(自作含)パソコン本体、OSやアプリ

5万円以内ノートPCでSSD標準搭載Inspiron11 3000エントリー・プラスとMSI ノートパソコン スライダー コンバーチブル S20を比較レビューしてみる

5万円以内ノートPCでSSD標準搭載Inspiron11 3000エントリー・プラスとMSI ノートパソコン スライダー コンバーチブル S20を比較レビューしてみる

128GBSSD標準搭載の

画像はDELLとMSIコンピュータージャパンの製品サイトより

新発売の軽さ約1.2kgのDELL Inspiron11 3000とAmazon限定MSI ノート PC S20 4MSLIDER2-040JP のレビュー

今回の特集はノートパソコン両メーカーともに、最初から操作時に快適な128GBのSSDを搭載しています。RAMは4GB未満でないところにこだわり2機種をピックアップしました。

低価格帯のノートパソコンは500GBのハードディスクという今までのお約束を打ち破るところが斬新なところです。

そしてどちらも5万円を切る価格を出しているところが嬉しいところです。

画面サイズは11.6インチとモバイルに嬉しいサイズです。1366×768という解像度にとどまらずMSIの【Amazon.co.jp限定】 MSI ノートパソコン スライダー コンバーチブル S20 4MSLIDER2-040JP ブラック 11.6インチはフルHD 1920×1080という点で違いがあります。

CPUの性能差は後述するようにDELLの方が上位ですが、タブレットとしても使える点でMSIのS20はユニークです。

More →

5万円台ノートPC価格.com限定モデルをレビュー3:パソコン初心者用にNECを、サブノート用に富士通を推してみる

インフォボード機能を搭載しパソコン画面をつけたまま常にインターネット上の最新情報を見せてくれる機能の画像

http://121ware.com/psp/PA121/LEARN/ENTP/h/?tab=LRN_Z_PC_LNS_STより テレビより控えめながら最新情報を、デジタルフォトフレームとしても使える。

さらっと1ページに収まらないより深い比較を目指して88ちゃんねるらしく価格.com限定モデル5万円台ノートパソコンのレビューです。

国産メーカーなりに海外製にシェアをすっかり奪われているかのような低価格帯のパソコンなりにそれなりの個性が現れているんだなぁと安いパソコンへを見る目今とこの後で少し違って見えてきたらと願う特集の第2弾です。 NECでは初めてパソコンを使う人への親しみやすさへ注目し、富士通ではメインPCを持っていてさらにサブノートを持ちたい人への配慮へを注目したいと思います。

More →

富士通が作る5万円台の直販ノートPCをLAVIE Direct NS(e)同じ価格.comモデルで比較してみた

富士通が作る5万円台の直販ノートPCをLAVIE Direct NS(e)同じ価格.comモデルで比較してみた

NECよりも3,000円差の富士通の52,800円ノートパソコンについて見出し

画像は価格.com直販メーカーサイト内より

LAVIE(NS)eよりも3,000円高い

同じ5万円クラスのエントリーノートパソコンをNECによく似た富士通のモデル

NECは旧IBM現在Lenovoと提携しています。富士通は国内のスパコン京などでも有名ですがパソコンのシェアからするとNECには及びません。およそ100万台富士通よりもパソコン出荷台数を伸ばしています。

NECへ追いつくのに富士通も必死のはず。そこでNECと張り合えるような高いコスパのノート、価格.com限定ノートパソコンLIFEBOOK AHシリーズのW/WA1について特集を組みたいと思います。

これは反響の大きかった

ノートPCの比較対決5万以下のコスパに迫る特集:NEC15インチ新LavieNS(e)8.1が狙い目!? ノートPCの比較対決5万以下のコスパに迫る特集:NEC15インチ新LavieNS(e)8.1が狙い目!?

