SIMロックからSIMフリーへの切り替えが加速、通信速度までも加速する。(格安SIMカードがイオンでも購入可能)

イオンで買えるシムカードは手のひらに乗る

それにしても、スマートフォンになって便利になった見返りに毎月の電話料金が堪えます。
なのでフィーチャーフォン(ガラケー)に戻ったり、スマートフォンの中身の契約者の固有情報が書き込まれているカードを(いわゆるSIMカードですね)、毎月1000円程度の安い料金プランに業者のカードに差し替える人が増えてきました。

どの携帯電話にもSIMカード(Subscriber Identity Module Card)は入っています。もちろんスマートフォンにも入っています。

毎月1,000円ぐらいから2,500円程度の幅で、(当初3Gの低速中心だったサービスの)格安のSIMカードがインターネットを通して申し込みができます。IIJmioという業者のSIMカードならスーパーのイオンでも買えるほど手軽に利用できるようになりました。ビックカメラやヨドバシカメラでも取扱店があります。

サービス利用開始前に事務手数料に3,150円かかるのが典型的です。

毎月千円程度のその代わり安い料金の代わりに速度には期待しない方がいいかもしれません。とは当初見込んでいました。

いえいえ、だんだんと高速化接続できるカードが登場しはじめています。
高速化したとはいえ、アクセスできるデータに量的に制限があるために決められたデータ量を使い果たすと200kbpsぐらいの低速度アクセスで使わなければなりません。

LTE対応で速度にも手応え

NTTドコモのLTE網に対応するサービスが次々と始まっています。エリア内なら、まるで光回線のような高速・低遅延。環境にもよりますが、下り最大100Mbps以上、上り最大40Mbpsぐらい速度が出せるようです。LTEエリア外でも、3G回線の速さが出せます。

※覚悟が要りますが、simロック解除された端末は、「キャリア側」は正常動作を保証しません。
※SIMフリーの新型iPhoneの格安SIMによるLTEへの対応は多くの乗り換え利用者が苦戦中のようです。

通常音声通話にSIMカードが対応しないがSMS対応カードも新登場する

音声通話に対応しないSIMカードの仕様に注意が必要です。

IP電話による例えばSkypeや050+アプリなどで通話することになります。
携帯電話の音質がアプリで補完できると過大な期待は避けたほうががよいでしょう。
SIMカードは大きさの種類がそれぞれの端末によって違います。事前にお持ちの端末がどの大きさのSIMカードか確認が必要です。買う前に確認しておきましょう。

参考サイト)