AQUOSK SHF32国内初!VoLTEに対応する4GLTEケータイには新料金プラン!

auの4GLTEケータイAQUOSK SHF32イメージ

http://www.sharp.co.jp/products/shf32/index.html より

ガラホという名のAndroid OSの二つ折り携帯がさらに進化

docomoからFOMA回線を利用したAndroidケータイ2機種を発表しました。(3G回線なのでテザリングのメリットは薄いのが惜しまれます。)

対照的にauのガラホは4GLTE回線対応で至ってネットサーフィンなどはスムーズです。そしてAQUOS Kのガラホはその3G回線も併用していたのですが、新機種で2015年7月中旬頃発売予定のSHF32に至っては4GLTEの回線1本で通信します。

遂に国内初のケータイにおいて、初のVoLTE対応の高音質通話を可能とする新しいガラホを世に出すことになりました。その意味においてdocomoよりもauの方がAndroidケータイにおいては先を走っているように映ります。

元祖ガラホSHF31とスペックがほぼ変わらないSHF32

レッド/ホワイト/ブラックの3つの色からアンバー/クリアホワイト/ボルドーと新機種の方が大人に洗練された高級感を抱かせるようなカラーバリエーションを用意しています。

MSM8926/1.2GHz(クアッドコア)のCPUに対してメモリは、ROM/RAMが約8GB/約1GB、バッテリー容量も1,410mAhと変わりません。サイズや軽さもほぼ変わらないようです。

通信規格が4G LTE/3Gからau VoLTE/ 4G LTEで音声通話とデータ通信をまかなうことにより、利用可能時間に変化が生じることになるでしょう。現在の時点で、充電時間、連続通話時間、連続待受時間の発表はありません。

国内初の高音質VoLTE対応のイメージ

http://www.sharp.co.jp/products/shf32/index.html

au VoLTEになり高音質をアピールするも制限が…

音声周波数帯域が拡大し、さらにクリアな音声で通話ができます。 ※au VoLTE対応機種同士(auの4G LTEエリア内)の場合のみ、高音質通話となります。それ以外の場合は、従来の音質相当での通話となります。

日本国内において3G通信は利用できないために4GLTE回線だけで機能するSHF32には何らかの制限が生じている可能性があるでしょう。

ガラケーの使いやすさはそのままに、FOMAのdocomoよりもテザリングでLTEが使えるdocomoのAndroid携帯よりもauのガラホ優勢!

FOMA回線ではYoutubeやIP電話を掛ける際にかなり厳しい速度になります。この点でauはパケットの使用量は当然比例しますが、スムーズにゲーム機やタブレットなどにWi-Fi環境を提供できます。

おサイフケータイや、ワンセグ、赤外線通信にも対応しており、従来のガラケーからの移行もしやすいでしょう。

ただし、前回のガラホの特集でしたようにezwebの利用はできませんし、アプリやデータをそのまま新しくSHF32に移すことはできないのは割り切るべきところなのかもしれません。

GLOBAL PASSPORT対応なので海外での利用が可能です。

 注目の新料金プラン/無料通話プランの復活や話したい放題が減額

音声通話とデータ使用量の定額サービスの新料金プランによりライトユーザーにとっては、選択肢が増えてありがたいところです。

音声通話定額プランが復活したイメージ

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/05/14/besshi1125.html より

スマホの話したい放題は2,700円だったのが2,200円に減額

ガラケー時代のパケット定額を意識した新プラン

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/05/14/besshi1125.html より

auの一般的なスマートフォンの利用料金に比べるとややお得に見えますね。通話のかけ放題の料金が500円下がっています。mineoやUQモバイルと比べたら、まだまだ高いですが。。。

(auのスマートバリューが適用されたらほぼ5,000円~から使えると自社の安さをauの社長も頬を緩ませていたとか。)

無理にスマートフォンのサイトを見ないユーザーや待ち受け中心のユーザーに維持費は抑えられます。(3)の料金プランなら通常のガラケーの利用と違和感を感じさせないですね。

docomoの巻き返しを期待したいですね。今度はXi対応のAndroidケータイを出す日が来るでしょうか?

参考

過去の特集 2015年2月26日のSHF31/AQUOS KはEZwebサイトに非対応!auのPCサイト対応!二つ折り携帯 や、

2015年5月14日のAndroidOSのガラケーdocomoから2機種発売!FOMAの通信速度で実用性は? についても参考になれば幸いです。

ガラホ新旧2機種を比較するとカラーバリエーションとほんのわずかな変更点しかありません。

AQUOS Kの新旧機種の比較SHF32SHF31
カラーアンバー/クリアホワイト/ボルドーレッド/ホワイト/ブラック
サイズ (幅 × 高さ × 厚さ)約51×113×16.9mm【暫定値】約51×113×16.9mm(最厚部 約17.4mm)
重量約128g【暫定値】約128g(電池パック含む)
バッテリー容量1,410mAh1,410mAh
充電時間測定中(共通ACアダプタ05[別売]使用時)約110分(共通ACアダプタ05[別売]使用時)
連続通話時間測定中約620分
連続待受時間測定中約470時間(4G LTE)/約610時間(3G)
au ICカード種類au Nano IC Card 04au Nano IC Card(LTE)
チップセット/CPUMSM8926/1.2GHz(クアッドコア)MSM8926/1.2GHz(クアッドコア)
内蔵(ROM/RAM)約8GB/約1GB約8GB/約1GB
外部microSDHC(最大32GB)microSD/microSDHC(最大32GB)
対応通信規格au VoLTE/ 4G LTE4G LTE/3G
最大通信速度3Gの利用は不可受信150Mbps/送信25Mbps受信150Mbps/送信25Mbps
ディスプレイ約3.4インチ(QHD TFT液晶)約3.4インチ(QHD TFT液晶)
静止画撮影サイズ約1,310万画素 CMOS約1,310万画素 CMOS
静止画最大4,128×3,096ドット最大4,128×3,096ドット
動画最大1,920×1,080ドット最大1,920×1,080ドット
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
Bluetooth®Ver.4.0Ver.4.0
外部デバイス・その他microUSB端子microUSB端子
防水IPX5/IPX7IPX5/IPX7