3Dプリンター

ダヴィンチ2.0A DuO高品質出力の違い!仕上げ後それぞれを比較する(6

ダヴィンチ2.0A DuO高品質出力の違い!仕上げ後それぞれを比較する(6

高品質モードでの3D印刷にようやくこぎつけた!

でもカチンカチンです。台座から剥がせません。

前回の(5の特集でキャリブレーションの苦労もひとまず済んで、上司から言われた赤色のアルファベットAのデザインの落ち度を高品質モード(*1)で印刷をかけるところまで行きました。(高品質モードについての様子は特集末尾の参考画像を参照して下さい。)

糊を多く座台に塗った上完成してから1日放置してしまったためにコテで取ろうにも取れない様子です。

糊を多く座台に塗った上完成してから1日放置してしまったためにコテで取ろうにも取れない様子です。

糊を多く塗りすぎたせいかもしれません。前回は少なく塗りすぎたので今度は多めに塗りました。さらに完成直後に剥がせば良いものを1日放置して剥がそうとしてもコテのようなスクレイパーではびくとも動きません。

バリが予め含まれて3D印刷が完成されている。羽根つき餃子を思わせる。

バリが予め含まれて3D印刷が完成されている。羽根つき餃子を思わせる。

完成後バリがついた状態で仕上がります。羽根つき餃子のようです。

仕方がないので水を含んだ布を周囲に当ててコテで剥がそうとします。羽根つき餃子の羽根ばかり剥がれて3Dプリントした本体がびくとも動きません。

完成品の裏側から見た様子。アルファベットのAの周りにおよそ8mmくらいの羽根が付いている。

完成品の裏側から見た様子。アルファベットのAの周りにおよそ8mmくらいの羽根が付いている。

水を含んだ布で3D印刷された出力品を濡らして行きます。3分以上水で濡らしてスティック糊の成分を水で溶かすのが肝です。

わざとキャリブレーションをかけて台座であるプラットフォームの温度を上げたりし、糊を溶かしてスクレイパーで剥がそうとします。

まるでフライパンに焦げ付いている餃子をフライ返しでなんとか取ろうとする動きに似ています。実は、ダヴィンチ2.0A DuOにつなぎっぱなしのパソコンでしたが、パソコンからプリンターに出力されてビルディングが始まればパソコンはケーブルから抜いても大丈夫だそうです。

フィラメントの色の変更をしています。前回赤色で出力したので、違いがわかるように白色で出力しています。

前回上司から指摘を受けアルファベットの赤色、今回高品質モードで出力した白色のアルファベットのA

前回上司から指摘を受けアルファベットの赤色、今回高品質モードで出力した白色のアルファベットのAを立ててみました。

前回同様きちんとアルファベットのAの形をした作品がそれぞれ縦横にも自立します。

前回の赤色アルファベットのAに比べると、白色の高品質モードでの出力では厚さが均等に出力されているのが分かる。

前回の赤色アルファベットのAに比べると、白色の高品質モードでの出力では厚さが均等に出力されているのが分かる。

比べてみれば赤の前回に比べてアルファベットのAがきちんと厚さやエッジがしっかりしています。

横に立つ白色のフィラメントで高品質モードの3D印刷をかけたもの。

横に立つ白色のフィラメントで高品質モードの3D印刷をかけたもの。

赤色のフィラメントのアンロードと白色のフィラメントのロードをきちんとしておかない悪い見本になってしまうのは筆者には痛い失態でした。アルファベットのAの中央の空間において、うっすらバリの残りとして前回の赤色のフィラメントの色が混ざっているかのようです。

フィラメントの色の交換をするにはエクストルーダーを一度アンロードをかけて赤色のフィラメントの色を抜き、さらにオンロードして白の色に完全に変わるまで手間を惜しまないことが大切なようです。

