Radiko:チューナーがなしでもAM/FMラジオは聴ける、さらにプレミアム会員月額350円で全国区をカバー。

radiko

ラジオを聴くのがスキなリスナーにとって、電波の状態でノイズを拾ったり、聞き取れないこともままあります。

特に電子レンジのノイズは決定的かもしれません。放送にジャーというノイズが乗っかって聴けたものではありません。

ですが、ネットから拾ったRadikoなどの音質は割りとキレイに聞けて電波の放送がネットで代わりになるのは不思議な気持ちにさえなりますね。

2014年の今年4月1日より、RadikoはIPから視聴区域を限定して、ローカル放送の配信を前提としてきました。でずが、月額350円を支払うことで、例えば大阪のリスナーが東京、九州、北海道などのラジオを聴くことができる夢のようなサービスが広がりつつあるようです。

Radiko配信中の68局の中で60局をカバーしています。

(よく見ると、NHKのラジオには対応していません。視聴料の二重取りのなってしまうこともあってか外したものと思われます。少し残念といえば少し残念ですね。NHKは独自に別サイトらじるらじるを用意されています。

プレミアム会員になるにはWebサイトから、クレジットカードや、スマートフォンのキャリアからの登録で課金の手続きをする必要があります。

特別なアプリなしでパソコンから直接聴けるのも楽で助かります。

http://radiko.jp/

参考)

■他の候補として、「どこでもFM」というサービスがあります。カバーするチャンネルを確かめてどちらか選ぶのもまたいいかもしれません。有料ソフトです。価格がAndroidで315円、なぜかiPhoneでは月額300円で聴くことができます。

スタートがJFN加盟38局中心からですので、例えば関東エリアでいうJ-WAVENACK5Inter FMなどのサイトを聴くことができません。ここが惜しいところです。全国区をカバーしていることはしています。しかし、こぼれたチャンネルが聴けたらという声も多いと聞きます。

どこでもFM

http://www.docodemo.fm/pc/index.html

■radikoアプリ(レビューを見ると不具合が見られるようです。課金で元が取れる環境か今一度確認されることをお勧めします。)

 

radiko symbol

 

Radikoのスマートフォンアプリへのリンクサイト

■App Store

■Google Play