5万円台ノートPC価格.com限定モデルをレビュー3:パソコン初心者用にNECを、サブノート用に富士通を推してみる

インフォボード機能を搭載しパソコン画面をつけたまま常にインターネット上の最新情報を見せてくれる機能の画像

http://121ware.com/psp/PA121/LEARN/ENTP/h/?tab=LRN_Z_PC_LNS_STより テレビより控えめながら最新情報を、デジタルフォトフレームとしても使える。

さらっと1ページに収まらないより深い比較を目指して88ちゃんねるらしく価格.com限定モデル5万円台ノートパソコンのレビューです。

国産メーカーなりに海外製にシェアをすっかり奪われているかのような低価格帯のパソコンなりにそれなりの個性が現れているんだなぁと安いパソコンへを見る目今とこの後で少し違って見えてきたらと願う特集の第2弾です。 NECでは初めてパソコンを使う人への親しみやすさへ注目し、富士通ではメインPCを持っていてさらにサブノートを持ちたい人への配慮へを注目したいと思います。

新幹線の車両内のニュースが流れる電光掲示板のイメージ画像

https://www.jrta.co.jp/mediadiv/traffic/train_express.htmlより新幹線の車両内のニュースが流れる電光掲示板のイメージ画像

スクリーンセーバー機能以上のNECのインフォボード

テレビをあまり見る時間を取らない、その代わりにネットを見る時間をより多く取るライフスタイルが増えているようですね。

NECのLAVIE(NS)eにはインフォボード機能が搭載されています。

新幹線の車両の入り口付近の高いところや自動販売機の表の高い位置に流れるニュースが流れる電光掲示板等がそのままパソコン上でアレンジされてリアルタイムで確認ができます。これがパソコンで最初から用意されていたらという発想に近いものです。

何も操作していない時にスクリーンセーバーが自動的に表示されるだけでは目新しさは何もありません。

そこで、NECが天気やカレンダー(おそらくスケジュール帳にもなるような工夫があると期待したいですが)週間天気予報やニュースを表示させられるような機能を持たせてあります。NECの製品サイトでは

一定時間、PCに触れずにいると、自動的に画面に情報を表示
        -表示情報は天気/カレンダー、週間天気、ニュース
        –BGM付きフォトフレームにも

特にBGMを付きフォトフレームというのは、パソコン初心者で、アプリをダウンロードするのもやっという初心者ユーザーが家族の写真や大切なペット、憧れているアーティストの画像などを情報インテリアのようにパソコンをもっと活用できるかもという提案に好感が持てます。(*1)

富士通にはキーボードのこだわりをアピール

W/A1Wのキーボードの写真画像

http://www.fujitsu-webmart.com/pc/webmart/ui2232.jsp より

画像のようにテンキーに0だけでなく00も打て、左側上部にはタブキーを用意しています。

Excelなどで大量のデータをさばく場面で活用できそうです。

キーボードの形状に凹みを持たせた工夫を施した画像

http://www.fmworld.net/fmv/ah_b/index.htmlより

指に馴染みやすいキーボードの上から繰り抜いた設計は打鍵がより快適に感じられるそうです。

変換性能にすぐれた日本語入力システム「ATOK」を採用を採用しています。フリーウェアではグーグル日本語入力も人気があります。一太郎で有名なジャストシステムのこだわりの日本語変換技術がATOKへ盛り込まれています。文書作成の能率アップが期待できます。

エントリークラスのパソコンにも音のこだわり

ノートパソコンで音楽など聞く時に 耳の高さに合わせて音が流れるシステムのイメージ

http://121ware.com/navigate/products/pc/special/yamaha/index.html より 音楽など聞く時に耳の高さに合わせて音が流れるシステムのイメージ

NECはヤマハとのコラボでハイレゾへの用意をアピール

NS100/C1Wがベースモデルのサウンドチップには、インテル® High Definition Audio準拠、RealTek社製 ALC282搭載としか情報がありません。

ところが、カスタマイズモデルの LAVIE Direct NS(e)[Note Standard]では、RealTek社製 ALC282搭載だけでなく

ヤマハ製 AudioEngine™機能搭載 とあります。

本体内蔵スピーカおよびヘッドフォン/ヘッドフォンマイク端子に接続したヘッドフォンで再生できるものです。

  • ヤマハAudioEngineの音質調整と音響効果で臨場感あふれる音を再現
  • ステレオスピーカー(1.5W+1.5W)搭載
  • ハイレゾ音源の再生に対応したHiGrand Music Player。HiGrand Music Playerというアプリでオーディオを楽しめるとあります。

富士通はONKYOとのコラボし、ハイレゾ対応のヘッドホン端子を装備をアピール

低価格帯モデルは内蔵スピーカーではなくヘッドホン端子からであればハイレゾへ対応とアピールする富士通のノートパソコンの説明文

http://www.fmworld.net/fmv/func/hires/より 低価格帯モデルは内蔵スピーカーではなくヘッドホン端子からであればハイレゾへ対応とアピールする

掲載している写真からSSDへのアクセスが簡単そうに見える富士通のノートパソコン裏側の写真画像

http://www.fmworld.net/fmv/ah_b/1510/interface/?from=ah_b_float より掲載している写真からSSDへのアクセスが簡単そうに見える富士通のノートパソコン裏側の写真画像

富士通が従来メモリの交換やSSDへの換装へアクセスしやすい設計という噂

ハードディスクからSSDへの換装は簡単そうに感じられるという説明画像

写真は同上サイトより
ハードディスクからSSDへの換装はもう改造といえるほどには大げさではないご時世です。

ノートパソコンのメーカー保証の範囲で交換できるのはメモリの増設だけというのが建前なのです。これは88ちゃんねる内の内輪話で印象だけを述べており脚色しているだけの主張に近いのでさらっと読み流して下さい。

国産パソコン特有のアプリてんこ盛り体質

NECや富士通によくありがちで、それならOSだけクリーンインストールした方が使いやすいという声もあります。

富士通がデバイスドライバーを豊富に提供している様子

http://azby.fmworld.net/app/customer/driversearch/pc/drvlistm?modelName=FMVWW11W&kanzen=1&supfrom=/app/customer/mypc/view/index.vhtmlより 型番を入れただけで12件該当があります。

富士通はクリーンインストールでも必要なデバイスドライバーが揃いやすい

機種別サポート情報・ダウンロードにより自分に適した環境が作りやすいというこれもまた88ちゃんねる編集部での印象です。(アクセスするにはAZBYクラブへユーザー登録が必要)

NECのサポートではドライバーの提供が3件に提供がとどまってる様子

http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_DID.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_VDown_Id_Mod?prodId=PC-GN17CJSA6より 3件に提供がとどまっています。

参考リンクなど

(*1)もっとも、サブノートとして使いこなすような方はそれに替わるようなアプリなどはネットから落としてカスタマイズできるので必要不可欠というほどのレベルではないでしょうからあってもなくても一緒というケースもありえます。