90から110が適切なレンジであるが、キャリブレーションに成功してはいるものの114という数字は微調整しても悪くはない。

90から110が適切な数値の範囲ではあるが、キャリブレーションに成功してはいるものの114という数字を無理に修正することもない。

キャリブレーションが完成していることは大前提です。

理想の3点の測量点の高さは90-110の数値の範囲内でキャリブレーションが成功することです。

XYZプリンティングがユーザーマニュアルで強調しているように買ったすぐのままでは調節ネジを直接触らずに使えるようにキャリブレーションの設定は終わっています。

座台を調節する場合には、 調節ネジAの高さは1番目の数字、同様に調節ネジBの数字が2番めの数字、Cの調節ネジは3番目の数字の高さを合わせられるわけでは決してありません。

A,B,Cの調節ネジが1,2,3の測量値の調節のために独立して調節できるわけではないことに注意が要ります!

とてもややこしいところです。筆者はなぜ調節ネジがわざとアルファベットのABCであり、1,2,3という数字で表現されていないのか不思議でなりませんでした。調節ネジを何時間もかけてキャリブレーションを成功させるためにようやく謎が溶けたようです。

一番左のネジの高さだけを低くすると連動して3番目の数字も少しずつ上がることに気が付きました。

一番左のネジの高さだけを低くすると連動して3番目の数字も少しずつ上がることに気が付きました。

何度も書いていますが、無理に自ら調節ネジを触る必要はありません。さらに適正値90-110の間を超えたと筆者がムキになり無理にその範囲に座標値を収めようしたのが、前回の反省点でした。

  • 調節ネジA,B,Cは三角関係になっています。3つの測量点が綺麗に揃うように、ABCそれぞれの調節ネジは存在します。
  • 例えば上記の写真で数字3の128の高さを低くしたいならAの調節ネジでもCの調節ネジではなく、Bの調節ネジを単独で少しずつ右に回し、つまり反時計回りに進めると数値は下がるような感覚がしています。
  • さらに調節ネジの1つを変化させると別の数値が連動して反比例するような感覚がありました。

ネジを自分の勘に頼るとドツボにはまりかねません。3つの数字をそれぞれ申告した上で販売店のコールセンターに電話をし、ネジの調節の必要性を確認した方が確実です。時間の節約と品質向上につながります。

筆者はコールセンターと相談の上で1つの調節ネジをわずかに回せば良い物を、つい全部の調節ネジを回しすぎたことで調節ネジ3つを結局全部いじってしまい、キャリブレーションの失敗を何度も繰り返ししたため、時間をドブに捨てているようなものでした。その代わり、マニュアルで書いてあるA,B,Cの数字の時計回り、反時計回りの高さ調整の仕組みが体で覚えられたのは大きな収穫でした。

 

ノズル周りはすぐに汚れるために、印刷後は必ずノズルのクリーニングを行って起きたいもの。

ノズル周りはすぐに汚れるために、印刷後は必ずノズルのクリーニングを行って起きたいもの。

印刷から後日のノズルの様子です。すぐに銅色でピカピカになるまでノズルの詰まりやXYZの軸のセンサーの機能が正常に作動するように銅のブラシでこそげ落としつつメンテナンスしたいですね。3D印刷したらすぐにノズルクリーニング、これは癖にしておくといいでしょう。

オンロードで確認したフィラメントの糸くずはさらにノイズのクリーニングによってきちんとピカピカの状態にまで磨ききれて入れば色の混入やバリもアルファベットのAの中に混ざることなくクリアな白の完成品になったと思います。

3D印刷の出力を受け止める座台を予め水を含んだ布で綺麗にしておき、さらに乾燥した布で拭きとっておきます。その際に軽量ポイントもステンレスの輝きがでるまで拭き取ることがキャリブレーションを早く確実に成功させることにもつながっています。

何はともあれ、上司の赤いアルファベットのAよりも高品質モードでの3D印刷の成功でようやくひとつの節目ができました。

実は、このアルファベットのAのデータは88ちゃんねるの同僚が空いた時間に作って来てくれたものです。

次のシリーズでは、実際にCADのように3D印刷するための素材データを作る特集を予定しています。事前に準備が整っていないとありとあらゆるピンチがやって来ます。それでも完成品を手元に置きながら充実感に浸る筆者の特集が読んでくださる方に3Dプリンターに対する刺激になっていたら望外の喜びです。

