iWorksが無料!iPhone5s,5cで入手しよう♪Pages(文書作成)Numbers(表計算) Keynote(プレゼンテーション)Apple社の事務処理ソフトが無料ダウンロード!Microsoft社のOfficeのライバルになるか?

overview_hero_iwork

numbers_hero

Apple社純正表計算アプリNumbers

Excel・Word・PowerPointこの三拍子はもはや会社で使えて当たり前の時代に入っていいます。これはMicrosoft社の主力商品ですね。一方ライバル社といっていいApple社がそれを見過ごすはずがありません。MacやiPhoneやiPadで相互利用できる事務処理ソフトがApple社から発売されているのをあなたは知っていましたか?その名はiWorks。

overview_buckets_keynote_iconoverview_buckets_numbers_iconoverview_buckets_pages_icon

http://www.apple.com/jp/apps/iwork/
表計算(Numbers)、文書作成(Pages)、プレゼンテーション(Keynote)と揃っています。

ios7_iwork_free_1

既存のユーザーはApp Storeでそれぞれが850円で手に入ります。iPhoneでiOS7の積んであるデバイスの新規購入者(アクティベーションが行われた機種に限り)にはそれらが無料になるとのことです。
参考URL)
http://touchlab.jp/2013/09/ios7_iwork_free/

これらは少数派のApple社支持層を広げる起爆剤となるのでしょうか。

※注意したいのがiOS7にアップデートした場合でもiWorksが無料になると勘違いしやすいところです。その場合はストアから購入します。

hero

Apple社純正プレゼンテーションアプリKeynote

ただし、iPhoneで買ったユーザーは所有しているiPadにならAppleIDで、無料でインストールできそうです。

これは何を意味しているのでしょう?Mac(PC)版でDVD版で5800円で実に安いですし、できた内容はMicrosoft互換(純粋互換と言い切れるレベルにはまだ及ばない声もありますが、)で保存できます。

Apple社の製品だけあって、手元のiPhoneやiPadで忠実に再現できるところが最大の強みでしょう。日本でのタブレットやスマートフォンではApple社は有利ですし。

pages_hero

Apple社純正文書作成アプリPages

しかし、例えばPages(ワープロソフト)では、欧文の横書き中心で縦組みやルビなど和文の文書作成には不満がある一方、理系の数式を文書化するのに重宝するという声があります。Microsoft互換の甘さ故Officeアプリで開くとデザインが崩れてしまう弱点があるのも事実。まだまだ改良の余地がありそうです。

それでも感覚的な操作でパソコンにあまり詳しくないユーザーでも短時間で目的に達するとの声も聞きます。そのシンプルなデザインこそがApple社の強みなのかもしれません