Andoroid

2万以上か以下かタブレットASUS MeMO Pad ME572CLをNexus7と価格比較

2万以上か以下かタブレットASUS MeMO Pad ME572CLをNexus7と価格比較

ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL) イメージ画像

http://www.asus.com/jp/Tablets/ASUS_MeMO_Pad_7_ME572CL/Features/ より

パソコン買ってスマホも買った次はタブレットに挑戦

タブレットで電子書籍を読みたい。雑誌や動画を大画面で手軽に楽しみたい

docomo、au、SoftBankやMVNOのSIMないしWi-Fi環境前提で電子書籍を読みながらお風呂で半身浴しながらリラックスしたり、ソファやベッドで寝転んでくつろぐというのならのノートパソコンよりもタブレットの方がが相性がいいと思いませんか。半身浴するならジップロックのようなカバーは必須になりますが。。。

価格が2万円を切りそうな価格帯でNexus7(ASUS)と、SIMフリー端末で価格2万円台後半のASUS MeMO Pad 7 ME572CLがガチで売上を争っています。それは、価格.comのタブレットランキングAmazonでタブレットPCのベストセラーの上位2位を占めていることもひとつの現れでしょう。

価格.comの特集に

ASUS「MeMO Pad 7 ME572CL」が売れ筋ランキング1位に返り咲き! Windowsタブレットの人気一巡から、再びトップの座へ

といった特集を2015年4月2日に取り挙げられるくらいです。

iPad miniもNexus7やASUS MeMO Pad 7 ME572CLに迫る勢い。

iPad miniなら7.9インチ、Nexus7なら7インチとタブレットとしてはコンパクトサイズですが、スマートフォンに比べるとぐっと見やすくなります。

MicroSDカードによるストレージはどうします?

残念なのは本体の記憶容量はiPadやNexus7はMicroSDカードスロットがないために高価な外付けメモリを用意したり、iCloudやグーグルドライブ、Dropboxなどのクラウドのストレージでカバーする必要があります。携帯用音楽プレーヤーを兼ねたい人の場合や写真や動画をたくさん保存したい人がここで普及している16GBモデルでなく64GBモデルなどを選択しておくべきかもしれません。さもなくば段々と空き容量に苦しむ危険性を孕んでいます。

品質面で国産メーカーと海外メーカーでは製品のバラつきが多く、当たり外れが激しい差が懸念されます。そして、Nexus7やASUSのタブレットそしてiPadの弱点はなんといっても防水のモデルがないことですね。重ねていいますが、防水仕様は湯気には対応しません。モバイルバッテリーと組み合わせてショートなどしませぬよう!

2.ASUSのタブレットの型番に迷う

今回は7インチのASUS MeMO Padに絞って価格の分布を調べてみました。2015年4月3日現在の価格です。

  1. ASUS MeMO Pad HD 7 (ME173X)2013年 7月19日発売 底値 ¥15,979
  2. ASUS MeMO Pad 7 (ME176C)2014年 6月13日発売 底値¥15,241
  3. ASUS MeMO Pad 7 (ME170C)2014年 9月20日発売 8GBです。底値¥13,699
  4. ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL)2014年10月18日発売 人気1位?! 底値¥28,329 SIMフリーモデルです。Wi-Fiモデルでなく。あくまで2万円台で3万を超えないところが絶妙です。
  5. ASUS MeMO Pad 7 (ME171C)2015年03月13発売 ATOK搭載底値 ¥17,395
  6. ASUS MeMO Pad 7 (ME176C2)2015年3月16日発売 底値 ¥18,500

リストにすると似た型番で特徴をつかむのが難しいものです。底値は価格.comからリンクしています。

その金額差の根拠は発売時期、とカラーバリーエーションや搭載メモリのサイズにAndroidOSのバージョンの違いでマチマチな印象があります。

 

