスエリアも今後拡大していくとのことですが、私の住んでいる地域でも利用できるのはいつになるのでしょうか・・・。