フリーテルからiPhone専用の格安SIMカードDebut!AppStoreからのダウンロードは無料をPR。どのiPhoneユーザーに喜ばれるか?

フリーテルトップサイトでPRされるフリーテルの格安SIMイメージ

https://www.freetel.jp/index.html より

なんとAppStore内のダウンロードは無料というユニークさ

iPhoneでアプリを自動アップデートする選択するユーザーに助っ人になるiPhone専用格安SIMカード

新しい便利なアプリが見つかれば、友人などに誘われるなどアプリはどんどん増えます。

パケット通信量を気にしてコンビニのフリースポットでアプリをダウンロードするユーザーの姿をあちらこちらで見かけるようになりました。

よって、答えは簡単です。下手な動画の視聴で使うパケット通信量と肩を並べるほどダウンロードする通信量が馬鹿にならないからです。

さらにアプリは新しいiOSに対応しようと勢い良くアップデートしました!との赤い数字表示が増えて行くのです。

これは手動によるiOSやアプリの更新に優先順位をつけておくことで回避できます。

ところが、アプリはともかくiOSそのものを自動的にバージョンアップする設定になっていると大変なことになります。

iPhoneユーザーは特に多くのアプリやコンテンツをAppStoreから入れるのにAndroidOSに比較すれば抵抗は少ない傾向です。

Androidスマホと比較してアプリの審査がアップル社から厳格に審査されているとの安心感があるというイメージに下支えされています。

つまり、AppStoreの利用頻度も高いはず、それを無料にしてフリーテルは他のMVNOからのSIMカードと差別化を狙う戦略は実に的を得ていると言えます。

フリーテルSIMの誘う課金無料によるコンテンツやアプリ業界への恩恵。

せっかく素敵なコンテンツがあっても、せっかく便利なアプリが開発されてもダウンロードされて利用されなくては意味がありません。そんな中フリーテルがAppStore内の検索やダウンロードを無料にするというプランは実に先を見据えたサービスではないでしょうか?

AppStoreからのダウンロードが増えるということは音楽のダウンロードなど音楽業界やアプリの開発業界からも歓迎されるWIN-WINの構図が見えます

欲張りをいうとiOSそのもののアップデートにも課金しない太っ腹な格安SIMカードがあったらもっとうれしいです!

今までなかったiPhone専用格安SIMカード(サイズ:NANO)

docomoから販売された iOS データ通信 音声通話 SMS テザリング
iPhone 5s 9
8.4
8.1
7.1 ×
7 ×
iPhone 5c 9
8.4
7.1 ○※1 × ×

フリーテルが公表している動作確認している一覧ページはもっと長いのですが、気になる点だけ抜粋しました。

フリーテルの守備範囲をはっきりさせましょう。

  • auのiPhoneやソフトバンクでも動作保証なしです。
  • 元々auの格安SIMでほぼ全滅に近かっただけあり、やっぱりなという印象をうけます。
  • フリーテルの動作保証の検証はdocomoから販売されたiPhone5s以降のモデル、iPhone6以降のSIMフリーモデルとなっています。
  • docomoモデルiPhoneのユーザーにとって極めて親和性が高いですね。

 

iPhone5s,5cでもOS9までアップデートされたものなら安心して使えそう

iPhone5sの場合は、OS7,7.1の場合はSMSのサポートがされません。

※iPhone5cの場合はos7.1ではデータ通信SIMでは使えないために、音声通話SIMカードでの動作確認にとどまり、テザリングやSMSはサポートされません。

結論的にiOS9まで上げてパソコンによるiTunesやWi-Fi環境により、iOSをバージョンアップ後に運用するのがおすすめです。

大手携帯会社で真似のできない定額パケット料金のグラフイメージ。最上限で2,470円。

https://www.freetel.jp/sim/ip_sim/ より パケット定額の頂上が2,470円だとしても大手携帯会社でこの料金は不可能に近いでしょう。