ASUS MemoPadのモデルの性能比較イメージ図

http://www.asus.com/jp/Tablets/MeMO_Pad_Products/ より比較リストによる

タブレットの主流はクアッドコアCPUで、気になるRAMに関しては、ME572Cのモデルのみがメモリ2GBを搭載しており、他は1GBです。

動画やゲームを楽しみたいのならクアッドコアは必須条件です。デュアルコアCPUはしばらくして不満の出るおそれが高いと想像にかたくありません。

SIMフリーモデルとなっているものは末尾にLが付きます。MVNOの格安SIMなどで、Wi-Fiルーターに頼らずモバイルする際には要チェックです。

ですので安い!と思って飛びついてみる前にWi-Fiモデルになっている場合でないか仕様を今一度確認してみて下さい。

マザーボードで圧倒的に日本の自作パソコンのブランド地位を確立しているASUS。ZenBookやZenfoneのヒットなどASUSの存在感は高くなるばかりですね。

それでも、海外メーカーの日本法人という立場なのか、製品レビューの中に、何らかの不具合に遭遇してしまい貧乏クジを引いてしまったというような嘆きを見かけます。国内に比べてみると、端末の交換対応や修理にかかる手続きや保証の範囲などで不満をもらす声もちらほら見かけます。

タブレットやスマートフォンのような超小型の通信メディア端末は、不具合が出たら、ファームウェアのアップデートや全交換というようなケースも多く見られます。

そして、日本の国産メーカーよりも作りが甘いという声も残念ですがあるようです。その逆に国産メーカーはなんで海外メーカーよりもこうも高いのかという指摘もあり、相反しているようにも見えます。

この中間を取ったメーカーが一番強いと思いますが、タブレット市場でASUSはコスパで戦っている海外メーカー組です。

今回は触れませんでしたが、ランキングの中で例えばNECのLavie TabのSIMフリーもランキング10本の指に入ります。国産メーカーの防水対応といえばソニーのXperiaや富士通Arrowsあたりがねらい目です。

参考

ASUS製品MeMO Padへのリンク

MemoPad ME572CLとNexus7(2013)との比較表

価格が2万円を切るNexus7 (2013)ME571-16gと1万足してSIMフリーの最新7インチMemoPad ME572CLにするかの二者択一に、Amazonや価格.comの上位ランキングで迷っている様子が伝わってきます。

メーカー型番 ASUS Nexus7(2013) MemoPad ME572CLSIMフリー
OS Android 4.3 OSのアップデートに対応 Android 4.4
画面サイズ 7型 、LEDバックライト 1,920×1,200ドット(WUXGA) 7型 、LEDバックライト 1,920×1,200ドット(WUXGA)
CPU Qualcomm® Snapdragon™ S4 Pro 8064 クアッドコア, 1.5 GHz インテル® Atom™ Z3560 クアッドコア,1.83GHz
RAM 搭載容量:2GB  DDR3LM 2GB
ストレージ eMMC:16GBモデルが人気/32GB eMMC:16GBASUS WebStorageサービス:5GB(永久無料版)
グラフィックエンジン Adreno 320 PowerVR G6430
無線性能 無線LAN 802.11a/b/g/nBluetooth V4.0, NFC IEEE 802.11b/g/nBluetooth V4.0LTE対応:2,100(1)、1,900(2)、1,800(3)、AWS 1,700/2,100(4)、850(5)、2,600(7)、800(19)、800(20)MHz
カメラ 120 万画素Webカメラ(前面)500 万画素Webカメラ(背面) 200 万画素Webカメラ(前面)500 万画素Webカメラ(背面)
オーディオ ステレオスピーカー、デジタルマイク内蔵 ステレオスピーカー、デジタルマイク内蔵
インターフェース USBポート:microUSB×1(SlimPort™ 対応)オーディオ:ヘッドホンジャック×1SIMカードスロット:microSIMスロット×1(ME571-LTEのみ)ワイヤレス給電(Qi):WPC 1.1Qi 規格準拠 microUSB×1、microSDXC、SDHC、microSDへの対応スロットx1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
センサー GPS(GPS+GLONASS)、電子コンパス、加速度センサ、ジャイロスコープ、光センサ、磁気センサ、NFC GPS(GLONASSサポート)、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、磁気センサ
バッテリー性能 バッテリー駆動時間(Wi-Fi通信時):約10時間バッテリー充電時間:約3.5時間、バッテリー容量:3,950mAh バッテリー駆動時間:約11時間バッテリー充電時間:約4時間、3,950mAh
電源 USB ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー消費電力最大約7W USB ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー
カラーバリエーション ブラック(ME571-16G、ME571-32G、ME571-LTE)ホワイト(ME571-WH32G) ジェントルブラック、シャンパンゴールド、ホットピンク
サイズ 114 ×200 ×8.6 mm (WxDxH) 114.4 ×8.3 ×200 mm (WxDxH)
軽さ WiFi: 290 g / LTE: 299 g 279 g
主な付属品 USB ACアダプターセット、クイックスタートガイド、製品保証書USB ACアダプターセットには、USBチャージャー、microUSBケーブル USB ACアダプターセット、クイックスタートガイド、製品保証書USB ACアダプターセットには、USBチャージャー、microUSBケーブル