 参考

(*1)XYZプリンティングの付属ソフト:XYZWareから印刷の品質オプション設定の比較してみる。

高品質モードは3D密度が10%から30%へアップし、レイヤの高さが0.3から0.2に抑えられる

高品質モードは3D密度が10%から30%へアップし、レイヤの高さが0.3から0.2に抑えられる

コテで完成品をこそげ落とすことで外れたもの。

コテで完成品をこそげ落とすことで外れたもの。

ここから、ニッパーやカッターナイフで余分なバリを落とさないと、完成品にはなりません。

1,2,3の測定ポイントのイラストが横長に見えるので紛らわしく、実際には縦長の座台を表現している。

1,2,3の測定ポイントのイラストが横長に見えるので紛らわしく、実際には縦長の座台を表現している。

測定ポイントの図解においてプラットフォームが横長に広いイラストになっています。ここはきちんと縦長に書いてくれたら、プラットフォームの高さの場所に関わる測定ポイントもう少し早く理解できたように思います。

 

ダヴィンチ2.0A DuOキャリブレーションや台座の糊のメンテナンス法(5

ダヴィンチ2.0A DuOキャリブレーションや台座の糊のメンテナンス法(5

da Vinci 2.0 Duo 重要な注意事項よりフィラメントの糸が絡まるイメージ画像

http://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/da-Vinci-2.0A 内より
da Vinci 2.0 Duo 重要な注意事項 (ダウンロードには登録が必要のようです)

インクジェットプリンターで省きがちな調整不足が3D印刷を狂わせる

デモモードやダウンロードサイトからの3D印刷の成功でいい気分でダヴィンチ2.0A DuOの魅力に夢中になっていた筆者に冷や水を被せられたような悲惨な結果が起きました。一番上の青いフィラメントの写真の様になるなんてキャリブレーションが甘いからなんだよと筆者は天狗でした。とても短い間でしたが。。。

やはり3Dプリンター:ダヴィンチ2.0A DuOの3D印刷の際に、自分も例外に漏れずキャリブレーションが甘かったんです。

上司が印刷面の歪みを指摘したアルファベットのAの3D印刷の様子。左に行けば行くほど凹んでいる。

上司が印刷面の歪みを指摘したアルファベットのAの3D印刷の様子。左に行けば行くほど凹んでいる。

上司に完成品を見せると、これは完成品としてクオリティが低いと指摘を受けました。確かにアルファベットのAの頂点に行けば行くほど尖っており、厚みに均一性が出ていません。

アルファベットのAの側面から撮影。太さが均一でなく頭の方に行けば行くほど細くなっている。

アルファベットのAの側面から撮影。太さが均一でなく頭の方に行けば行くほど細くなっている。

先が尖っている原因を突き止めなさいと上司からお達しが降りました。筆者はキャリブレーションだけはしっかりして台座も綺麗に拭き取ります。(XYZプリンティングでは台座をプラットフォームと呼びます。)

3D印刷する際にはキャリブレーションを必ず成功まで繰り返すことで3D印刷には何の問題もないと思っていたのです。

台座を水を含んだ布で拭き取りをかけてみて、キャリブレーションをかけると以前よりも成功になるまでかかる回数が多く必要になってきました。

デモモードでうまく印刷できて調子に乗ったツケが回ってきた

3D印刷は水平で安定したスポンジケーキにケーキのチョコペンで文字などを描くようなイメージで!

https://twitter.com/george_10g より じょーじさんのカプチーノアート

https://twitter.com/george_10g より じょーじさんのカプチーノアート

えーと、今までの説明で読者の皆さんが難しく考えないように筆者なりに例えてみますね。

表面の揺れているカプチーノのような揺れる泡の上にアートとして文字や絵を描く達人がいらっしゃいます。これは達人だからできることです。

しっかり固定されたスポンジケーキにあたる3Dプリンターの台座部分

つまり、しっかりと底が密着されて、垂直面から見ても凸凹していない台座となっているスポンジケーキの上からチョコペンで描くのと、ふわふわ浮かんでいるカプチーノの上から描くアート作品のような難易度を比較して想像してみてください。

だからキャリブレーションが大切!