で特集したNECのWindows10のバージョンモデルとの比較特集です。

More →

CLIDE W10AとMCJの同価格帯10インチタブレットMT-WN1001と違いを比較してみた

CLIDE W10AとMCJの同価格帯10インチタブレットMT-WN1001と違いを比較してみた

USBメモリの抜き差しや有線マウスなどでは左側側面よりも右側側面の方がノートパソコンのような使い方では有り難いという画像

USBメモリの抜き差しや有線マウスなどでは左側側面よりも右側側面の方がノートパソコンのような使い方では有り難いところかも http://www.tekwind.co.jp/file.php?id=51より

10インチWindowsタブレット:CLIDE W10AとMT-WN1001の二択だったらどちらになるか

いよいよ貸出機を手に触れながらのCLIDE W10Aの特集もいったんフィナーレです。 トータルで全6回ものボリュームに膨らみました。最後はいつもの88ちゃんねるらしく比較レビューでまとめをしたいと思います。さて、

人気タブレットのWN891/MCJの完売後の価格は?Windows10対応の後継機種へ高い期待! 2015-11-5

反応も良かったので、CLIDE W10Aとの競合モデルとして今回Windows10タブレットで同じ画面サイズ10.1インチのマウスコンピューターのMT-WN1001と比較した特集を試みようと思います。

マウスコンピューターの10インチWindows10採用タブレットWN-10001外観画像

http://www.mouse-jp.co.jp/luvpad/wn1001/より

2015年11月に発表されたマウスコンピューターのWN-1001は価格帯がCLDIE W10Aに数千円の高い割にスペックの共通点の多さが見られます。特徴的なのがCPUをZ3735Fと比較して1つ世代の新しいx5-Z8300の採用です。グラフィックを始め処理性能向上を盛り込みます。WN-1001の税込み価格の底値は38,000円弱とCLIDE W10Aの底値を数千円ほど値段差がついています。ではCLIDE W10Aが同等のCPUをもし搭載していたらこの値段差は解消されていたでしょうか? More →

お手頃Windows10タブレットCLIDE W10Aを軽快に動作させる小技

お手頃Windows10タブレットCLIDE W10Aを軽快に動作させる小技

ベンチマーク動画でマシンにどれくらい負荷がかかるかテストする画面の様子。

ベンチマーク動画でHD画質でマシンにどれくらい負荷がかかるかテストしています。

CLIDE W10Aについて特集も早いものでシリーズから第5回となりました。
重箱の隅をつつくような小さな視点でレビューし、他のZ3735FなどのAtom系WindowsタブレットでWindowsを操作する際に潜在的な性能をいかにいかに引き出すか特集してみようと思います。

 デリケートにCLIDE W10Aをセッティング

「【HDオリジナル画質】ベンチマーク動画」というタイトル動画再生することにしてみました。

480p程度の動画なら普通に再生できるようです。720pから1080pも再生して軽くイジメてみました。

すると動画にのっそり感が出てきます。とはいうものの、ブラウザから初期設定のままでYoutubeを再生している人でしたら間に合うスペックなのでしょう。

ただし、メモリは常にギリギリの状態のような感じは否めません。2GBでメモリをやりくりする様子からは64ビット版でなく32ビット版OSでどうにかメモリをつないで動かすという感が否めないところです。 More →

CLIDE W10AでKindleアプリを入れて100%の表示画面を7インチと10インチとで実寸を計測してみた!?

CLIDE W10AでKindleアプリを入れて100%の表示画面を7インチと10インチとで実寸を計測してみた!?

Nexus7との大きさ比較画像

Nexus7との大きさ比で
左がCLIDE W10Aの画面、右がNexus7の画面に比べ気持ち大きく見えます。

CLIDE W10Aの貸出機を実際に触ってレビューするいわゆるハンズオンの第4回です。

10インチの大画面ですからA4印刷サイズの雑誌は7インチサイズの電子書籍の10/7倍ほど大きく見やすい期待がありました。実際に測って見た場合に、1枚のページサイズを100%に表示していくと縦幅がNexus7は12センチ、CLIDE W10Aがほぼ13cmという結果が出てしまいました。

どちらもKindle for PCアプリを使ったものです。(*1)1920×1200ピクセルの解像度は、Nexus7(2013)とCLIDE W10A両者同じです。

