ネットで使えそうなカードレスVISAデビット。この即時決済取引はクレジットカードの翌月請求からの悪夢から解放されるでは終わらない。

onetimevisa Vプリカ

Amazonやヤフーオークションなど、ネットショッピングは実に便利なものですね。決済がクレジットカードだと、つい予算オーバーになってしまう人多くありませんか?それも、今は「残高はそのまま」ですから、使った感覚があまりしないのではないかと思います。ですが、翌月の請求でしっかり口座から落とされるわけですね。(後になって泣いている人も多いかも?)

ネットでのクレジットカード利用に信頼がおけない人は確かにいます

すでに利用している人も多いかもしれませんが、今回紹介

  • A. ジャパンネット銀行の「カードレスVISAデビット」と
  • B. 「Vプリカ」の2つのカードサービス

についてを紹介してみたいと思います。デビットカードだけに買い物をしたら即時決済です。購入契約が成立した段階で残高は引き落とされるので、お金を使って利用したという実感は大きく、クレジットカードと使って買い物をし過ぎたという失敗を防止する便利なサービスだと言えるでしょう。

A.B.どちらも年会費がかからないのも嬉しいところです。

しかも、ジャパンネット銀行の場合、クレジットカード番号がネットで流出される心配に対してのフォローとして、番号を変えることも4回までなら可能です。Vプリカは残高を合算できるので新しいVプリカに移し替えをすれば、つぎつぎに乗り継ぎすることも可能になります。

どんなサービスでの弱点があります。

完璧で便利なモノはありません。必ず残念!なところもあるようです。カードレスVISAデイビットは発行元の口座に入金する必要があります。下手をすると手数料がかかります。少し面倒な感じがします。正式なクレジットカードではないのですから、引き落とし先を自分の今持っている口座を指定することはできないのです。ジャパンネット銀行が発行管理している以上仕方がないとも言えます。

クレジットカードのように見えるだけで実質クレジットカードではないのですから、取引のできない店舗があるので注意しましょう。

B.のVプリカの場合、カードを作る際に審査がありませんし、小中高校生大学生でも、クレジットカードでしか利用できないネットショッピングに一定の利便性を与えてくれます。ですが、電話料金や毎月の支払いやコンサートチケットを予約することができないとの注意書きがあります。コンビニで買えますが、プラスチック製カードそのものはありませんし、パソコンの画面で残高や取引情報等を確認できるのみです。有効期限にも注意がいります。また、予め利用先の対応を理解しておきましょう。

※商品の欠品や故障品などで返金を求める際こういったカードの口座には即時返金というわけにもいかない様子です。決済がすぐに済むことが逆に取引そのものをキャンセルさせることが難しい理由だとか。

ネットショッピングのご利用は計画的に!!