iPhone充電グッズ3種比較。ピンチの備えにかさばらないで常時携帯可能。

キーホルダーLightning端子OR LightningChargeキーホルダーOR直接コンセントにiPhone5

(左から1.カギ型Lightning-USBアダプター「Kii」、真ん中2.が「ChargeKey」、右のカバーが3.「PocketPlug」)

以前クレジットカードタイプの薄型のMicroUSB-USBカードをお知らせしました。

今度は鍵型の充電ケーブル2種類、直接コンセントから充電できるカバーの紹介です。とにかくかさばらず、いざという時使えそうなアイテムのご紹介です。

 

まずは鍵型の充電ケーブルです。とにかくかさばらず、いざという時使えるのが大前提ですね。お財布に入るカードから今回は腰に吊るしておけるというのがコンセプトです。

1.写真左)カギ型Lightning-USBアダプター『Kii』

kii2_pic_004

Lightning端子がロックして壊れないようにカバーがちょうど鍵の根本になっているデザインが秀逸です。Apple社認証「Made for iPod/iPhone/iPad」準拠なので安心して使えますね。

2.写真中央)iPhone5用の充電キーホルダーChargeKey

ChargeKeyの使用例

とにかく気軽にUSBの充電したい人にピッタリです。アメリカ製で予約発売でしたが、予約順に今発送が始まったようです。

3.写真右)PocketPlug

Pocketプラグ

iPhoneを直接コンセントに差し込むという大胆なコンセプトです。これならコードに煩わされることはありません。micro USBのパススルー付きですので、USBからも充電することができます。PCからiTunesからの同期が取れるのか少し心配です。(その際はケースを外してLightning端子につなぐのかは未確認です。)日常使いで充電コードが要らなくなるというのはなんとも魅力的なデザインです。CES2014でも出品されていたそうです。

参考サイト)2.3については輸入のために納期は長めにみたほうが良いでしょう。
1.(写真左)Kii販売サイト:Amazonで4,280円

2.(写真中央):ChargeKey 販売サイト(アメリカから個人輸入で入手可能。現地定価は25$)

3.(写真右):Pocketプラグ販売サイトで9,790円