LuvBookCはメモリが最大8GBの格安モバイルノート!価格以上のコスパだ

格安ノートはメモリは固定という常識が覆されたマウスコンピューターのLuvbook Cシリーズ!

格安ネットブックではメモリは増設不可だがLuvbookCモデルは可能な新ネットブック

http://www.mouse-jp.co.jp/m-book/luvbookc22/ より
格安ネットブックではメモリは増設不可が普通だったがLuvbookCモデルは8GBまで増設ができる

うかつにエントリークラスのパソコンに手を出すよりも

今回紹介するのは手のひらサイズのWindowsデスクトップパソコンM-Stickでも有名なマウスコンピューターのLuvBook Cシリーズの特集です。低価格ノートという理由だけで特集を組んだわけではありません。

いわゆるネットブックのような格安ノートパソコンを買ってしまい動作がだんだんと重たくなりがちです。

真っ先にメモリを増設して様子を見るのは定番だと思います。

ところが、メモリを増設しようにもノートに搭載されているメモリの交換もできない、空きスロットもありません。

上位のノートに買い替えをしようか?と新しいモデルを検討し始めるのではないでしょうか?そんな成り行き買いに筆者は常々疑問に思っていたのでした。

LB-C220BはLuvBookCのエントリーモデルから1ランク上のモデルになりますが、64ビットOSですので4GBはフルに活用ができます。さらにメモリの増設がしたかったらバッファロー製やアイ・オー・データなどのサードパーティから8GBのメモリに交換できるというメリットがあります。(排他利用なので、今まで使っていた4GBメモリは使えなくなってしまいますが。。。)

ベースモデル:LB-C220EN-BGでも2GBで購入しておいて8GBへの交換が可能ですが、OSがBing仕様32ビットなので3GBまでしか認識しないために1つ上位のLB-C220Bなら4GBをフルに活かせます。パソコンが重たくなってきたら8GBにRAMを変更してしばらくは使い倒し続けられる可能性も拡がってきます。

LuvBookモデル名 LB-C220B/ベースモデル:LB-C220EN-BG(税別)34,800より1つ上のモデルになる
OS 基本構成 Windows 8.1 Update 64ビット
アップグレード選択可能 Windows 8.1 Pro Update 64ビット
メモリ ※2 標準容量 4GB (4GB×1)
スロット数/最大容量 1 (空き 0) / 最大8GB (8GB×1)
メモリタイプ PC3-12800 DDR3L SODIMM ※メモリはPC3-10600動作

よくノートパソコンにありがちなキーボードカバーのネジを緩めキーボードを浮かび上がらせたところにメモリのスロットが顔を出すタイプではなく、裏蓋のネジを外すと簡単にメモリの交換増設ができるようになっているそうです。もしかしたらハードディスクドライブも裏蓋交換でSSDにスムーズに換装できそうです。

格安ノートでメモリが2GBオンボード固定って誰が決めた?

多国籍企業HPのコスパが冴えるStream 11ですがBTOできるようにもメモリは2GBのまま動かせません。

11.6ノートが税別25,800円のStream11-d012TU 8.1 64ビットでRAMは固定2GB

http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/notebooks/dp_stream11_d000/ より 11.6ノートが税別25,800円のStream11-d012TU 8.1のOS64ビットでRAMは後々2GBで足りるでしょうか?

HPの格安ノートstream11ASUSのEeeBook X205TAのようなネットブックは確かに2~3万円クラスで販売されています。筆者はなぜかそのようなネットブックのような格安ノートのRAMが2GB固定で増設できない仕様にかねてから疑問を持っていました。

ネットサーフィンやスマートフォンの母艦にしたり、Webゲームを楽しむくらいなら十分間に合っても少し上の作業を2GBの領域ではすぐにいっぱいいっぱいになって固まる可能性があると考えているからです。

例外的に、メモリーが4GB! HDDが500GBのHDDの日本エイサー「Aspire E3-112-H14D/S」が4万円を切る底値になっています。4GBから8GBへメモリの交換が可能です。(ただAcerのWebサイトは好みが分かれると思います。ひじょうにざっくりとした別の意味ではアピール性の薄いサイトで、良さが十分に伝わってこないのは筆者だけでしょうか?)

拡張性もしっかりしていてLuvBook Cの2色展開が斬新で新鮮

http://www.mouse-jp.co.jp/m-book/luvbookc22 ギャラリーより

http://www.mouse-jp.co.jp/m-book/luvbookc22 ギャラリーより

ビジネスマンが客先のプレゼンでこのLuvBook Cをカバンから取り出したら?

クライアントはその色の鮮やかさに息を飲み、このパソコンを選んだビジネスマンを忘れさせないほどのインパクトを与えるピンク色のカラーリングです。女性がシルバー系よりもピンク色を選びそうだということも計算の上の2色展開だと思います。

得意先で、プレゼンをしやすいように画面が光沢で鮮やかな発色をすることでしょう。ですが、長時間デスクワークするならノングレアタイプの非光沢ディスプレイを採用しそうなものですが、ここらへんは好き嫌いが分かれそうです。

 

拡張性に優れたインターフェースの配置

LuvBook Cの側面側インターフェースの配置イメージ

http://www.mouse-jp.co.jp/images/m-book/luvbookc22/gallery/gallery07_lbc220_w_l.jpg より

盗難防止用のロックも付けられる仕様です。左側にVGAのD-sub15ピンとHDMI端子(フルサイズ)があり外部出力できます。右利きの人なら左側に配置してくれたほうがスッキリしますね。マイクやステレオヘッドホン端子も同様です。

LAN端子は背面に配置してくれたらなお嬉しいところです。ちょっと欲張り過ぎた感想かもしれませんが。。。参考までに低価格ノートパソコンとしては充実したインターフェースのX200MA-B(ASUS)との比較表を作ってみました。前回2014年12月に特集をしてX205TAとの比較していました。

X205TA/ASUS重さ980g長時間バッテリーPC登場!同価格帯X200MAと比較!!

