ストア・ストア:ネット通販型店舗用品販売サイト。POSレジアプリとセットで必要。スターターキットが税込みで52,920円から。お店を安く始めたい人におすすめ。POSタブレット対応シリーズ(後編)

スタートキット 01 スマレジ コイニー エアレジ  20140725

スマレジ2:株式会社プラグラムがスタイリッシュにiPadをPOSレジにする。導入がなんと初期費用・月額費用無料で年内に目標の10,000アカウント超え?(前編)にてタブレットPOSレジの一例としてスマレジ2をご紹介しました。廉価版で対応できるソフトがいくらあってもやはりハードは必要になってきます。そこで、低コストで外見も映える「レジ・スタートキット」として5万2,920円で店舗用品販売「ストア・ストア」で用意することができます。

スマレジ/コイニー/エアレジ対応で、

となっております。

レシートプリンター TM-T20II(Bluetooth)

レシートプリンター TM T20II  20140725販売価格(税込):¥ 42,120

レシートプリンターは1年保証付。

これにロール紙とキャッシュドロアがついてきます。DKD(Drawer Kick Driver)対応です。キャッシュドロアは普通閉じておいて置きレシート発行の際に開くものです。連動するためには、この「DKD」規格に対応したものを選ぶ必要があります。

キャッシュドロワ(小) E-350

キャッシュドロワ 小  E 350 20140725販売価格(税込):¥ 10,260

株式会社エフケイシステム3札5硬貨 350(W)×350(D)×80(H)mm 約4.6kg

さぁ揃いましたね。これに、さらにコインカウンターも必要になってくるでしょう。サイト内で1,620税込みで取り寄せることができます。

あなたならどのタブレットPOSサービスで商売を始めますか?例えば、「スマレジ2」のベーシックプランなら初期費用、月額費用ナシで始められます。まるでウイルス対策ソフトのフリー版を使っているかのような不思議な低コスト感を感じますね。
レシートプリンター自分で選ぼうと思うとタブレットPOSのサービスにはいろいろなものがありますから、選んだサービスの種類への対応を事前に確認しておきましょう。例えば選ぼうとするサービスがいずれかに当てはまるのか、どれを選ぶか慎重に見極てた上でハード面を決めたいものです。

  • 楽天スマートペイ
  • Coiney(コイニー)
  • Square
  • スマレジ
  • Airレジ(エアレジ)

上記のように今のところは5つと言えます。クレジットカードだけの対応端末もありますし、現金とクレジットカード合わせて利用できる形態があるので、自分に合った組み合わせを選びたいですね。
ストア・ストアのレジ周りやお店づくりに参考になるサイト「BUYER SELECTION」が同Webページ内に用意されています。

月に3回も特集が組まれるというので、いろいろと参考になります。あ、これは沢山のタブレットやスマートフォンを扱う際に役に立つ製品だと、よく見つけたと思うものをご紹介しましょう。

一度にたくさん充電ACアダプタ20140725

PLANEX製USB 5ポートタップは税込み3,707円で入手が可能です。

例えば、アパレルや飲食店でそれぞれの店員さんが各自でスマートフォンなどを持って接客する際には必須の商品です。バッテリーが切れて仕事になりません、では通じませんよね。

ぜひ、お店づくりの参考になればと思います。

参考)店舗用品販売 ストア・ストアhttp://store-store.jp