スマートグラス(視覚ウェラブル端末)一般ユースにはGoogle GlassとTelepathy Oneが有力株。すでに工場内で採用することで作業量の低減や確実性・安全性のアップへの貢献が始まる。

Google_Glass

ドラゴンボールのスカウターが本当に?!

来年初頭から今度はヘッドセットではなくスマートグラスをはめたお客さんがご来店という事態になるかもしれません。

2社ばかりでなく多くの企業が新しい製品開発に取り組んでいます。

今年の年末から初頭にかけてGoogle社が出す製品と日本の井口尊仁(頓智ドット創業者で、あの「セカイカメラ」を世に出した有名人)の産み出すTelepathy One両者しのぎを削って今年の年末に発売を目論んでいます。(すでにGoogle Glassにおいてはテストユーザーへ配っています。)

どちらの製品にも共通しているのが、スマートフォンの視覚面における拡張です。
Bluetoothを採用してスマートフォンと連携をしながらコミュニケーションの新しい形を提案します。
Google Glassが音声による操作が可能だという点。Telepathy Oneにおいてはジェスチャーでの操作が可能らしいです。

Google Glassの開発の動画

Telepathy Oneのプロモーション動画

いわば究極のハンズフリーデバイスということになります。ワイヤレスで音楽を聞いていた時代からワイヤレスで視覚情報を操るガジェット。発売価格がまずうん万円であることは確かですが、来年の自分へのお年玉として買ってしまう人がいそうです。

すでにスマートグラスは日本国内でも採用されており、作業がしやすくなった、無駄な手順が省けるようになったという様子がテレビで報じられています。
動画は物流作業でのピッキングにおけるスマートグラスの活用事例です。