ブルートゥース片耳ヘッドセットの流行というよりは普及。片耳にクリップをつけている人をよく見かけませんか?そしてひとりごとを言っているように見えませんか?

外出先のイメージ

最近になって駅前や、電車の中、トラックの運転手の方いろいろな方が片耳にクリップを挟んでいる人を見かけませんか?ちょっと怪しい格好のそんな人は物おじしないで普通にコンビニにも耳につけたまま入ってきます。


オフィスでも自宅でも便利

インナー型ヘッドフォンにマイクが付いていたものは以前売られていたのですが、ポイントはブルートゥース”Bluetooth”によってコードレス(ワイヤレス)になっている点が新しいポイントです。ブルートゥースを使ってワイヤレス接続を行う際にはペアリングという操作が必要です。最初は戸惑うかもしれませんが、一度仕組みがわかるとすぐに慣れてその便利さがわかるでしょう。

軍・警察でも採用されるJabraの製品の入門機は2000円ちょっとから購入することができます。
Jabra EASYVOICE A2DP Bluetooth ヘッドセット EASYVOICE
希望小売価格が2980円です。Amzonの評価も星4つです。試しに使ってみる方にオススメです。

jabra裏側

jabraの側面

jabraパッケージ


国産ではLogitec製LBT-MPHS400MBKなんていかがでしょう?価格は2000円から3500円程度といった幅で販売されています。Amazonのレビューはこちらも星4つ付いています。

Logitec製品の外観

ロジテック製品のパッケージ

iPhone5にも対応でBluetooth3.0対応に対応しています。音楽も聴ける超小型ヘッドセット HS400Mシリーズのブラックバージョンです。

海外と国産の2つのメーカーから2つをチョイスしてみました。
くれぐれも運転中の使用には十分な安全配慮をわすれずに。