無償アップグレード後元のOSに戻す前に、Windows10のプロダクトキーをメモしておこう。後できっと約に立つはず!


Windows7へ戻り、更新履歴をたどるとアップグレードに失敗と表示がされる例

Windows7へ戻り、更新履歴をたどるとアップグレードに失敗と表示がされる例

追記します!何度にアップグレードをしてもWindows10に行かない場合の確認しておきたいこと

  • 元のOSのWindowsそのものの更新を最新の状態にしてからWindows10に上げることより先に済ませておく。
  • Windows本体のファイルを保護するためにセキュリティーソフトによって上書きを禁止する設定が逆効果になっていないかどうか同じアプリでの例を検索する
  • USB端子でつないでいる周辺機器を全て外しアップグレードしてみる

明らかにWindows10で新しいプロダクトキーが発行されたのならライセンス認証がきちんとなされていると安心したいところですね。

そのためのWindows10へ仮にアップグレードした時にライセンスキーをメモしておくと後になって役に立ちます。

Windows10に確実に無料でアップグレードが行われてMicrosoftから認証も受けたような画面

Windows10に確実に無料でアップグレードが行われてMicrosoftから認証も受けたはずの画面

10より「いつでも戻ってきてください」との案内後、元のOSで10へのアップグレード成功を確認したい

Windows10のプロダクトIDはメモするかカメラで保存しておきましょう。可能ならば信頼できるクラウドへ保存しておくのもよいでしょう。

Windows10をいますぐ使いたいとは思わないユーザーさん多いようです。

ただ、将来を使うことになるかもしれない時に今手続きをしておけば無料です。

確実にWindows10のアップグレードしたり、クリーンインストールする際にパスポートのように活躍すると期待できそうです。

〆をすぎれば1万以上の出費となります。

ならば、一度Microsoftの案内に任せた上で、Windows10にし、すぐに7へ戻すことを選ぶとユーザー側に有利のはずです。

アップグレードするタイミングはユーザーが決めれば良いのですから。

Microsoftとしてはなるべく多くのユーザーに早くWindows10へ移行させたいでしょう。

そこで「はい、そうですか?」とは移行したくありません。

ということで88ちゃんねる編集部内でも先延ばしできるならアップグレードの認証だけは先に済ませておこうとします。

使い慣れた環境から戸惑うくらいならまだ現役のWindows7には当分活躍してもらいます。

 

Windows7へ戻り、更新履歴をたどるとアップグレードに失敗と表示がされる画面

Windows7へ戻り、更新履歴をたどるとアップグレードに失敗と表示がされる画面

Windows10 Pro、バージョン1511、10586にアップグレードが失敗と出ています。

さっきはいつでも10へ戻ってきてくださいと優しい言葉をかけてくれたのに、どうして元のOSではアップグレードに失敗と表示するのでしょう?

MicrosoftがWindows10へ早く戻らせたいためのユーザーへのプレッシャーなんでしょうか?(はっきりした原因がわかれるとありがたいです。)

 