台座がいびつな角度だと上からのフィラメントのドリップが正しく3D印刷できないからひも状のぐしゃぐしゃ状態が起こる

上司の指摘したアルファベットのAが左の写真。筆者がやり直して逆にフィラメントが絡んでしまって印刷を止めた右側の写真。

上司の指摘したアルファベットのAが左の写真。筆者がやり直して逆にフィラメントが絡んでしまって印刷を止めた右側の写真。

キャリブレーションは、事前に何度も成功させているので、今度もうまく3D印刷ができますよと高をくくっていた筆者に天罰が下ったようです。キャリブレーションくらいなんて態度がすでに思い上がりもいいところです。

一度3D印刷した後は濡れた布で糊を取ります。そこで台座は上下左右にも揺れてしまい、垂直や水平のバランスも崩れがちです。

その後で、キャリブレーションを何度も何度も繰り返しているのにも関わらず「セイコウ」の表示は出てくれません。そこで、筆者は一度販売店に相談をしてみました。シッパイの表示ばかり続いて困っていますよと。

XYZの軸の値は90から110の間にあるように、ダヴィンチ2.0A DuOのネジを直接回すこともできる、要販売店と相談です。

XYZの軸の値は90から110の間にあるように、ダヴィンチ2.0A DuOのネジを直接回すこともできる、販売店と要相談です。

上の画像の場合は、Xが96、Yが104、Zが128ですので、Z軸のネジを軽く100に近づけるように微調整します。

XYZ軸の3点を計測する部分が汚れやすいようで、キャリブレーション前にきちんとピカピカにしておく。

XYZ軸の3点を計測する部分が汚れやすいようで、キャリブレーション前にきちんとピカピカにしておく。

キャリブレーション成功が出るまで3Dプリンターに任せるのも無難といえば無難ですが。X=Y=Zの数値が理想的なのはここまでの説明でなんとなく伝えられていますでしょうか?

分かりやすく解説されているhttp://www.weekend-makers-lab.com/ :

(ウィークエンドメイカーズは3Dプリンターや3Dモデルのためのコミュニティサイトです。)

 「3Dプリンターのオートキャリブレーションの仕組って?」2014年8月30日投稿者: 氏から以下引用します。

ダヴィンチ3Dプリンタなんかだと調整自体は手動ですが、ノズルと台座の距離を赤外線で計る

のだそうです。手動なのが泣けるんです。筆者は泣いてばかりです。デジタルで数字を入力すればいいとばかり思っていましたが、最後はネジを回すのです。マニュアルなんです。オートキャリブレーションはマニュアルである幅まで適正なところにまで持って行き初めてオートキャリブレーションが効果を出します。

  • 適正値90-110とありますがあくまでも目安であり、購入当初の数値この範囲を超えてもキャリブレーションの成功との表示が出ていれば気にする必要がないそうです。
  • さらに言えば、3D印刷の造形に問題がない場合は、その後から台座を水拭きするなどして糊を落としたり、乾いた布で拭き取ることをした後であってもそのまま3D印刷を開始してもよいとの情報があります。

なぜ糊をプラットホームに塗る必要があるのか?

