XPのサポート、ついに終了。

XP
本日4月9日をもってOSの「windows XP」のサポートが終了しました。
これにより、「7」や「8」その他OSに乗り換えていないPCを、オンラインに繋ぐ事は非常に危険な状態となりました。

なぜ危険なのかは殆どの人が知っていると思いますが、「セキュリティーホール」という「ウィルスが入ってくる穴」を修復してくれない状態となるからです。常にその危険性が付きまといます。

「XPをサポート終了後も使い続ける方法」の本が売れ筋ですが、非常に賛否両論です。自身、ITに関しては素人同然ですが、XPでオンライン作業をするのは怖いです。訳あってこのPCのOSもXPであり、この先何が起こるか分かりません。

サポートがあり、ウィルス対策ソフトを導入しているPCでも、ウィルスに感染する可能性はあります。そう考えると現在の状態が如何に脆弱であるかが分かります。

普通に使用していても、一年経たずに2台のPCが壊れました。無論、怪しいサイトにアクセスはしていませんし、何かをDLもしていません。ウィルスとは限りませんが。

もし、自宅で何も知らずにこのXPのPCを利用している人は、中古の「7」搭載のPCの購入の検討をお勧めします。オフィス(word,Excel等)を使わないのならば、2万円以下でも購入出来ます。

逆にオフィスを利用して、在宅ワークなどをメインとしている人は、ネットでのやり取りが多いと思いますので、”データ流出””PCクラッシュ””他人に感染”させてしまう前に、買い替えをお勧めします。