Chromecastレビュー Androidユーザーなら是非とも持っておきたいデバイス

ChromecastはGoogleが販売しているHDMIポートに接続して使うデバイスで、これを使うことで、スマートフォンのアプリで再生している映像等をテレビに大きく映し出すことが可能です。私はある理由がきっかけでこのデバイスを購入することになったので、使ってみた感想を書いてみようかと思います。

購入のきっかけはフリーズ

私は定額制の映像配信サービスである「Hulu」に加入しています。最近まではWii Uで視聴していましたが、Wii UのHuluは時折画面が固まって操作ができなくなる不具合があり、毎回頭を悩ませていました。原因を特定するために本体解像度の変更や、画質の自動選択を無効にするなどしてみましたが、どれも駄目。

そんな中、Huluに対応したChromecastを知り、購入してみることに。Apple TVなどのSTBは1万円を超える中、4200円というリーズナブルな価格も魅力の一つでした。

セットアップおよび操作にはスマートフォン等が必要

安さが魅力のChromecastですが、操作にはスマートフォンやタブレットが必要になります。テレビに接続すると、アプリからセットアップするようにと指示が出るので、指示の通りにセットアップしていきます。Chromecast本体のアップデート等もあるので、気長に待ちましょう。

セットアップが完了すると、「準備が完了しました」と画面からはみ出るほどの大きな文字が表示されるので、後は対応しているアプリからキャストボタンを押すだけです。キャストしていない間はGoogle+に投稿された画像などがランダムで表示されます。

アプリをキャストしてみる

早速「Hulu」をキャストしてみることにしました。接続しているアクセスポイント内にChromecastがあれば右上にキャストボタンが表示されるので、そこからChromecastを選択すればテレビ側に「Hulu」のロゴが表示されます。後は観たい動画を選択すると再生が始まります。

いくつか動画を再生してみましたが、現在のところフリーズはありません。ただ、稀にノイズが入ったりリモコンの操作が効かなかったりといった不具合がありました。

「Youtube」など他のアプリも試してみましたが、快適に視聴することが出来ました。

動画を大画面で視聴したいスマートフォンユーザーにおすすめ

Chromecastはスマートフォンで再生している動画を大画面で視聴出来たらいいと思っているユーザーならぜひともお勧めしたいデバイスです。逆にスマートフォンを持っていない従来の携帯電話のユーザーはもう6000円ほど出してApple TVなどのSTBを購入した方がよいでしょう。

新年最初の買い物でしたが、買って良かったと感じます。