基準のテスト印刷のフィラメントの線が最初から反っている

基準のテスト印刷のフィラメントの線が最初から反っている

 ただの汚れ防止ではなかった糊の下地

筆者はフィラメントのドリップされた3D印刷でできる層のようなものが台座に貼り付いてしまうのを防ぐために、いわば汚れ防止のための機能と勘違いをしていました。

基準のテスト印刷のフィラメントの線が最初から反っている

最初のアルファベットのAの枠線だけが貼り付いている様子

上記の画像のようにきちんと糊を塗らないと台座にフィラメントが固定されてくれません。

最初の枠のAの輪郭以外は途中で浮き上がり慌てて印刷をキャンセルした様子。

最初の枠のAの輪郭以外は途中で浮き上がり慌てて印刷をキャンセルした様子。

おそらく台座には画用紙くらいから1mmくらいの厚みの糊を盛ってあげることで、きちんとドリップされるフィラメントを固定できるのではないかと思います。2015年7月10日補足情報を参考にしてみてください。

スティック糊を8mmくらい予め出しておき使い切る程に、台座へ薄く広げて印刷に成功したデモモードの写真。

スティック糊を8mmくらい予め出しておき台座へ薄く広げて使い切ることで印刷に成功したらしきデモモードの写真。

このデータはダヴィンチ2.0A DuOのプリンター内部にあるスターキーホルダーというデモデータを3D印刷したものです。

糊を塗るにも技術あり

2015年7月10日補足情報あり!

付属品として付いてくる糊の使用する量をケチって3mm程度しか塗らないと思わぬ悲劇が待っています。最初から8mm前後出しておきプラットフォーム(台座)へ薄く伸ばすくらいでちょうどよいのかもしれません。

今日も筆者は上司の納得の行く3D印刷を目指しましたが、糊をケチケチしていたことを猛烈に反省をしているところです。

記述に上から目線のあるような(気のせいです)本日の特集ですが、現在失敗の連続だらけの後日の(6に続く予定です。

どうぞ、3Dプリンターを使いこなせない無様さにもご期待下さい。取説の注意を言うは易く行うは難しです。あれこれダヴィンチ2.0A DuOをいじってはいるのですが、下準備で完璧な状態で3Dプリントアウトできたのが「3Dプリンターの本体内蔵データのデモモード印刷だけ」というのは実にもどかしく悔しい筆者なのでありました。

参考リンクなど

http://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/da-Vinci-2.0A 内より
da Vinci 2.0 Duo 重要な注意事項 (ダウンロードには登録が必要のよう)

海外でも話題の日本人が作る立体ラテアート! 3Dカプチーノ制作のポイントを教えてもらっちゃったよ♪ 2013年5月24日

 

 

ダヴィンチ2.0A DuOで完成品を出力したら「バリを取る」のが肝心!?(4

ダヴィンチ2.0A DuOで完成品を出力したら「バリを取る」のが肝心!?(4

バリを取って完成品として内部のギアが動くなるようになるまで仕上げる

バリを取って完成品として内部のギアが動くなるようになるまで仕上げる

Geared Heart – Valentine’s Keychainをダヴィンチ2.0A DuOで3D印刷した直後

前回はGeared Heart – Valentine’s Keychainをダヴィンチ2.0A DuOで3D印刷したところまで特集しました。これで

http://www.makershop.co/shop/3d-printed-fashion/item/geared-heart---valentine%27s-keychain%2c-last-minute-gift---single-print-with-moving-partsよりハートの中に3つの歯車が回るキーホルダー画像

http://www.makershop.co/shop/3d-printed-fashion/item/geared-heart—valentine%27s-keychain%2c-last-minute-gift—single-print-with-moving-partsより

上記のようなオシャレなキーホルダーが手に入ると大はしゃぎしていた筆者なのですが、そう甘くはありませんでした。

3D印刷が終わって取り出したもの

3D印刷が終わって取り出したもの

何か心臓のような臓器を思い出させます。Webサイトの写真とは実際にダヴィンチ2.0Aで3D印刷したものと質感が違います?!