(X200MA-BにはなぜBluetoothの搭載を省いたのか筆者は不思議です。Bing仕様だからでしょうか?マイクロソフトが圧力を??)

それはさておき、パーツ的にはかなり似通っているのがお分かりになると思います。

しかし、単にASUSのX200MA-Bの真似をマウスコンピューターがしてるわけではありません。

  • LuvBookはBTO対応できます。
  • ハードディスクドライブをSSDにしたり4GBメモリを8GBメモリにできます。
  • Windowsのバージョンも選択できるのが、単に量産しているから安いモデルとは一線を画するLuvBook Cだと思うのです。

2014年の年末はマウスコンピューターが画期的な手乗りパソコンを発売し、

m-Stick MS-NH1/約2万で8.1付き44gで手のひらに乗る極小PCが大人気!

という特集で88ちゃんねるにも多くの方が遊びに来て下さいました。マウスコンピューターはWindowsPhoneの名前をMADOSMAに決定したそうです。ニュースリリースでは、

 

と躍進が続き筆者も胸が弾みます。

参考

マウスコンピューター LuvBook Cの製品サイト

LB-C220BとX200MA-Bで比較した表 LB-C220B(マウスコンピューター)税別37,800円税込で40,824円 X200MA-B(ASUS)底値41,000円くらい
OS基本構成 Windows 8.1 Update 64ビット Windows 8.1 with Bing 64ビット
アップグレード選択可能 Windows 8.1 Pro Update 64ビット OSは固定
CPU プロセッサー インテル® Celeron® プロセッサー N2840 Celeron Dual-Core N2830
詳細 2コア/2.16GHz/IBT時最大2.58GHz/1MB スマートキャッシュ 2.16GHz/2コア (インテル® バースト・テクノロジー対応:最大2.41GHz)
グラフィック・アクセラレーター インテル® HD グラフィックス インテル® HD グラフィックス
ビデオメモリ (CPU内蔵)
メモリ 標準容量 4GB (4GB×1) 4GB:メモリの増設や交換は不可
スロット数/最大容量 1 (空き 0) / 最大8GB (8GB×1) 空きなし
メモリタイプ PC3-12800 DDR3L SODIMM※メモリはPC3-10600動作 DDR3L-1333 (PC3L-10600)
ストレージ SSD 他のモデルで選択することも可能 SSDのモデルは用意なし
同上 ハードディスク 320GB SerialATAII5400rpm (SerialATAII接続) 500GB
カードリーダー マルチカードリーダー (右側面×1)[対応メディア:SDメモリーカード(SDXC,SDHC 含む)、マルチメディアカード] microSDメモリーカードスロット(microSDXCメモリーカード対応)
液晶パネル 11.6型 HDグレア (LEDバックライト) 11.6型ワイドTFTカラー液晶(LEDバックライト)
解像度 1,366×768 1,366×768ドット(WXGA)
サウンド ハイ・ディフィニションオーディオ インテル® ハイデフィニション オーディオ準拠
外部端子 2 (D-sub 左側面×1、HDMI 左側面×1) HDMI端子,VGA(D-sub15ピン)端子
USB2.0 2 (右側面×2) USB2.0×2、
USB3.0 1 (左側面×1) 3.0×1
イーサネット 1 (100Base-TX/10BASE-T(RJ-45) / 右側面×1) 100BASE-T有線LANポート/RJ-45
サウンド ヘッドフォン出力 (ミニジャック メス/左側面×1)、マイク入力 (ミニジャック メス/ 左側面×1) マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
無線 IEEE 802.11 b/g/nBluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール IEEE802.11b/g/n Bluetooth搭載なし
Webカメラ 100万画素 92万画素Webカメラ内蔵
マウス タッチパッド (スクロール機能付き) マルチタッチ・タッチパッド
キーボード 日本語キーボード (87キー/ピッチ約18mm/ストローク約1.5mm) 87キー日本語キーボード
スピーカー ステレオ スピーカー (内蔵) ステレオスピーカー内蔵 (2W×2)
マイク モノラル デジタルマイク (内蔵) アナログマイク内蔵
電源バッテリー リチウムイオン リチウムイオンーバッテリー (3セル)
ACアダプター 30W (19V), AC100V (50/60Hz) N/A
動作時間(標準バッテリー使用時最大) 約5.5時間 約7.1時間
盗難防止用ロック 1(ケンジントンロック 左側面×1)  1(ケンジントンロック 左側面×1)
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm) 292.4×210.5×12~22.7 (折り畳み時) 幅302mm×奥行き200mm×高さ26~30.4mm
重量(標準バッテリー使用時) 約1.3kg 約1.2kg
標準付属ソフトウェア セキュリティマカフィー・インターネットセキュリティ (90日体験版) KINGSOFT® Office 2013 Standard
その他 Adobe Reader, Windows Live Essentials ASUS Live Update (パソコン自動更新)など
消費電力 標準時/ 最大時/ スリープ時 約8W/ 約30W/ 約1W 最大約33W
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証
バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証
液晶ディスプレイ:購入日より30日間のZBD日本国内保証