KYY06GRATINA京セラauのガラケー第1位をかけ放題用に!よく聞こえる!

auケータイ人気第1位のイメージ写真

前の記事で、docomoの人気ガラケーP-01Gを取り上げてみました。それにちなんで、au版をどうぞ。京セラのガラケーの売上人気第1位は京セラのKYY06 GRATINAとなっています。(11月26日、2014現在のデータです)
長時間バッテリー対応、交換も可能です。1,020mAhのバッテリー容量で先に紹介したP-01G/docomoに張り合うレベルの長時間対応です。

パケットの利用をスマホにまかせておけばauのカケホーダイプラン月2,200円が経済的!

1ヶ月2,200円の電話のカケホーダイプランに入り、長電話したいユーザー向けの仕様になっています。パケット定額と併用ができないプランですが、スマホとの2台持ちをすれば維持費はかなりリーズナブルに収まるはずです。この点はdocomoでも同じだと推察できます。

そしてこの機種の魅力として、防水防塵耐衝撃性の対応したモデルとなっているのも人気の要素の1つと言えるでしょう。さらに京セラ独自のソニックレシーバーが最大の売りになっているかもしれません。

騒がしい場所でも声はハッキリ

この電話、受話器部分に相当する受話口がありません。画面に音声の振動を伝え耳をディスプレイに当てることで振動が伝わり相手の音声を耳に伝える設計になっています。

京セラのこのソニックレシーバーはPHSでも培ってきた独自の技術です。

駅の中や、遊園地、空港のロビーなどで相手の音声と外部の音声とが交じり合って聞きづらい際に、相手の音声を集中して聞くことができるために実に嬉しい機能です。

埋め込み動画はURBAN PROGRESSOのスマートフォンでの技術説明となっています。もちろん、今回のフィーチャーフォン(ガラケー)にも搭載されている機能です。

Gratinaはどちらかと言うと年齢層を絞ってやや若者よりも上の設計にしてあるようで、ワンセグの録画や着うたフル/フルプラスなど省いている機能が多いことが割りと目立ちます。

 

地味にすぐ文字やぺたメモは機能を指定して起動するプロセスを省いて使えるダイレクト機能!

マルチメディア対応はauの売りのはずですが、そのような機能のてんこ盛りからよく使う機能に絞り込んだ印象のある設計のようです。秀逸なのはすぐ文字です。

通常電話をかけるボタンから番号の入力やブラウザを立ち上がた上でのボタン操作ですが、最初から文字や番号を入力するだけで後からアプリや電話の選択してアクションを起こすことが可能となっています。

ぺたメモは打ち込んだ内容を付箋のように画面に貼り付けておけるので簡易忘備録としてなかなか便利な機能となっています。

京セラの携帯機能すぐ文字とペタメモの解説

すぐ文字やペタメモがわざわざ携帯の機能画面から呼び出しをしないで直接テンキーを打つだけというダイレクト機能なかなかの便利さhttp://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/kyy06/function2/index.htmlより

auショップの販促キャンペ-ンで維持費3円で購入したユーザーさんはラッキーだったかもしれません…

参考)

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約49×110×16.5(最厚部17.5)mm
重量 約119g
au ICカード種類 micro au ICカード
メモリ 本体データフォルダ 最大100MBまたは1,000件※どちらかが最大になるまで保存できます。
外部 microSD™/microSDHC™メモリカード対応(最大32GB/別売)
ディスプレイ メイン 約3.0インチワイドQVGA IPS液晶/約26万色
サブ 約0.9インチ白色有機EL
カメラ 有効画素数約808万画素裏面照射型CMOS オートフォーカス付
撮影サイズ 静止画 最大3264×2448ドット(8M)
動画 高品質L(176×144)/長時間(176×144)
バッテリー容量 1020mAh
充電時間(AC) 約160分
連続通話時間 約320分
連続待受時間 710時間
外部 Bluetooth® ver.2.1+EDR
防水/防塵/耐衝撃 防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP5X)/MIL規格相当
付属品 電池パック(KYY06UAA)/予備に1500円程度で買い足すことも可能/ 卓上ホルダ(KYY06PUA)別途購入も可能 ヨドバシカメラが激安576円で販売完了間近です。