 

Xperia J1 CompactとAcend Mate7ハイエンドSIMフリー機比較レビュー!

Xperia J1 CompactとAcend Mate7ハイエンドSIMフリー機比較レビュー!

Xperia J1 compact 各部説明

http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/ より

片手サイズかファブレット?

SIMフリーのスマートフォンでハイエンド機を選ぶとします。次のXperia J1CompactとAscend Mate7の2つの中から選ぶとしたらあなたならどちらのSIMフリースマートフォンが今欲しいですか?
前回の特集につづいて、SONYのSIMフリーっぽい(あえてこう言う言い方をします)高級機Xperia J1 Compactのスペックを細かく見て行きましょう。
Ascend Mate7というこれまたハイエンドのSIMフリー機と比較することで、イオンがXperiaを採用した狙いなどを考えてみたいと思います。

筆者はハイエンド機のスマートフォンなら大画面を狙うのが適しているとばかり考えていました。しかし、6インチのSIMフリーファブレットのHuaweiのAscend mate7と比較しているうちにXperia J1 Compactの画面サイズ4.3インチに対する違和感がだんだん消えていきました。なぜでしょうか? More →

Xperia J1がイオンで発売決定!格安を超えた価格約6万円本格SIMフリー

Xperia J1がイオンで発売決定!格安を超えた価格約6万円本格SIMフリー

Xperia J1 compact 各部説明

http://www.sonymobile.co.jp/xperia/sp/j1c/ より

なぜ4.3インチで約6万もする機種をイオンは投入?

あえて大画面にこだわらないイオンのXperia SIMフリースマートフォン
ソニースマホで画面は4.3インチというところにイオンの狙いが見える

対照的なiPhoneの画面サイズは新機種のたびに画面を大きくしています。iPhone5や5S、5cの画面サイズは4インチでした。最新のiPhone6は4.7インチで、6 Plusが5.5インチというのと比べるとXperia J1 Compactは携帯性を重視したモデルに絞り込んだ様子です。

2万円ながらコストパフォーマンスの高い評判のZenfone 5/ASUSも画面サイズは5インチですので、4.3インチのサイズで雑誌や電子書籍や文字の多いニュース系のWebサイトを見る際に若干困るような気がします。 More →

microB to A変換アダプターでOTG対応AndroidへPC用パーツが流用可能?

microB to A変換アダプターでOTG対応AndroidへPC用パーツが流用可能?

