光回線契約を申込みするなら特典付きを狙うべし。料金は通常月に約5,000円~

引用先イメージ:https://flets.com/

引用先イメージ:https://flets.com/

そろそろウチもインターネットを光にしたいなぁ。そんな際どうしますか?NTTならば

116番に電話してとか、オーソドックスにNTT等の公式ホームページから申し込みするのなら誰でも考えられます。

ですが、例えば関東地区の「TEPCOひかり」や、KDDI系列の「auひかり」など光ファイバー提供事業者どうしで熾烈な顧客の獲得競争が繰り広げられています。

いわば、スマートフォンを直販でメーカーサイトから買う場合に比べると、携帯電話ショップや近くの量販店から買えばいろいろ選べますし、キャッシュバックだって期待できるのです。それと同じことです。

割引サービスが多いと一体原価というべき基本料金が分かりにくいですね、そこで以下の様な図表を設けてみました。代表的な例として、

NTT東日本公式ページより引用

NTT東日本公式ページより引用

フレッツ 光ネクストの料金プラン

NTT西日本の料金表を元にしたものです。

フレッツ光 2type

https://flets.com/next/ を元に特典抜きの通常料金の図表を作成、一戸建てでは5,000円オーバーになる。

これらの費用はあくまで回線の費用になります。さらにこの料金は2年の契約期間で縛られていません。年単位の契約をすれば割引がつくのに不思議はありませんね。

インターネットに接続するにはプロバイダへの申し込みが別途必要になります。

さて、これが代理店を通すとどういうことになるのでしょう。

回線+プロバイダの組み合わせとして多くの代理店は大幅な割引サービスを行っています。申し込みにあたっては「キャッシュバックキャンペーン等」があるのは、容易に予想がつきますね。

今後のプロバイダや光インターネットの組み合わせをどのサイトから申し込みをするとお得か何社か検討してみたいと思います。

参考)

auひかりの場合も5,000円~と固定されているかのような料金相場です。

イメージ引用:http://www.au.kddi.com/internet/charge/

イメージ引用:http://www.au.kddi.com/internet/charge/

  • 転居によるNTTフレッツのx年縛りの契約期間をまたがないうちに、違約金を払うような事態がくる場合があります。そんな時には、免除になる条件をなるべく早く116番まで確認してみましょう。もしかしたら…?転居先の利用で契約期間がつながる!?
  • 電力系の場合の違約金は払わざるを得ない場合が多いようです。