大画面だから7インチが物足りないほどに大きく読めるはずだと思い込んでいたためちょっと予想外でした。編集部に何かやり方を間違えてるのでは?という声が…勉強不足でごめんなさい。

More →

CLIDE W10Aの背面操作でダブルクリックしたいなら二度タップしたままずらせ!(タブレット本体編)

CLIDE W10Aの背面操作でダブルクリックしたいなら二度タップしたままずらせ!(タブレット本体編)

W10AでのKindle内からサンプルのA4雑誌を両面から読めるモードにした画像

W10AでのKindle内からサンプルのA4雑誌を両面から読めるモードにした画像

CLIDE W10Aのハンズオンによるレビューもようやく第3回目となりました。前回はマシンパワーが非力なのかそうではないのか数値上の評価にとどまり、実際の使用感についてのレビューが乏しいために今回はメリハリを付ける意味で、タブレットWindows10PCでZ3735Fメモリ2GBそしてOSは32ビット版でどのくらい10インチ大画面で快適な電子書籍を楽しめるかレビューをしたいと思います。

背面操作で画面を指紋で汚さないために

タッチ操作の泣き所:指紋の汚れ、細かな範囲を指でタッチしきれないこと

CLIDE W10Aといえば背面操作機能抜きに語れません。10インチ大画面の迫力で、出先で顧客に資料を見せるのも良し、家族みんなで画面を一緒にみて楽しむのもまた良し。

指での画面操作は見ている周囲の視界が指で遮られてしまいます。オマケに指の指紋で油汚れがつくために見苦しいものです。

CLIDE W10Aは画面の小さな範囲をマウスカーソルで追うことができるために細やかな範囲にポインタを移動できるとあります。

タブレット単体として本体裏側の「背面のタッチパッド」の搭載により画面に指紋を残らすことなく操作が可能です。ただし、背面のタッチ

パッドはどこからどこまでが指によるタッチを受け付けてくれるのか悲しいかな微妙な突起などがわずかに施されているために指先だけで認識するのは相当苦労します。

CLIDE W10Aといえば背面操作によるマウスポインターの移動、これは裏側からのなので薄いテープの四角い枠を作り貼り付けた画像

CLIDE W10Aといえば背面操作によるマウスポインターの移動、これは裏側からのなので慣れるまで多少手間取るはず。

↑のように工夫するのがミソです。

他の方々のレビューサイトを読むとメンディングテープなどの張り付いた後の残らないような帯で四角く囲うことで背面のタッチパッドの範囲をおおよそつかむこととができるようです。編集部でも背面操作の特訓など行いました。やはり四角く囲ってあるとどこからどこまでマウスカーソルが移動できるか予め予想できます。

タッチパッドの有効範囲が指先で確認できることで、指先の空振りが減るのです。マウスカーソルを大きく動かそうとする際の操作しやすく鳴ること請け合いです。

More →

予想外?!CLIDE W10AのZ3735F搭載のWindowsパフォーマンスのスコアに唖然(ベンチマーク編)

予想外?!CLIDE W10AのZ3735F搭載のWindowsパフォーマンスのスコアに唖然(ベンチマーク編)

CLIDE W10Aの独自のアプリでごちゃごちゃすることのないスッキリしたデスクトップ画像

CLIDE W10Aのスッキリとしたデスクトップの様子

引き続きテックウィンド株式会社からお借りしているCLIDE W10Aのハンズオンレビューを続けたいと思います。

背面から操作可能な10インチ大画面のWindows10タブレットCLIDE W10Aをレビュー開始!

に続けての詳細レビューとしての続編いう位置づけにあたります。(導入として、スペックの仕様など特徴をまとめておきました。)

2in1スタイルのCLIDEW10Aのタブレットの初期設定も順調にできました。上のの画像にあるように無駄なアイコンのないスッキリした印象です。

キーボード、タッチパッド付きで超スリムなノートパソコンのようになるCLIDE W10A

アンドロイドタブレットNexus7を隣に置いた画像

Nexus7を隣に置くと一回り大きく!