MicroUSB B端子/受け側の形状図面

http://www.usb.org/developers/docs/devclass_docs/CabConn20.pdf より MicroUSB type B 端子の図面

スマートフォンの周辺機器にOTG対応製品が増える

Android端末がOTG対応している場合は有効という製品をよく見かけるようになりました。

OTGを知っている人には釈迦に説法ですが、何のことでしょうか?USBホストという言葉に関係します。OTGの説明に入る前にUSBホストを軽くイメージしておきましょう。親子関係でパソコンは親、スマートフォンやタブレットは子どもという親子関係が崩れ、スマートフォンやタブレットでも親の立場になるように機能が向上したといえば少し分かりやすくなります。

例えばパソコンとUSBの有線キーボードをつなぐ時にUSBホスト側/親側はパソコン、接続される子ども側がキーボードに相当します。

パソコンの方がUSBホストの機能を満たしているためパソコンからキーボードと接続が可能になります。何を当たり前の話をしているんだという印象をもたれるかもしれません。

さて、WindowsパソコンなどパソコンでUSB端子で接続できる周辺機器は多々有ります。一方でスマートフォンやタブレットでパソコンで使い慣れた周辺機器はそのままでだいたい使えません。

一般的なUSB端子パソコンではType-Aという端子のサイズになっています。下の写真のような形です。

自作デスクトップPCにUSBポートを前面に増設するPF-004A写真

http://www.ainex.jp/products/pf-004a.htm より フロントベイのUSB増設のベストセラーPCパーツ

なら形状さえパソコンのUSB Type-Aの端子に変換すればいいのかというとどうもそうではないようなのです。

スマホでBluetooth仕様ではなく普通のパソコンのUSB仕様を使いたい

下の図のように一般的なAndroidスマートフォンはMicroUSB端子が普及しています。

スマートフォンでよく使われているMicroUSB端子の写真

http://pinouts.ru/visual/micro_usb.jpg より

まずUSB端子をType-AからMicroUSB端子へ変換アダプターや変換ケーブルが必要になります。

ところが、サイズを変更してもそのままでは使えません。スマートフォンはパソコンの補助をする立場で設計されているような壁があります。

ここで鍵になるのがOTGという規格です。

OTG規格対応でパソコン用の有線USBキーボードやマウスでAndroid OSが操作できるには?

OTG対応しているAndroid端末はUSBホストの機能を利用することができるようになる。つまり親として周辺機器を使う選択肢が広がります。

USB MicroBからType-Aに変換するアダプターイメージ図

http://buffalo.jp/product/cable/usb/bsmpc11c01bk/ より

USB接続でキーボードやマウスをつなぐためにはAndroidスマートフォンやタブレット本体がOTG規格を満たしている必要があります。OSでは対応していても、肝心の外部端子がMicroUSBのType-ABであるとOTG対応に対応しているような傾向があるという情報もあります。

MicroUSB AB端子の図面

http://www.usb.org/developers/docs/devclass_docs/CabConn20.pdf より

極普通のMicroUSBのB端子を変換するだけでも使えるという情報もあります。

Androidスマートフォンやタブレットがホストになるためには本体側から周辺機器につなぐ受け先がType-A型のメスの形状になっていなくてはいけません。通常のパソコンとスマートフォンとの同期や充電にはType-Bのケーブルを指します。これを兼ねる必要があります。

こうしてAndroidスマートフォンが市販のパソコン用USBパーツを流用することができ、スマートフォンの便利さを広げることにつながるわけです。

新しいAndroidは薄型だったり高速だったりする意外にもこんな拡張性があったんですね。

参考)

タブレットPCやスマートフォンにマウスやキーボードがつながる!との触れ込みで、Amazonでは次の製品が人気です。サンワサプライやエレコムでも同様の製品があります。使おうとしている製品がOTGに対応していないとどうしようもありません。

変換アダプターを買ったのにうんともすんとも動かないという情報もあります。

自分の持っている端末のOTG対応を確認してからお求めになってみるのも遅くないです。

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

Amazonで470円です。

MicroUSB B端子からA変換アダプターBSMPC11C01BK

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK /バッファロー製品サイトより

ARROWS M01 イオン/楽天/NifMoで採用価格36,720円のSIMフリー機とは?

ARROWS M01 イオン/楽天/NifMoで採用価格36,720円のSIMフリー機とは?

楽天モバイルもイオンに続き2015年2月24日より発売開始
http://mobile.rakuten.co.jp/product/arrowsm01/ 楽天モバイルもイオンに続き2015年2月24日より発売開始

国産のSIMフリー機がいよいよ投入の流れに?!

