1000円引き下げ!geanee「FXC-5A」またまたイオンの格安スマートフォン登場。今度は3G高速通信対応。なんとAndroid4.4、イオンカードを持っている人だけ、スマートフォンデビューのチャンスに?

イオン月額1980SIMフリー20140701

なんとイオンが税抜き1,980円のスマートフォンを販売。

前回はNexus4というかなり低速度かつ旧機種だったものの通信速度が200kbpsというかなり低速度な仕様だったため実用性に長けているとは少しいいにくい商品でした。

スマートフォンが高くて手を出せないような中高年者に好評?で見事にイオンは8000台を売り切りました。次回のスマートフォンはどう展開するのでしょう?

それを契機に今度は3G高速通信(LTEではない)をおさえた上で販売します。今回のモデルにはCPUはクアッドコアこの1.3GHz(MT6582M )を搭載し、メモリはFLASH ROM : 4GB DDR2 RAM : 512MB

microSDカードスロットがMAX32G対応で用意しています。

OSがAndroid4.4でキットカットですね。お財布ケータイなし、Bluetooth4.0

IEEE802.11b/g/n 準拠、おそらくNFCには対応していないはずです。

あえて高速LTEの速度訴求端末を避けたところがイオンの「商才」といったところでしょうか?

前回売り切れたのを踏まえた上で今度は台数を5万台の販売数を見込みます。

しかも本体だけの販売はしないというスタイルです。このようなSIMと端末のセットには2年縛るような場合があるのが普通ですが、この端末、そのような解約金が発生しないと謳っています。端末代さえ払えばサービスを終了して別のSIMカードを探す人も増えていくのかもしれません。

なお端末をイオンカードの会員に限定した上でさらに手数料無金利というところが低価格を実現する鍵になっています。
イオンカードでの支払い限定商品です。例えばTUTAYAのWカードなどのクレジットカードでは買えません。
余談になりますが、もしかしたら、これは楽天も楽天カード様会員限定などとして無金利格安スマートフォンの商品開発を練っている最中かもしれませんね。

参考)