iPhone5s/5用アルミカラビナバンパー:PS-A12ALBKシリーズが新登場。スマホのケースではなくバンパーという呼称に注目!

PS-A12ALBKSVパッケージ

ガラケーなる携帯電話でもそうですが、iPhoneでも同じでポッとどこかに置くとどこだか分からない人が多いでしょう。

ストラップホールのついたiPhoneケースを使用していたら、iPhoneの重さに負けてストラップホールのプラスチック部分がそのまま割れてしまったケースがあります。ならば首にかけておこうと考えた結果では、結局首が重さで疲れてしまうのです。

ケースではなく、バンパー。強度が高そうに感じさせるネーミングです。

PS-A12ALBKSV_34

このメタルの削りだし感がたまらないですね。

ELECOMから発売されたiPhoneバンパーは単なるカバーとは違います。落としても衝撃を吸収する設計になっています。惜しむらくは、ささっとポケットに入れるのは少し困難であることが容易に想像できるところです。パソコン周辺機器のELECOMも大胆な製品を投入したものですね。今年の1月にこの製品が登場しました。

iPhone5s-5用アルミカラビナバンパー耐衝撃性 性能

ケースとは次元を画したこのバンパーという呼称に注目したいところです。落としても衝撃を吸収する設計になっています。

PS-A12ALBKSVパッケージ

店頭でのパッケージはこんな様子で売られていることだと思います。

ps-a12albk_3shoku シリーズ

ブラック、ゴールド、シルバーの3色ラインナップです。

カラビナのスクリューを取り外してすぐにiPhoneが使えるかどうか心配な点ですね。ジャケットやコートのポケットには、さっと出し入れしにくそうです。

ベルトに引っ掛けておくのも、衣類に重さの負担で痛みそうなのが怖いところです。旅行やリュックで出かけるカジュアルな使用には合いそうです。

スーツ姿のオフィス通勤のユーザーにはちょっとごつすぎるかもしれません。

PS-A12ALBKSV_バックにかける
写真にあるようにバックにさっと引っ掛けておくのがよろしいようです。ぶら下げて使うのが適切なようですね。スクリューでロックしておくので、くるくると回してカラビナを開けて使うので何かの拍子に開いてしまうことがないような設計がされているようです。

iPhoneを定位置に戻す習慣が身につき、探す時間の短縮としてはよい手段のひとつと言えるでしょう。外気にさらした場合の雨の心配など課題はいくつか残した点は今後の課題かもしれません。

価格は5千円弱のようですね。

参考サイト)

ELECOMの商品情報ページ)