HWD14から感度アップしたHWD15:NAD11よりバッテリー性能が上で長持ち

Huawei HWD15大きさについて

Huawei社のhttp://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/tech-specs/hwd15-jp.htm#anchorより

WiMAX2+の高速通信110Mbpsの性能を利用したい人にとってHWD15とNAD11のどちらかを選ぶかは迷うところでしょう。今のところWiMAX2+に対応するのはHWD14の旧機種を合わせて3機種になります。

【1】UQWiMAXにおいて2014年10月1日より値下げ!NAD11,HWD15の商品価格800円~

UQWiMAXのWebサイト上では人気はNAD11が第1位です。

2014年7月31日発売したHWD15はトライブリッド対応モバイルルータです。Huawei社の製造したWiMAX2+対応の二代目になります。なんといっても、売りはアンテナサイズが3.5mm大きくなり、より電波感度が改善されたことです。

送受信能力や受信感度ともに改善されています。HWD15ha電波の出力を最大で2倍(絶対利得で+3dB)にまで性能がアップしました。WiMAXハイパワー対応端末ならではです。

【2】高速度を求めるならNAD11がオススメ、カバーエリアならHWD15

Wi-Fi規格は、11acに対応していません。高速通信ではNAD11の方が一枚上手ですね。 HWD15での通信規格は

NAD11 IEEE802.11ac/n/a (5GHz帯)
IEEE802.11n/g/b(2.4GHz帯)
 なのに対して、
HWD15 LAN IEEE802.11b/g/n

のように11acの高速無線接続には対応していない分だけ若干スピードが劣ります。ですが、HWD15はWiMAXとWiMAX2+に加えて4G LTEという広いエリアでの利用が可能です。(オプション料金はかかりますが)

【3】NAD11のスリムさで犠牲になる使用可能時間。多少大きいがHWD15はロングライフ仕様

HWD15は最大11時間使用可能

http://www.uqwimax.jp/lp/wimax2plus_product_3/より スマートフォンへの充電もできる

HWD15は連続待受(ecoモード):

連続通信:最大10時間50分
・WiMAX2+利用時:最大10時間50分
・WiMAX利用時:最大約9時間40分
・LTE利用時:最大約10時間

連続待受(ecoモード):約970時間となっています。

NAD11では、

nad11の利用時間は最大10.5時間

http://www.uqwimax.jp/lp/wimax2plus_product_2/より

・連続通信(静止時):WiMAX 2+利用時約7時間

、WiMAX約10.5時間利用時
・連続待ち受け(静止時):【休止状態】約8.3時間/約5時間(リモート起動:無/有)

3000mAhのバッテリー容量はいざという時にスマートフォンへの給電も可能です。
NECのNAD11(バッテリー容量:2100mAh)に比べてバッテリー容量は大きく、MicroSDカードを入れた利用も可能になっています。

スリムで速いと言われるNAD11に比べてHWD15の魅力をどのようにお感じになったでしょうか?

参考)

NAD11のメーカー(NEC)仕様について:http://www.necat.co.jp/wimax/support/uqc/nad11/spec.html

HWD15のメーカー(Huawei)仕様について:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-broadband/tech-specs/hwd15-jp.htm#anchor

*ホームルーターして利用した場合について、特集10月11日(2014年)HWD15:「ホームルーターに使える!クレードルで速度改善に期待、有線LANにも対応」も合わせてご参照のほどをお願いします。