月額299円から定額プラン

ヨドバシカメラなど店舗で直接購入ができる。

使った分だけ安心プランにより従来の大手携帯会社よりも格安の料金プランを切り盛りするにはいいですね。

10GBの利用で2,470円というのはスゴイことですし、2年間の縛りに伴う違約金なしというのもうれしいですね。

ただし、音声通話SIMカードの場合は注意が必要ですね。

大手携帯会社から回線を借りる中で、フリーテルははMVNO業者として独自の回線運用(L2接続)として差別化

フリーテルのサイト同上より 回線速度がとくに落ちることなく使えるイメージ。

フリーテルのサイト同上より

回線速度がとくに落ちることなく使えるイメージ。いかに借りた回線だといって低料金によりユーザーが集中すれば相対的に速度は落ちるものです。なぜ速さをアピールできる技術が生まれたのでしょう?

「FREETEL SIM」はMVNO業者として独自の回線運用(L2接続)を行っています。そのため、回線増速を含めた帯域調整や通信制御が自由に行うことが可能です。(フリーテルのサイト内より引用)

無理を承知で例えてみましょう。L2接続とは、卸を通さないように中間コストを削ったより直販に近い通信環境の提供というイメージです。

docomoからのまた貸ししている事業者/MVNEから借りずに、直接docomoから電波通信を借りるMVNOになっているという

イメージです。これには技術力が必要とされます。これを謳えるフリーテルに期待が高まります。

参考リンクなど

L2接続というフリーテルSIMの強み

みんなのお友達ウィキペディアから引用してみます。

NTTドコモが2008年7月に実施した相互接続は、MNOがIPアドレスを割り当てるレイヤー3接続であった。

ユーザによる高速・低速切り替え・データ容量管理・MVNOがIPアドレスの割り当てを出来るレイヤー2接続は、

パケット中継装置を管理・運用する必要があるため、MVNEが提供する場合が多い。”(ウィキペディアの仮想移動体サービス提供者(かそういどうたいサービスていきょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Enabler, MVNE)からいただけいたものです)

上記のようにレイヤー2接続いわゆるL2接続ができるということは、ユーザによる高速な通信LTE接続ですとか、瞬間的に多数のトラフィック量による低速通信への切り替え・データ容量そのものを管理したり、MVNO/ここではフリーテルがIPアドレスの割り当てをマネージメントすることができるまで前進したことを意味します。MVNEはいわば問屋卸のようなものであり、それを通さないために低価格なSIMカードを提供できます。逆にMVNOは高度な技術力が必要です。

 違約金なしとはいえで音声通話はそうは行かない例外規定

http://blg.freetel.jp/faq/8946.htmlより、

フリーテルのFAQの「ご利用期間に応じた転出手数料(税抜)について」から転載します。

契約当月の MNP 転出 15,000 円
契約後 2 ヶ月目の MNP 転出 14,000 円
契約後 3 ヶ月目の MNP 転出 13,000 円
契約後 4 ヶ月目の MNP 転出 12,000 円
契約後 5 ヶ月目の MNP 転出 11,000 円
契約後 6 ヶ月目の MNP 転出 10,000 円
契約後 7 ヶ月目の MNP 転出 9,000 円
契約後 8 ヶ月目の MNP 転出 8,000 円
契約後 9 ヶ月目の MNP 転出 7,000 円
契約後 10 ヶ月目の MNP 転出 6,000 円
契約後 11 ヶ月目の MNP 転出 5,000 円
契約後 12 ヶ月目の MNP 転出 4,000 円
契約後 13 ヶ月目以降の MNP 転出 2,000 円

1年2ヶ月試してだめなら2,000円で他のSIMカードも試せるという印象を受けます。

データ通信SIMカードなら、本当に違約金なしです。スマートフォンとの2台のセットでの利用では通信コストが抑えられて良いですね。

 FREETEL SIM for iPhone/iPad紹介サイト(フリーテル公式)