家庭用3Dプリンターのダ・ビンチ2.0Aから小さなパーティション作り♪改良を重ね将来の実用品レベルで量産?


実際に3Dプリンティングされたもの、左から右にかけて3Dプリンティングに改良を重ねました。

実際に3Dプリンティングされたもの、左から右にかけて3Dプリンティングに改良を重ねました。

3Dビルダーで手軽に作れるWindows10の標準アプリが大活躍中

上の画像を見ると、まるで石膏やコンクリートの素材のような雰囲気です。

もちろんこれで鉄筋工事をしたいわけではありません。

XYZプリンティングのダ・ヴィンチ2.0A Duoから3Dプリンター担当が制作したものです。

左側に側面には溝があります。3Dビルダーで十文字状のナルトのように引き伸ばし、プレートとプレートを貼り付けたような様子です。

左側に側面には溝があります。

左側に側面がPOPやメニューなどをはさめるようにスキマを作って溝になっています。

Windows10の標準アプリの3Dビルダーで十文字状のプレートとプレートを貼り付けナルトのように引き伸ばしたような様子です。

十字架のような平面的なデザインをひたすら上に積み重ねることで立体出力として完成させていきます。

オリジナル素材をダウンロードからの印刷からいよいよオリジナル素材を3Dプリンティングへ

家庭用3Dプリンターのダ・ビンチ2.0で実用品を目指しようやく、オリジナル素材が誕生しそうです。

(机と机の間、雑誌と雑誌のスキマに挿して、パーティションを作ろうという作戦です。

臨時の試験会場などでも役に立てるかもしれません。

受験番号などでテーブルとイスの位置を知らせるような使い方を本当は狙っています。)

雑誌のスキマに差し込み、十文字をそのまま横に長く3D印刷する。十文字の上の部分は二重になっていてスキマを作ってあり、メニューなどがさせるようにデザインしたもの。

アイキャッチ画像用

十文字に組み合わされたプレート上部に溝を付けました。

十文字になっているので当然自立できません。

十文字になっているので当然自立できません。

自立はできないけれど

十文字になっているので当然自立できません。逆Tの字になっていれば自立は可能です。

XYZ軸をずらして、溝が上になるように回転させた様子で、空間の上に造形するとサポート素材を付けて立体出力する必要の説明用写真です。

XYZ軸をずらして、溝が上になるように回転させた様子

 

サポートなしでキレイに3Dプリンティングするためにムリに印刷方向を変えてみる理由の説明

サポートなしでキレイに3Dプリンティングするためにムリに印刷方向を変えてみる理由

なぜ逆Tの字にするのが難しいのでしょうか?

3Dプリンターは上から下へ雨を降らせるように200度ほどの高熱で樹脂を垂らしていきます。

上の画像を見ると最初は縦のプレートを造形していき幅の広い樹脂を作ろうにもそのままプラットフォームに垂れることが想像できます。

実際にやってみると3Dプリンターが思いのままに作るための予備設計が後で大きく仕上がりにつながります。

3Dプリンターの理想と現実(続編2)サポートの使用でS字フック遂に完成

 

クルーズ アクリル サインホルダー 両面用 A4横 他、アクリル素材の中に写真やポスターをはさみ、自立する様子

クルーズ アクリル サインホルダー 両面用 A4横 47701の利用例イメージ、Amazonサイトページより

逆T字方向で自立できる市販品のクオリティ

今回、3Dプリンター担当では、写真やメニューなどを立てかけることができるような自立するスタンドを模索したのです。

自立できるようにデザインして素材のデータを作ることはそんなに難しいことではありません。

3Dプリンティングする時に空洞を作るのが非常に制作の邪魔になります。

それは今までの経験で痛いほどわかりました。空洞のあるデータ素材に強い3Dプリンターがあるにはあります。

サポート素材をお湯などで溶かすようにフィラメントを工夫して3Dプリンティングができれば良いだけの話です。

これに予算がかけるほど担当には予算がありません。

145×210mmのコクヨ カード立て 再生PET L型を飲食店のお品書きのスタンドとして利用した様子

コクヨ カード立て 再生PET L型の応用例、Amazonより145×210mmのもの

売れる商品だけあって、クオリティは高いです。

役に立つ便利なスタンド目指して3Dプリンティングし、ヤスリをかけ実用品に近づける試みの最中です。

参考リンクなど

専門のメーカーより実用品は販売されていて、間違いはありません。

Amazonよりクルーズ アクリル サインホルダー 両面用 A4横 47701の利用例の様子、アクリル素材のスタンド内に宣伝写真をはさめるもの。スイーツのメニューが実際に使われる画像

Amazonよりクルーズ アクリル サインホルダー 両面用 A4横 47701の利用例の様子

クルーズ アクリル サインホルダー 両面用 A4横 47701 (Amazonより546円)

Amazonより、コクヨ カード立て 再生PETのイメージ画像透明なアクリル素材で作られたもので、メニューをはさめるようになっている様子

Amazonより、コクヨ カード立て 再生PETのイメージ図

コクヨ カード立て 再生PET メニュー型 カト-30N (Amazonより478円)

 

3DビルダーでSTLデータを作る手順の過去の特集です。

3DBuilderで3Dプリンター用のデータをよりお手軽に♪Windows10の標準アプリによるSTL形式のデータづくりの初歩の初歩を紹介