5や5sに対応。非接触充電に対応するiPhoneケース充電レシーバーが10/18から発売される。

5s対応ワイヤレス充電レシーバー

充電式の電動ハブラシなどでよく見かけるデザインは、本体と充電器との着脱にコードが関わらず便利ですね。Lightning端子と充電器をコードでつないで充電するのは結構手間がかかります。PCのUSB端子に挿したり充電を家庭用コンセントに挿すためにコードを抜き差ししたり。
追記)Qi規格の充電台(ドック)の記事が追加されました。

以前からスペックコンピュータ(サードパーティ)でiPhone充電ケースレシーバーを発売しています。

商品名が置きらく充電レシーバー for iPhone5s/5価格 2,940円 (税込) 送料別
10月18日発売予定です。
以前にiPhone4や4Sでスペックコンピュータは非接触充電の製品を発売しています。(発売元WebサイトでもうたっているようにApple社の純正品ではないところは念のため確認した上で購入を。)

原理は、Lightning端子がカバーと一体成型されていて、iPhoneのカバーとなり、非接触電力伝送を実現するものです。

ただケースの形状の制約上、パソコンとシンクロするのはWifiでiCloudで転送という点。ケーブルとPCとを直接つないでデータの転送するのは物理的に無理があることは前もって知っておいて損は無いでしょう。

サイレントオンオフのボタンや音量のボリューム、マイク・イヤフォン端子、ホームボタンはケースから独立して操作できるのには操作性に確かな配慮が見られます。

22

メーカー側からユーザーに対して、
・iOS 6.1.4 動作確認済み(将来的にリリースされる、すべてのiOSバージョンへの対応を必ずしも保証するものではありません。)
・「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります」この表示がストレスになるかどうかが分水嶺でしょうか。

これらの保留事項をどう受け止めるか、チャレンジスピリッツが試されます。

発売と同時にiOS7対応しましたとマイナーチェンジする可能性も期待したいところです。お値段も手頃ですし、便利になるならと思わず手がでそうになります。