ソニーのXperiaを逆輸入してSIMフリー機として使うユーザーさんはSIMフリーという名前がまだ普及していない頃からいらっしゃいました。そして、国外メーカーが日本にもSIMフリー機を次々と投入しています。

ドコモ、au、SoftBankの携帯キャリア3社が音声とパケットの定額プランを一新した割に、Y!mobileが維持費をさらに削った機種を投入します。

それにプロバイダ系では老舗的存在のBIGLOBEが端末とSIMカードをセットで売り初めていました。

衝撃的だったのがイオンスマホです。Nexus4を売捌いたと思ったら3G端末のみならず、LTE対応スマホを売り始め、格安スマホの先鞭をつけたのです。電器量販店も、大手プロバイダ会社も次々とSIMフリー+格安SIMのセット販売を進める流れはもはや止められない流れです。

以前にこの88ちゃんねるでも楽天モバイルの特集を組んだことがあります。

Zenfone5 (A500KL)/ASUSを採用!楽天でんわプリインストール済の楽天端末8GモデルはSMS対応、2GBプラン月計2,200円?!2014年10月31日)

あれから4ヶ月を経て、いよいよ楽天にも富士通が参入を始めたというのは不思議といえば不思議です。

東芝やNECなど携帯スマートフォンから撤退する流れとはまた別の風向きなのかもしれません。

More →

SHF31/AQUOS KはEZwebサイトに非対応!auのPCサイト対応!二つ折り携帯

SHF31/AQUOS KはEZwebサイトに非対応!auのPCサイト対応!二つ折り携帯

テンキーや上部の操作キーによりスクロールとピンチアウトができる仕様

http://www.sharp.co.jp/products/shf31/service/index.html より

2015年2月20日遂に発売、斬新なガラホが話題に

ガラケーの新機種は出ないと一時うわさ話があったほどですが、みんながみんなスマホへというわけではなく、ガラケー支持は根強いという評判を聞かれるようになりました。そこで新顔が登場します。ガラケーでもない、スマホでもない通信端末=ガラホです。iモードやEZwebサイト、Yahoo!ケータイ等を始めとした携帯電話対応サイトはスマートフォン対応へシフトしているために閲覧できるサイトにも陰りが出てきたことも後押ししているようです。

auのオンラインショップ全色在庫なし(2月26日調査時点)

追記あり!2015年3月10日時点

このようなガラホ、ズボンのポ ケットや首から吊り下げられて携帯性に優れた128gという軽さ、そしてウェブサイトでいつでも検索ができて好きなページも探せます。auのガラケーユーザーが慣れ親しんだEZwebサイトとは違うメニュー画面になっているために最初は少し戸惑うかもしれません。

カーソルキーを使ってパチパチと画面を1 行ずつスクロールさせるのではなく画面全体をさっとスクロールさせられる携帯というのは実に魅力的だと思います。

携帯サイトでPCサイトを無理やり擬似的に表示させて使うことからも解放されます。そんな新顔のガラホとはどんなインパクトがあるのでしょうか? More →

アイオーデータおしゃれな無線LAN中継機WN-G300EXP/2.4GHz帯ngb対応

アイオーデータおしゃれな無線LAN中継機WN-G300EXP/2.4GHz帯ngb対応

2口コンセントの片方を残せる

http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-g300exp/feature.htmより
2口コンセントを1口残せるコンパクト設計

前回紹介した価格.comによると第1位のバッファローの無線LAN中継機WEX-733Dを取り上げたばかりです。

ですが、今回取り上げる「WN-G300EXP」は第3位の売れ筋ランキングに位置しています。(リポート作成時点2015年1月23日現在)

機能を絞り込んでコンパクト。底値が3,609円とWEX-733Dの4,813円の底値に対して1,200円近い安く価格差を付けて発売しています。その差とは?

