ドコモ ソニーモバイル製「Xperia Z1 SO-01F」を本日より発売

xperia_z1

NTTドコモはソニーモバイル製「Xperia Z1」を本日10月24日より発売しました。

「Xperia Z1」は、「Xperia Z」のバージョンアップ版ともいえる機種で、1/2.3型の有効約2070万画素裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」や、ソニーの高性能レンズ群にのみ冠される「Gレンズ」、高性能画像処理エンジン「BIONZ for mobile」を搭載するなど、カメラ機能に注力したスマートフォンです。

5インチフルHD表示対応の「トリルミナスディスプレイ for mobile」には、ソニーのテレビ「BRAVIA」の映像技術やノウハウを盛り込み、幅広い色域での描写が可能です。

OSにはAndroid 4.2を搭載し、プロセッサーはQualcommのSnapdragon 800シリーズ「MSM8974」(2.2GHz/クアッドコア)、内蔵ストレージは32GBで、RAMは2GB搭載しています。

バッテリー容量は3000mAhで、通信は下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのXi(LTE)に対応しています。フルセグに対応したほか、ドコモ版のSO-01Fは「NOTTV」も視聴できます。ただし、視聴の際には付属の外付けアンテナが必要です。このほか、IPX5/IPX8の防水性能・IP5Xの防塵性能を備え、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)や赤外線通信もサポートしています。

私もそろそろ携帯を変えたいと考えているので、この機種に乗り換えたい所です。