Vo-LTE:iPhone6で採用決定!ブイオーLTEと読んだりボルテと読んだり

https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/volte/index.htmlより

https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/volte/index.htmlより

ちなみにキレイな通話品質と言えばPHSの通話は音質が良いとされています。病院でも利用可能な携帯としても有名ですね。最新のスマートフォンでそれに対向するかのような新技術が搭載されます。

一般のスマホの中でNTTDoCoMoはいち早くVo-LTEについてのCMを放映し始めました。

VoLTE:「Voice over LTE」の略称ですが、音声通話(3G)の音声信号のやりとりがパケット(データの塊)としてやりとりする技術です。iPhone6がこれを採用したために、日本のスマートフォンでの音声利用の牽引力として大きく貢献すると見られています。

また、片方だけがVoLTEに対応している場合は旧来の音質にとどまり、両方の端末がVoLTEに対応いているのみ高音質化が見込まれます。

これに対応するといいことがあるのです。例えばスマートフォンでテザリングの最中に音声通話の呼び出しがかかっていてもテザリングが切断されることなく通話を受けることが可能となる近未来が待っています。

ただし、お互いがLTEのネットワーク圏内でアクセスできなければ成立しないシステムのようです。

今のところ、NTTDoCoMoが正式対応ですが、auもSoftbankも順次対応が見込まれます。