3D印刷が終わって取り出したもの(側面)

3D印刷が終わって取り出したもの(側面)

歯車がぴったりとくっついて、これが本当に回るのか筆者は嫌な予感に包まれたのです。

 

3D印刷が終わって取り出したもの(反対面)

3D印刷が終わって取り出したもの(反対面)

何か形が湾曲しています。よく見ると写真では、歯車の容器の写真左側では間違ったフィラメントが造形されているようです。

3D印刷した後は余分なフィラメントの線やバリで一杯

ニッパーやカッターナイフなどで丁寧に理想の造形物に仕上げていく

バリを取って完成品として内部のギアが動くなるようになるまで仕上げる

バリを取って完成品として内部のギアが動くなるようになるまで仕上げる

ニッパーは必需品です。プラモデルが好きな方は必ず持っていると思います。

カッターナイフを使ってギアのバリや不完全な厚みや歪みを調整する

カッターナイフを使ってギアのバリや不完全な厚みや歪みを調整する

カッターナイフはより細かいバリを取るのに都合がよいですが、自分の手を切らないように注意しましょう。

カッターナイフを使ってギアのバリや不完全な厚みや歪みを調整する。今回は歯車が3つとも同時に動くところまで調整

カッターナイフを使ってギアのバリや不完全な厚みや歪みを調整する。今回は歯車が3つとも同時に動くところまで調整

とにかくYoutube動画のように歯車が回るようになるまでが仕上げです。

画面から歯車どうしを引きちぎるかのようなプチっという音が伝わりますでしょうか?

歯車が回るためなら、カッターナイフを多用してフィラメントのカワバリを取り除いていきます。

これでどうだ?と回してみますが、回りません。

やっとスムーズに歯車が回ります。良かったです。作って良かったと思う瞬間です。

欲を言えば、新しいバージョンのGeared Heartにも挑戦したい。2色の完成品や、白色ではなく赤色のフィラメントで印刷をすることができるのか?


2色のダヴィンチ2.0Aを活かしたカラフルなキーホルダーや、大葉の大きさのような迫力のあるキーホルダーもいつか作ってみたいところです。

完成品のフィラメントの濁りが少しあった。これをクリアに3D印刷する方法とは?

フィラメントから流れ出るドリップに濁りがあったようでした。やはり同じ種類のフィラメントカートリッジでも、今一度フィラメントのカートリッジ交換をして再度ロードするなど工夫すべき点が分かりました。

裏面にした3D印刷したもの。完全に反り返っている。

裏面にした3D印刷したもの。完全に反り返っている。

できれば直線上に完成品が仕上がって欲しかったですね。

キーボードに置いてみるとプラットフォームに対してフィラメントが垂直にうまくドリップされていない。歪んだ厚みがある。

キーボードに置いてみるとプラットフォームに対してフィラメントが垂直にうまくドリップされていない。歪んだ厚みがある。

キーホルダーの丸い穴もどこか安くてやや質感の低いプラモデルのクオリティだったのが気になりました。次回はハイクオリティな3D印刷を目指して頑張りながら特集を続けていきます。読者の皆様からの訪問が筆者のエネルギーです。次回は3Dデータを作るソフトBlenderを用いて3D印刷の素材作りをチャレンジして、ダヴィンチ2.0A DuOで3D印刷を試す企画が出ています。

どうぞ次回もまた88ちゃんねるでお会いしましょう。

参考

ダヴィンチ2.0A DuOでネット上のデータを簡単に3D印刷できる?まで(3

XYZWareは必須!ダヴィンチ2.0A DuOでネット上のデータを簡単に3D印刷できる?まで(3

XYZWareは必須!ダヴィンチ2.0A DuOでネット上のデータを簡単に3D印刷できる?まで(3

3D印刷にはXYZWareを利用します!

3D印刷にはXYZWareを利用します!

2016-3-26追加あり!最新のXYZWareはOSが64ビットで4GB以上のメモリが必要!

