MoffBand/スマートトイがブーム!効果音が演出!親子で遊べるエア遊び

音が鳴るオモチャ、腕の動きに合わせていろんなごっこ遊びが可能に

http://vimeo.com/87380174 より エアギターは少年漫画の風物詩ですが、実際スマホから音が流れたら?

今年の可愛いお子さんのクリスマスシーズンにMoff Bandをプレゼントしてあげるお父さん、お母さんも多いかもしれません。(もちろん親子でペアで用意する!?)

いえ、クリスマスまで待てずにお子さんの誕生日など、理由をつけて実は親の方が遊びたくて仕方がないなんていう家庭も十分に予想されます。ウェアラブル端末というのはなにかこ難しいと思っているものの、実際にこのような「スマートトイ」で遊ぶと様々なエア遊びが可能になります。

子どもがごっこ遊びをするのは見ていて実に微笑ましいものです。デジタルネイティブ世代とは違い、古い世代の幼少期は、ウルトラマンごっこだとか、ガッチャマンごっこだとかその他諸々効果音は自分でしゃべったり、頭の中の想像で補っていたわけです。

また、女の子の魔法使いシリーズや仮面ライダーに始まる変身モノはそのような音の実際に出るオモチャの助けを必要としていました。

効果音の演出でどんな動きも遊びに変身させてくれるMoff Band

ところが、今度のMoff Bandは実際にiOSデバイス(iPhoneやiPad、iPodtouch)などに実際に音を出してもらうことができるのです。

Moffの特徴 BluetoothでバッテリーはCR2032

https://www.kickstarter.com/projects/akinoritakahagi/moff-a-wearable-smart-toy-changes-everything-into より

Bluetoothは4.0対応

3つの加速度センサー

3つのジャイロセンター

ボタン型電池CR2032

電源のオンオフボタンはLED

リストバンドでワンセット。

正義の味方と悪との戦いやら身近なものを使ってなりきり遊びをしようというものです。

実際の音が流れるのですから臨場感が違います。親子でちゃんばらごっこしている場面も出てきますが、刀を動かす動きなら実際の刀でなくてもそんなエアちゃんばらができます。丸めた新聞紙であっても、あるいは鉛筆であろうとなりきるに値するモノであれば形状や大きさを問わないのがMoff Bandの素晴らしいところです。

Moffのコンセプト動画の終盤ではお父さんらしき男性がパターを見事決めてガッツポーズする音が流れていました。(コンセプト動画のために動画の効果音全てがアプリに収録されているとは限りませんが…)

お父さんだってエアゴルフをして遊べるというわけです。

参考)

いくつもの音がプリセットされたアプリがあるわけですが、音の種類が少ないため飽きるのも早いという声が聞かれます。

BluetoothでつなぐためにMoffとの接続が切れたり、動きに今ひとつ反応が悪いという残念な感想がちらほらと聞こえます。

クラウドファウンディングで有名な「キックスターター」で出資を募ったスマートトイ。必要な出資額を得て市販されました。これからも効果音が新たにリリースされると思います。

「へ~んしんツ(変身)」などといつまでも飽きさせないトイであり続けるための工夫の余地がまだまだ多くある発展段階上のトイのようです。

好きな効果音を取り込めるようにし、自らの動きをプリセットだけでなくカスタマイズ性を向上させることによって、おお化けするポテンシャルを持っているはずです。

Amazonではきっちり配送料無料で公式サイトの値段そのままに税込5,616円で販売中です。