コスパ抜群のHuawei MediaPad M1 8.0としぶとい人気 Nexus7(2013)との比較レビュー

価格.comの上位2機種のAndroidタブレットの比較イメージ図

2015年8月28日現在において価格.comの上位2機種のAndroidタブレットが花火を散らす?!

SIMフリーの8インチタブレットのHuawei MediaPad M1 8.0と 7インチのNexus7(2013)で迷うあなたへ

ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL)とHuawei Mediapad X1 7.0との比較レビュー

についての特集を数多く訪問頂き誠にありがとうございます。

それにあやかりまして、価格.comでしぶどく不動の1位?!と言われたNexsus7(2013)ASUS製型番Me571-16Gの不敗神話が破られた様子を踏まえつつ、

現在のAndroidタブレットにおいて第1位になっているHuawei社製 MediaPad M1 8.0と比較します。

そこで、あなたにフィットするAndroidタブレット選びの判断材料が提供できることを目標に特集します。

SIMフリーだし、用途は割り切って価格の限界まで自力で引き出す心意気ならHuawei MediaPad M1 8.0で勝負!

フロントスピーカーなら音が楽しくなるタブレットのデザインイメージ

http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/m1-jp.htm より フロントスピーカーなら音が楽しく!

やっぱり迫力のスピーカーはフロントにスピーカーがついている方を選ぶ?

Nexus7は背面にスピーカーがついています。その点、HuaweiのMedia Pad 8.0なら迫力のあるスピーカーに1インチ大きな8インチ第画面です。ここはNexus7と違う大きな特徴になっています。

ファーウェイのタブレットM1 8.0各部の様子

http://consumer.huawei.com/jp/tablets/support/manuals/detail/m1-jp.htm?id=26787#anchor よりファーウェイのタブレットM1 8.0各部の名称

限界点としてのストレージ8GBとRAM1GBのスペック

Huawei MediaPad M1 8.0のストレージはMicroSDカードで32GBまで拡張できます。

  • 仮に最近のWindows8.1タブレットのストレージサイズであれば32GBはぜひほしいところですが、Android OSであればOSそのもののサイズが少なく、軽く動く特徴を活かして8GBストレージでも困らないというユーザー層が当然います。ただ、Androidに不慣れな上にいくつもアプリを入れてしまいがちな初心者には現在となっては酷なスペックかもしれません。

RAMの1GBというのはAndroidスマートフォンで言うと高度なスペックを要求するゲームなどで工夫が必要でしょう。

  • 姑息な対策として考える筆者のやり方といえば、独自に組み込まれたOSのUI設定など削るなどというマニアックな余地が残されているといえば残されているのでしょう。

格安SIMのテザリング利用というのに適したHuaweiの大容量バッテリーのメリット

  • そもそも、購入当初からタブレットではなく長時間運用ができるテザリングルーターとしての運用をみこんだ購入者の声がありました。なかなかスマートですかっこいい利用法だと思います。
  • 好みのSIMカードで、使いたいときに無線LANの母艦として利用するというのは筆者にも盲点でした。

88ちゃんねるにおいて、実はSIMフリーモデルとワイモバイル版との比較表を準備しています。特集してから半年以上経過しています。それだけHuaweiのMediaPad M1 8.0もなかなかのロングセラーで人気が急上昇したのだと言えるのかもしれません。HuaweiのMediaPad M1 8.0について検討したい方にはぜひ参考になれば幸いです。

MediaPad M1 8.0/ワイモバイル版OS4.4にアップデートカーナビ向け?!(2014-12-18の過去の特集)

Wifi環境を前提にして、室内はもちろん外出先ではコンビニやファミレスなど無線LANスポットで楽しむなら、Nexus7(2013)Me571-16Gをオススメ

Google PlayからはNexus7は買えなくなっています。

https://store.google.com/product/nexus_7_16gb_2013?playredirect=true&hl=ja より Google PlayからはNexus7は買えなくなっています。

Nexus7(2013)を選ぶとしたらここに注目!

OSのアップデートに強い!

Android OSは機種依存してアップデートが最新にできる保証が怪しいなか、AndroidOS 5.0(ロリポップ)までアップデートさせるもよし、買ったばかりの4.3のまま使うことも選べます。

画面はフルHDで高精細

1900 x 1200のフルHD IPS液晶パネルは動画や電子書籍リーダーとしても重宝する美しさがあります。

NFC対応、ワイヤレス充電Qi準拠

Bluetoothの応用技術のNFC対応機器ならタッチするだけで面倒な設定が要りません。

置くだけの充電Qi準拠のチャージャーに対応しています。こまめに充電するなら置くだけ充電はAndroidならではの便利さです。

スマートフォンもタブレットもQiに対応させるといちいちケーブルに刺して充電することがかったるくて仕方がないほどに快適になることでしょう。

参考リンクなど

Huawei MediaPad M2 8.0:税込み4万円の価格はiPad miniを射程に入れている

http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpm2l-jp.htm より 税込み4万円の価格はiPad miniを射程に入れているのかもしれません。

Huawei MediaPad M1 8.0(リンクはクイックスタートマニュアルへ飛びます)に後継機の新製品Huawei MediaPad M2 8.0も登場します。

(発売日が2015年 8月上旬とありますが、Huaweiによる楽天市場内のオンライストア V-モール上には発売確定日の情報が見つかりません。)

M2 8.0はiPad Mini3の強烈なライバルとして期待できるクオリティに仕上がっていますとのレビューが早くも浮上しています。

今後の特集予定です。

グーグルの純正タブレットNexus7(2013)がベストセラー1位を占める様子

2015-8-26 13:34の時点では、やはりグーグルの純正タブレットNexus7(2013)がベストセラー1位を占めている。

Nexus7(2013)Me571-16Gの高値が崩れる日はいつ?

販売当初アンドロイドOS4.3で販売したNexus7(2013)も、バリバリOS5.0で動く古参のタブレットの真価とは?

スマホで電子書籍を見るのに疲れた方へ朗報!

docomoのdマガジンの推奨機種に掲載されていないようなNexus7(2013)で快適に月額利用料金の雑誌サービスが読みやすく!

急に飛び出す気になる商品や気になる新しいビジネス情報。そしてスマホやパソコン、タブレットに3Dプリンターのレビュー特集などなど。

マニアックな情報を狙う88ちゃんねるの特集を今後ともご贔屓にお願いします。