More →

WEX-733Dレビュー/コンセント型無線LAN中継機でWi-Fi電波を隅々まで

WEX-733Dレビュー/コンセント型無線LAN中継機でWi-Fi電波を隅々まで

部屋に無線LANの電波が届かない場所に有効な中継機

http://buffalo.jp/product/wireless-lan/extender/wex-733d/#feature-1 より

ある場所にいるとWi-Fiが途切れるストレス

離れた部屋でネットにつながらずYoutube動画が見られない、あるいは録画した番組を離れた部屋で鑑賞したいのに自分の部屋にはWi-Fiのアンテナが立たないという人に実は多いのではないでしょうか?陸の孤島ならずWi-Fiの孤島にならないそのアイテムとは? More →

京セラのKC-01(MicroSIM/UQmobile)V.S.LUCE(mineo)比較レビュー

京セラのKC-01(MicroSIM/UQmobile)V.S.LUCE(mineo)比較レビュー

UQmobileの京セラ端末KC-01イメージ図

http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/kc-01/ より

au系のMVNOのmineoに新たなライバルが登場

ライバル会社UQmobileの誕生です。 既に浸透しているとは思いますが、mineoのネックとなっているのがiPhoneのiOS8に対応できないことでしょう。 では、新しいサービス会社UQmobileなら大丈夫なのかというとそうでもありません。最初からnanoSIMを用意していません。iPhone6にも提供するMicroSIMでは対応できません。(しばらく後でいずれ対応する動きがあります)

UQmobileのサービスでユニークな点 More →

Chromecastレビュー Androidユーザーなら是非とも持っておきたいデバイス

Chromecastレビュー Androidユーザーなら是非とも持っておきたいデバイス

ChromecastはGoogleが販売しているHDMIポートに接続して使うデバイスで、これを使うことで、スマートフォンのアプリで再生している映像等をテレビに大きく映し出すことが可能です。私はある理由がきっかけでこのデバイスを購入することになったので、使ってみた感想を書いてみようかと思います。

購入のきっかけはフリーズ

私は定額制の映像配信サービスである「Hulu」に加入しています。最近まではWii Uで視聴していましたが、Wii UのHuluは時折画面が固まって操作ができなくなる不具合があり、毎回頭を悩ませていました。原因を特定するために本体解像度の変更や、画質の自動選択を無効にするなどしてみましたが、どれも駄目。

そんな中、Huluに対応したChromecastを知り、購入してみることに。Apple TVなどのSTBは1万円を超える中、4200円というリーズナブルな価格も魅力の一つでした。

セットアップおよび操作にはスマートフォン等が必要

安さが魅力のChromecastですが、操作にはスマートフォンやタブレットが必要になります。テレビに接続すると、アプリからセットアップするようにと指示が出るので、指示の通りにセットアップしていきます。Chromecast本体のアップデート等もあるので、気長に待ちましょう。

セットアップが完了すると、「準備が完了しました」と画面からはみ出るほどの大きな文字が表示されるので、後は対応しているアプリからキャストボタンを押すだけです。キャストしていない間はGoogle+に投稿された画像などがランダムで表示されます。

アプリをキャストしてみる

早速「Hulu」をキャストしてみることにしました。接続しているアクセスポイント内にChromecastがあれば右上にキャストボタンが表示されるので、そこからChromecastを選択すればテレビ側に「Hulu」のロゴが表示されます。後は観たい動画を選択すると再生が始まります。

いくつか動画を再生してみましたが、現在のところフリーズはありません。ただ、稀にノイズが入ったりリモコンの操作が効かなかったりといった不具合がありました。

「Youtube」など他のアプリも試してみましたが、快適に視聴することが出来ました。

動画を大画面で視聴したいスマートフォンユーザーにおすすめ

Chromecastはスマートフォンで再生している動画を大画面で視聴出来たらいいと思っているユーザーならぜひともお勧めしたいデバイスです。逆にスマートフォンを持っていない従来の携帯電話のユーザーはもう6000円ほど出してApple TVなどのSTBを購入した方がよいでしょう。

新年最初の買い物でしたが、買って良かったと感じます。