20秒でピザの注文ができるというGoogle社初の時計型ウェアラブル端末3種登場、1日1回の充電仕様。(毎日充電が必要?)

Google I O 20140627
いよいよ最大手のGoogleがウェアラブル端末を投入します。日本でもGoogle Playから端末の購入ができるようになっています。今回発表した3種類のうち2種類はのスペックが公開されました。お値段が2万2千円台と割と手頃な価格となっています。

そして、今回は2014年6月27日の時点では日本では購入できないモトローラ社製のウェアラブルウォッチも軽くご紹介したいと思います。(NHKの26日夜7時のニュースで取り挙げられていたピザの注文のできるという円形型ディスプレイ搭載機種のことです。)

Moto 360 by Motorola20140627

NHKの6/26日7時のニュースではピザの出前ができると紹介されたモトローラ社のMoto360

既に発売が決まっている2機種は防水防塵を謳っています。音声で指示ができるところはまさにウェアラブルです。天気やツイッターなどすぐに呼び出せるわけです。A社の株を買え、売れなどとスマートウォッチに話しかける人も近い将来いるかもしれません。もっともAndroid端末からネットに接続されていることが大前提のはず。

LG G Watch 22,000円 近日発売予定

LG G Watch 22,900円
近日発売予定海外では予約開始229$で。

Samsung Gear 2 20140627

Samsung Gear Live22,000円
海外でブラックだけでなく199$で
ワインレッド色が売られているようです。

 

 

 

 

 

 

 

どちらもAndroid4.3以降に対応するとしています。
互換性の確認先のリンクはg.co/WearCheck
のURLを踏んで、お持ちのAndroid端末からアクセスすると分かるようです。

1つだけ気になることがあります。電池が1日1回の充電で1日使用して大丈夫という触れ込みです。スマートフォンと同時に充電することになるような生活になりそうですが煩雑すぎないでしょうか?

機種名 LG G Watch Moto360
OS
Android Wear Android Wear Android Wear
画面 1.65 インチ 280 x 280 IPS LCD 1.63 インチ 320 x 320 SuperAMOLED(278 ppi)
サイズ 37.9 x 46.5 x 9.95 mm 37.9 x 56.4 x 8.9 mm
重量 63 g 59 g
電池 400 mAh 300 mAh(1 日使用)
プロセッサ CPU 1.2 GHz 1.2 GHz
無線
Bluetooth 4.0(Low Energy) Bluetooth 4.0(Low Energy)
メモリ 4 GB の内部ストレージ(512 MB RAM) 4 GB の内部ストレージ(512 MB RAM)
ポートとコネクタ G Watch: USB(pogo ピン)、充電クレードル: マイクロ USB USB(pogo ピン)
センサー 9 軸(加速度計/コンパス/ジャイロスコープ) 加速度計デジタル コンパス心拍数モニター
カラーバリエーション ブラック チタン/ホワイト ゴールド ブラック
価格 22,900円 22,000円
リリース 最短で7月4日出荷予定 近日発売 2014年夏予定

できれば充電の手間を省きたくなると予想され非接点充電設計がされて欲しいですね。もしも充電台に置きっぱなしで使いたい時すぐに腕にはめられる仕様になっていたとしたら、それはそれですごいガジェットになっているとおもいます。(初物好きはそんなことは気にならないかもしれません。)

Moto360については今年の夏発売というところで具体的な仕様は今のところ謎に包まれています。

Moto 360 2 by Motorola20140627

参考サイト)
GooglePlay ウェアラブル端末紹介ページ

・2014 Google I/O イベントの様子の動画

(1時間42秒のあたりから簡単に食事が注文できるという例として20秒でピザを注文することができるとプレゼンテーションされています。)