ローソンとAmazon提携/静岡県発Loppi操作で注文支払い受取りがお店で完結!

11月4日(2014)のニュースリリースによるとローソンは静岡県のローソンおよそ200店舗の情報端末LoppiでAmazonのショッピングが可能になるとの発表がありました。

このインパクトは、Amazonがパソコンや携帯やスマートフォンを持っていなくてもネットの通信料をかけず、より直感的にAmazonを利用することができます。

ローソンの端末からAmazonの商品を注文

http://www.lawson.co.jp/company/news/096807/より一部を抜粋

ちなみにLoppiの歴史は1998年にローソン全店に導入さたもので、IBMが開発担当だそうです。

88さんにLoppiの正式名称はLawson Online Shoppingの略だと知ったかを決めた筆者です。

ただし、Amazonのアカウントを作成する際にどのように紐付けるかはまだ明らかになっていません。Pontaカードと紐付けることで、画面から見た商品群から選択、配送先はローソンで取り寄せが可能になる可能性は高いように思います。決済も注文確定後に代金をローソンへ支払うことで買い物が完結する実に画期的なサービスです。

Loppiの操作方法を付属の電話機からオペレーターが案内するシステムだそうです。
パソコンや携帯などで買い物をしないお客様も、Amazon商品のお取り寄せが手軽に購入できるようになります。

Loppiの前に行列が並ぶ、待ち時間が長い、機会損失というようなことがないとも言い切れません。

筆者や88さんならLoppiを占拠して一人で1時間も商品レビューを読んでそのまま買わずに帰るなんてことはできないよう予め決められたボタン商品から選択の幅を固定している模様です。

また、これが成功すれば、2015年には全国のローソンへ拡大し、もしかすると遠くない将来同じLoppiを採用しているミニストップでも同じことが可能になるかもしれません。

参考)

  • このサービスを通じて販売される商品の販売者は株式会社ローソンHMVエンタテイメント
    という名称になります。CDショップグループとの絡みが伺えますね。
  • ローソンのニュースリリース2014年11月 4日分
  • Amazon商品の店頭受取サービスが進化しています。
    既に全国のローソンで行っているAmazon商品の店頭での受け取り方法を、11月4日(火)よりLoppiを通さず、現在はAmazonからメールで配信されるバーコードを直接ローソンのレジカウンターで提示するだけ。
バーコードによりLoppiを通さずレジでAmazon商品を受け取りが可能に

http://www.lawson.co.jp/service/loppi/receipt.htmlより

受取のプロセスがよりシンプルに。Loppiの前で番号を目を細めつつ打ち込む手間要らずです。