確かにアップグレードした後に戻したのに更新履歴にアップグレードに失敗という表示が出ている

アップグレードに失敗している表示に深い問題がないのならば、一度はWindows10へアップグレードも済ませてをいるのだし納得がいきます。

Windows7や8.1において、更新履歴すら残っていないことやアップグレードに失敗したという表示画面を残して元のOSに戻すというのは後味が悪いです。

編集部のシステム完了担当が呆然としてがっくりと肩を落とします。

確かにWindows10から回復を選択し、Windows7へ戻すという手順を行ったのです。

USBメモリからアップグレードをした時にはUSBメモリをつけたままで元のOSに戻します。

30台近いパソコンでアップグレード作業していた管理する作業についてのお話です。

複数台のパソコンを管理しなければいけない場合があります。

どのパソコンのプロダクトキーでWindows10が承認されていたかの報告書が必要でした。

ダウングレードしたWindows10よりもUSBメモリへ一度落としたWindows10を作った方が便利なのは有名です。

ところで、Windows10から元のOSへ戻す時にはアップグレードで使用したUSBメモリをつけたままで元のOSに戻します。

アップグレード後にはライセンス認証を通っているか見届けます。元のOSに戻すのはその後からでも30日間猶予があります。

Windows10のバージョンは1155

Windows10のバージョンは1155

Windows7のプロダクトキーとWindows10にアップグレードされたプロダクトキーは同じであれば苦労がないのです。

これはOSそのものが違うのですから、同じプロダクトキーにしてほしいというのは無理があるでしょう。

Windows10で独自のプロダクトキーが発行されてしまうことが便利なようで実は不便です。

2016-07-26

認証する際に元のOSとWi-Fiとの暗号キーが引き継がれない場合があると思います。

上記のようにライセンス認証がWi-Fiが切れていることもあります。

アップグレードに成功して安心する前に表示されたプロダクトIDを控えると安心です。

ライセンス認証、アップグレード後に無線LANの暗号キーが消えて、承認されていないようす

ライセンス認証、アップグレード後に無線LANの暗号キーが消えて、承認されていないようす

参考リンクなど

Windows10へアップグレードし、確実に認証を受けたとしても、元のOSに戻るとアップグレード失敗と表示する困った様子。

アップグレード失敗と表示する困った様子。

Windows10から元のOSへ戻しましたという表示画面を出してもらえませんか?

更新履歴で成功というパソコンはWindows7のProfessional版で数台確認することができました。

Home版で成功したという履歴表示を今のところ編集部の周辺で確認ができておりません。Professional版でも上記の画像のように失敗表示を出すケースがあります。

Windows10へ無償アップグレードしライセンス認証を受けた後で元のOSに戻すユーザーに、Microsoft側から見れば確かに「最新のOSへアップグレードさせることに失敗した」ということにはなるでしょう。

上記の表示はWindows7でのWindowsUpdateの画面の例です。一度に無償アップグレードに成功したので一時的に元のOSに戻したばかりの画面です。

Windowsを元のOSに戻す操作をしたらアップグレードした履歴をまるでなかったように画面表示に記録を残さないことに驚いて言います。

アップグレード履歴の残す画面が出る場合でも、PCがアップグレードに失敗していると表現するのは何かのすり替えではないでしょうか?

ユーザーが失敗したわけでもありません。エラーを引き起こしたわけでもありません。

単にWindows10のまま続けてもらえなかったことに未練があるんでしょうけれど。

ハードウェアの条件を満たしたPCでWindows10が使いやすいとMicrosoftがアピールするだけの完成度も感じます。

実際使ってみてWindows10は優れたOSでメリットも多いのも感じます。

しかし、Windows10へのアップグレード後に元のOSに戻したとユーザーが選んだという履歴をきちんと残さないのはアンフェアだと感じます。

無償で提供してもらうのですから、承諾したユーザーが提供する側の要求をある程度は飲むのも仕方がないと諦めるのもひとつの見方です。

元のOSのサポート期限まで利用して、Windows10は有料でも必要になれば使うという選択肢もユーザーは選ぶことができます。

無料だから、互換性があるとWindowsから表示があっても確実だとはまだ言い切れない状況

数台のパソコンはWindows7から無償アップグレードし、元のOSへWindows7へ回復から復元し起動しなくなりました。

Windows7に元々リカバリーの領域がうまく工夫されていたので、買った状態へ戻せました。

別のパソコンはWindows7のリカバリーディスクを持たないためにWindows10へクリーンインストールして現在利用中です。

当分の間は7のままで好きなタイミングのアップグレード計画は必ずしも成功しないこともあるわけです。

無料で7や8.1などでアップグレード対象のPCはWindows10までにアップグレードだけを済ませる

Windows10がライセンス認証されることを確認し、プロダクトキーを控えておくと、後々のWindows10への移行の時に安心です。

それでも更新履歴にWindows10へアップグレード成功と表示されない場合もあります。

アップグレード成功の例。更新履歴にWindows10へアップグレード成功と表示されない場合があるので10のプロダクトキーの控えが救いになります。

写真のようにダウングレード後に更新履歴に成功しているとあるとほっとします。