この新しい2.1.8.2のXYZWareは、かなりマシンパワーを消費します。

メモリが4GBを満たさずにマシンの構成内容を後から動きませんとアナウンスされる様子

マシンの構成内容を後から動きませんとアナウンスされる様子

RAMは4GB以上ということですので、64ビット版WindowsOSでないと更新の案内は無視したほうが無難そうです。

2.1.8.2の最新ソフトはRAMが4GB以上で動作する注意喚起情報

http://support.xyzprinting.com/jp_ja/Help/download/f20a?productName=da%20Vinci%202.0A%20Duoより

 新XYZWareの更新は無視した場合がよいことも

パソコン側の動作環境にかかわりなく更新がありますという案内からダウンロードしてインストールする際にドツボにはまる場合があります。

インストールしようとダウンロードが始まってCPU100%消費なんていう兆候から嫌な予感はしていました。

ファイルを直接落としてインストール後に警告するくらいならば、Webのダウンロードサイトに64bit Onlyくらい書いても良さそうなのですが…。

ハート枠の中にある3つのネジが連動するハートギアに挑戦してみた

プリンター内部のサンプルデータの3D印刷は、なんとか大丈夫そうです。筆者は次のステップに進もうとします。まずは、

ぞくぞく登場!3Dプリンター用データ共有サイトがアツいというNaverまとめから3D印刷のための素材選びからです。

http://www.makershop.co/というサイトのウリが、

サービスの登録をしなくても、いきなりデータがダウンロードできる!
ささっとテスト出力用のデータ等が欲しい人には便利なサービス。

とあります。筆者は喜んでここへ飛びきます。とにかく今ダヴィンチ2.0A DuOで3Dデータの素材の3D印刷をしてみたくて仕方がないんです。

More →

3Dプリンターのノズルをクリーニングしたら?ダヴィンチ 2.0A DuO編(2

3Dプリンターのノズルをクリーニングしたら?ダヴィンチ 2.0A DuO編(2

da Vinci 2.0 Duo ユーザーガイド P21 よりノズルをクリーニングする

da Vinci 2.0 Duo
ユーザーガイド P21
http://support.xyzprinting.com/jp_ja/Support/document より

一度の3Dプリントですぐ汚れる印刷ノズルをクリーニングする

前回デモモードから設置して2つの作品を製作してみました。インクジェットプリンターならばノズルがインクづまりをしないように予めインクインクを吹き飛ばしつつ固まらないように定期的なクリーニングを行います。(もちろん、その分だけインクは減ってしまい替えインクのコストの大きさについて嘆く声も大きいわけです。)

フィラメントの出口のきれいな銅の表面には何か焦げ目のような跡がみえる

(写真A)フィラメントの出口のきれいな銅の表面には何か焦げ目のような跡がみえる

ダヴィンチ2.0A DuOについては、印刷ノズルに当たる部分が汚れたら銅の金属ブラシでこすってあげないと目詰りの元になります。望み通りの3Dプリントをしたければ印刷ノイズのクリーニングが大切です。

写真Aの右側のヘッドにはニョロリとフィラメントが抽出されて出かかったような白い細い線を見ることができます。黄金色のプリンターのヘッドには焦げ付いた汚れが見えます。この詰まりをこそぎ落とすために銅の金属ブラシが予め付属品として用意されているのです。 More →

ダヴィンチ2.0 A Duoをレビュー!3Dプリンター初心者でも簡単に設置(1

ダヴィンチ2.0 A Duoをレビュー!3Dプリンター初心者でも簡単に設置(1

88ちゃんねる内にダヴィンチ2.0A Duo届く♪

OAチェアの梱包を思わせる箱の大きさ

3Dプリンターダヴィンチ2.0A Duoの外箱。届くまでは電子レンジのサイズかと思いきやOAチェアの梱包箱サイズとは…

過去に88ちゃんねるのカテゴリーを設け3Dプリンターの特集をいくつか特集を重ねてきました。実際の3Dプリンターを触りながら、より詳しく踏み込んだ特集を始めます。今回はその記念すべき初のレビューです。

まずは、今回88ちゃんねるがレビューした機種です。XYZプリンティングジャパンから発売されている「ダヴィンチ2.0 A Duo」というモデルです。初回に当たる今回は、3Dプリンターのスペック比較を一旦棚上げしてお、「そもそも3Dプリンターの設置の方法はどんなものなのか」88ちゃんねるを通して体験して頂けるように工夫してみました。

