iTunesのデータをうっかり消してしまったら。iPhoneには無事にある時iPhoneからiTunesへデータを復元(リストア)を試みる時のお助けアプリ達。

プロレジ大賞20140730 11-53-06

もしもパソコン側のiTunesに不具合ができたらどうしますか?誤ってデータを削除してしまったら?例えばCDをHDDに取り込んで原盤は売り払ってしまった場合等危険を伴いますね。パソコン本体で不具合なiTunesデータがそのままiPhoneへ転写されてしまうのではたまりません。
では、まともな状態のiPhoneのデータをiTunesへ復元する(リストア逆流させる)にはどうしたらいいでしょう?これから紹介するアプリの動作要件には十分注意してご確認のほどを。バージョンによるiTunesやiOSデバイス別の対応はこれから紹介するアプリでバラツキがかなりありますよ。

割りと検索してネットで紹介の多いCopyTransは100曲まで無料で転送可能です。
友人などとシェアすることで最大200曲転送可能、
転送数無制限でお値段が2,680円です。

プロレジ大賞 2 20140730

さて注目したいのが、人気のあるiPhoneからの復元ソフトにiMobileにより提供されるAnytransが2,838円となっています。ベクターのお墨付きの分実力があるように見えます。

体験版でどんなものか試めすことができます(どのアプリであれ試用は大事!デス)が、制限があります。
1.PCからiPod等への転送は50ファイルまで
2.iPod等からPCへの転送は50ファイルまで

なんとか無料でできないものか調べてみますと苦しい打開策ならあります。

anytrans20140730

CopyTrans Managerというソフトがあります。iTunesでのCDの取り込みを別のソフトで取り込み、作られた音楽データをiPhoneに追加したり加工や編集が行えます。

これはフリーソフトなので、iTunesから卒業する人はいいかもしれません。
また音楽データの取り込みのみをiTunesで行い、そこで生まれたデータのフォルダ名だけ注目しておけば、不具合のあるiTunesからの同期を避けられます。

ただ操作性やデザインないし機能にはiTunesは優れたパッケージソフトであることは否めません。できれば正常に使いたいという人は多いのでしょう。

ところで、30日間のお試し版で1,000曲未満ならお金を節約する方法がないわけではありませんでした。「*Sharepod」で取り込んでiTunesに取り込み可能という情報がネットで流れています。

Sharepod 20140730

1,000曲以上で有料版は20$のようです。ほぼ2,100円を切っている計算になりますが英語版での販売やサポートであるのが大丈夫なら一つの選択肢です。

英語版でよければ次のアプリも試す価値あります。(制限付の壁がありますが成功をお祈りします。)

iExplorer20140730 14-53-43

*古い記事ですので有用性がいまひとつかもしれませんが、参考にリンクを貼っておきます。ライフハッカーの記事「プラットフォーム別、iOSデバイスからパソコンにメディアを移行する無料の方法」です。

無理にiTunesにこだわらない人もいれば、純正なiTunesを使いづけたい人もいるでしょう。Windows MediaPlayerの場合はCD1枚分など1部に限った転送が可能ですが、iTunesでも同じことができないので皆さん苦労しているわけです。