 まずは、Windows10の初期設定をさくっと済ませたい

クラウド利用をメインとしたMicrosoftアカウントは作らない、ログオンのパスワードも作らない、電源を入れてすぐに利用可能な状態でWindows10の初期設定は無事に終了させました。

テックウィンドからW10AのWindows10のセットアップ方法についてガイダンスがあります。付属の取説にはMicrosoftのチラシが添付されているだけなので、ネットが利用できて他のデバイスで並行して見ながらする場合は役に立つ以下のリンクが便利です。

【CLIDE】 Windows 10 セットアップ手順/http://www.tekwind.co.jp/support/CLIDE_support.phpより

Windows10も新しい便利な機能がいっぱいです。編集部は慌てて10に無償アップグレードした部員が確かいたはず。

More →

背面から操作可能な10インチ大画面のWindows10タブレットCLIDE W10Aをレビュー開始!

背面から操作可能な10インチ大画面のWindows10タブレットCLIDE W10Aをレビュー開始!

Windowsタブレット/テックウィンドより発売CLIDE10A背面から操作できるWindows10インチタブレットイメージ画像

http://www.tekwind.co.jp/products/CLIDE/entry_12591.php より

(2016-1-8)追記あり!予想外?!CLIDE W10AのZ3735F搭載のWindowsパフォーマンスのスコアに唖然(ベンチマーク編)を掲載しました。

価格の手頃なAtom系のWindowsタブレット実力を体感させてください

商品名CLIDE W10A/正式型番W10A-W10HBKを株式会社テックウィンドより貸出機を入手することができました。2in1スタイルのWindows10搭載タブレットPCです。

まずはざっとスペック概要をどうぞ。そつなく仕上がっている標準的な構成ですね。予想売価として税別32,800円を提示しています。

まずは、大きめなストレージ64GBは嬉しいですね。64ビットOSでは2GBが最低の必要条件ですので、ここは32ビットOSで軽くさせたところでしょうか?

OS Windows 10 Home 32ビット
プロセッサー インテル Atom プロセッサー Z3735F
システムメモリー 2GB(DDR3L)
ストレージ容量 64GB
ディスプレイ 10.1インチ カラータッチスクリーン IPS液晶 LEDバックライト
液晶解像度 1920×1200ドット
その他スペック 背面タッチパッド搭載
タッチパネル 10点タッチ入力対応 静電容量方式

More →

ファンレスでCeleron N3050搭載LIVAX2/リバスクエアは豆腐と親しまれるLIVAの後継モデル

ファンレスでCeleron N3050搭載LIVAX2/リバスクエアは豆腐と親しまれるLIVAの後継モデル

画面の裏側に設置できるVESA規格対応イメージ画像

http://www.livapc.comサイト内より VESAマウントに対応しているために、モニターの裏に収納しつつ使うことができます。

LIVAX2が差別化に成功しているファンレス仕様という目玉

ファンレス設計で完全無音動作を謳う注目の省スペース型デスクトップLIVAX2とは?

LIVAX2/リバスクエアはヒートシンクだけに冷却させ、ファンによる空冷を行わない省スペース型デスクトップPCです。

本体サイズ156 x 83 x 51 mm、重量約560gと手のひらサイズです。

USBによるキーボードやマウスでUEFI/BIOS画面に入る必要がないのなら、一度ペアリング後ワイヤレスBluetooth接続して操作するのも快適そうですね。

もちろん2.4GHz帯を利用したUSB端子を1つ使うワイヤレスキーボードとマウスとの組み合わせも快適です。

USBも3.0対応で3つもありますので、有線USBキーボード・有線USBマウスを合計2つ使用してもUSBポート(TypeA)にはまだ空きが1つあります。

豆腐の愛称がこんなに洗練されたフォルムに生まれ変わる

白い1年前にヒットした豆腐という別名をもつコンパクトPCのLIVA画像

https://www.links.co.jp/item/liva/ より

さらにLIVAX2/リバスクエアはアナログ出力とHDMIの同時画面をサポートしています。

2画面のモニターを同時にリバスクエアが表示している画像

http://www.livapc.comサイト内より
写真からいかにコンパクトな作り込みができているか感じられます

More →