3Dプリンターも、個人で買うよりもデータを3Dプリンター製作代行サイトへ送信して完成品の到着を待つ方が安いような時代から変化しつつあるようです。

もはや個人用3Dプリンターの価格がとうとう10万円台を切ってしったくらいです。なんと5万を切った3Dプリンターさえも続々登場しています。今最も勢いのあるガジェットの1つですね。

上の写真のようにA4サイズの紙と重ねるとその大きさや迫力からダヴィンチ2.0A Duoへの期待が大きく膨らみます。フィラメントといわれる3Dプリント用の材料の入ったカートリッジを抜いて重さが約23kgもあります!

筆者の3Dに対する理解のレベルといえば「任天堂3DSやアバターが3Dで見える、ポリゴンで動くバーチャァイター」程度です。そんな筆者がダヴィンチ2.0A Duoを使いこなせるようになるまで(社命が出ました!)特集は続きます。乞うご期待です! More →

全55号!自作キット付雑誌の定期購読で完成するマイ3Dプリンター創刊

全55号!自作キット付雑誌の定期購読で完成するマイ3Dプリンター創刊

デアゴスティーニの分冊百科で3Dプリンターを55号で組み上げるイメージ図 http://deagostini.jp/mtp/ より 特殊な工具なしというのが嬉しいですね。

88さんが3Dプリンターのカタログを見て「オリジナルのフィギュア」で食玩のオマケみたいなモノに挑戦したいようです。でも3Dプリンターはとても難しいようで、眉間にシワを寄せています。

性能*の意味がほとんど頭に訴えて来ないようです。 More →

3Dプリンター代行(4)3大要素の素材、サイズ(=容積)とカラー選び

3Dプリンター代行(4)3大要素の素材、サイズ(=容積)とカラー選び

2014095 iPhone cases by Fraemes20140905

イメージ引用先:https://www.kickstarter.com/projects/748480163/fraemes-personalizable-swappable-3d-printed-iphone

 

すぐれたデザインが2次元から3次元にまで拡がることで

クリエイター集団とそれを注文支持する購買層が新たに日々形成されていきます。

写真はiPhoneのケースに絞り込んで作られたデザイン造形品たちです。それぞれの個性が現れていますね。

今までのところ自分が使う側に立つように、なるべくシンプルな3Dプリンターの出力代行サービスに絞ってきました。

 

今回は今までの紹介記事とは少し違った角度での情報をご紹介したいと思います。

More →

3Dプリンター代行(3)3Dプリンター代行(3)980円から世界に1つだけのスマホケース作り

3Dプリンター代行(3)3Dプリンター代行(3)980円から世界に1つだけのスマホケース作り

 

イメージ引用先:http://make.dmm.com/easy/smartphonecase/edit/

イメージ引用先:http://make.dmm.com/easy/smartphonecase/edit/まるで年賀状の簡易作成ソフトライクに遊びの感覚でトライしてみたところ

980円から3DプリンターでオリジナルのiPhoneなどのスマートフォンケースが作成できるDMM.makeの「誰でも簡単」を始め、家電量販店や携帯電話ショップの決まったバリエーション以外の様々なスマートフォンケースが作れるほどに日々進化しているのです。 More →

3Dプリンター代行(2)3Dデータを写真から起こして入稿シンプル簡単

3Dプリンター代行(2)3Dデータを写真から起こして入稿シンプル簡単

代行業者への入稿までにかかるプロセスとは?

3Dプリンターを初めて利用する際に4方向4枚組のデジカメ写真を用意するだけで3Dの立体モデルを作成してくれるサービスは、DMM.makeから紹介*1しましたね。デジカメ映像をアップロードするだけで1万を切る価格。(高いのか安いのか分からないような値ごろ感です。)

立体モデルをいきなり扱うのも割りと戸惑います。慣れと経験が必要です。まずは以下の動画を御覧ください。

More →