3Dプリンターの理想と現実(続編2)サポートの使用でS字フック遂に完成

サポートをきれいに剥がし、小一時間かけて仕上げた様子

サポートを付けた上で、きれいに剥がすことで、美しく仕上がります。

小一時間は時間を仕上げにかけた成果です。

3Dプリンターでサポートなしで丸みのついた造形物に挑み失敗した作品たちの画像

S字フックを試作したところ、反れてしまう。
どんなにStickのりを工夫しても一向にらちがあかない。

サポートなしで、4回も失敗しています。ラフトやサポートなしなら確かにはがさなくても良いのでしょうが、宙を浮くようなデータを造形しようともがくにも疲れてしまったほどです。

ラフトやサポートはやはり3Dプリンティングには避けて通れないようです。

完成写真。ダヴィンチ2.0A Duoならサポートの部分だけ赤で剥がすときに分かりやすくなります。

待望のS字フックの完成です。こういう時にダヴィンチ2.0A Duoならサポートの部分だけ赤で剥がすときに分かりやすくなります。

ラフトやサポートが上手に剥がせないのなら、いっそのこと利用しないで造形してしまえという短気は実に浅はかでした。

あれほどサポートに頼らない覚悟で3Dプリンティングに挑戦していたのを諦めてサポートの機能をオンにすると上のようにS字フックの造形が始まりました。

 

S字フックが完成しています。ふっくらとしたドーナツのような曲線で立体出力できた様子

S字フックが完成しています。ふっくらとしたドーナツのような曲線が感じらます。

何か七五三でもらえる金太郎飴を思い出すこのフォルムです。フィラメントが白色なので余計に美味しそうです。

XYZプリンティングの中のギャラリーをダウンロードして3Dプリンティングが終わったら、イメージ画像どおりだとはいかない理想と現実

少し大きなS字フックが完成した様子

少し大きなS字フックが完成しました。

サポートの設定のお陰でS字フックが無事完成しました。赤く見えるのがサポートです。これをきれいに除去さえできれば、すぐに実用品ととして利用することも夢ではありません。

 

スクレイパーと呼ばれるコテでバリバリっと造形したモノをこそげ取っている様子

サポートの部分は密度を低くしたためにスクレイパーと呼ばれるコテでバリバリっと造形したモノをこそげ取ることができました。

サポートの部分の密度を低い20%程度ぐらいにしておくと、プラットフォームと造形したモノとの間にスキマができて、スクレイパーで当てるとメリメリと音を出して3Dプリンティングで作られたものを取り出すのが簡単です。

 

プラットフォームに造形したフィラメントの定着のためにスティック糊を部分的にほぼ残っている様子。

サポート部分はコテを力を入れてこそげ取るとほぼ取れるが残る部分は剥がすのに苦労する。

せっかく楽にプラットフォームから造形したモノが剥がれたとして、残るは3Dプリンティングでできた完成品からは、

今まで3Dプリンティングで活用させてもらったサポートを取り外す必要があります。ここからが勝負です。手を抜くわけには行きません。

88ちゃんねるで用意したのは150番と320番と600番の紙ヤスリでした。真ん中をとり320番の紙ヤスリで男子トイレの手洗い場で、ひたすら赤色のサポートをこそぎ落とすします。洗面台の縁を体の腕の部分を合わせてレールに沿って動かします。

ところが、どんどん赤色をしたサポート部分をこそぎ落とすとS字フックの一番上の球になっている部分の骨組みらしき構造体が見えてきました。早いところが屋台骨ですね。 

きれいに、はがせたら最高のサポート部分

デュアルノズルのためにサポートと本体が違う色なのは得か損か?

これは同じフィラメントのカートリッジを使ったほうが仕上がりはキレイにできる可能性が高いでしょう。

元々セットされたカートリッジが赤色白色ですので、サポートの色は異なるのが初期設定ということになります。

白色と白色とのフィラメントカートリッジの組み合わせ、赤色なら赤色のカートリッジの2つを組み合わせるなどすることで

サポートを剥がす際に見た目がはるかに美しくなりますね。

実際に利用した様子はこちらのようです。100円均一ショップで買うこともできますが…

3D印刷してできたS字フックを実際に利用し、プリンターのマニュアルの紙を数十枚かけた様子

S字フックを実際に利用した様子です。ちなみに初めての3D印刷とはPDFファイルを落として印刷したものです。

やはり自分の手塩をかけて3Dプリンティングし、手間ひまかけた造形品は、たまらなく愛しいものですよ。

筆者は強く思います。

参考リンクなど

3Dプリンターの理想と現実(続編)ラフトやサポートなしで丸く仕上げたい悪あがき 2015-9-10

今回利用したS字フックのSTL形式の素材データ

フリー3DモデルNo.21 S字フック – いそっぷ3DCAD塾 様より

借用させて頂きました。深く御礼申し上げます。