パソコン周辺、PCパーツ

MA-WBL26 サンワサプライの6ボタンマウスとMA-WBL25の5ボタンと違いを実物で比較レビューする

MA-WBL26 サンワサプライの6ボタンマウスとMA-WBL25の5ボタンと違いを実物で比較レビューする

 

img_20170111_145852

 

どこのマウスを使っても大差なしと思ってみたら大嘘だった!

後に発売され希望小売価格が高くても使いやすいとはかぎりません。

先に発売された5ボタンマウス(画像上)と、後で発売された6ボタンのBlue LEDワイヤレスマウス(画像下)を並べて撮影したものです。

それぞれの「進む」と「戻る」のボタンの位置は、右親指で押すのにはMA-WBL26シリーズの方が高くに位置しています。

ホイール部分の左側にダブルクリックの機能のついたボタンが1つついている6ボタンマウスがMA-WBL26シリーズです。

  • 画像上側がMA-WBL25シリーズ:5ボタンマウス、ワイヤレスでBlue LED仕様/2013年 3月より3,240円の希望小売価格
  • 画像下側がMA-WBL26シリーズ:6ボタンマウス、ワイヤレスでBlue LED仕様/2013年 7月より4,320円の希望小売価格
マウスの裏側の脚部の比較画像

マウスの裏側の脚部の比較画像

 

 

MA-WBL26の4脚部分は、1500円にしてはよく机の上を滑りやすく、ツルツル感抜群♪

画像でマウスの裏側の4つからなる脚部を注目です。

この部分を見るとだんだんとMA-WBL25シリーズの4つの脚部がだんだんとすり減りながら使いにくくなりそうです。

好みが分かれるところです。普段使うマウスではデコボコした面では扱いにくいというレビューも見られます。

PC次第では滑り過ぎて、マウスを買ったばかりではポインターが速く移動しすぎて調節するのに少し手こずります。

 

img_20170111_145127

MA-WBL26シリーズ:6ボタンが5ボタンモデルより1まわり小さい

コンパクトな6ボタンマウスは単4乾電池2本で動きます。

まるで卵を包みこめるようなふんわりした感触です。

 

MAWBLメーカーサイトよりサイズ説明画像を並べたもの

MAWBLメーカーサイトよりサイズ説明画像を並べたもの

MA-WBL25は手の大きなユーザーによくなじみます

どういうわけかアマゾンでは1700円と前回レビューした6ボタンマウスよりも不思議と値崩れません。

ma-wbl25ds、ダークシルバー色の5ボタンマウスのパッケージ

サンワサプライより製品サイトの製品紹介画像よりMA-WBL25DSのパッケージ画像

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

サンワサプライ製の5ボタンマウスMA-WBL25シリーズ完売方向へ

アマゾンでは白色限定で1,300円ほどで買えるサンワサプライの5ボタンマウスです。

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

サンワサプライより、ホワイトモデルは廃止、レッドも廃止のアナウンスです。

 

img_20170111_150102

今回は、MA-WBL25のダークシルバーモデルの実物を比較して撮影します。

6ボタンでダブルクリックボタンがついていなくとも、大きさや電池のもちで価格があまり下がらないのでしょうか。

 

  • 連続作動時間/約240時間
  • 連続待機時間/約6000時間
  • 使用可能日数/最大約3.5ヶ月間

5ボタンのマウスと比較して、メーカー希望価格も高くなるのに、動作時間が短く感じられます。

エネループに代表される充電池を利用するのがいいですね。青い色のエネループが安い場合はそれもまた良し。

作業終了後に、使わない時にはこまめに電源スイッチを切ります。それなら電池が切れるようなストレスはほぼありません。

ところが、5ボタンのモデルは単3乾電池x2本

ですので、一回り大きくなりむしろフィット感は上のような気がします。

大きな手のユーザーさんは5ボタンのモデルの方がグリップが効いて心地がよいですね。

  • 連続作動時間/約530時間
  • 連続待機時間/約3年間
  • 使用可能日数/約12ヶ月間です。

さすがに大きな乾電池に余裕の大きさで設計されているだけあり随分と長く使えるようなテスト数値ですね。

 

パソコンの付属品やワイヤレスキーボードのセット品マウスから変えてみるとパソコン操作が格段に楽しい!

マウスを1000円以上出してみる。あるいは5,000円から1万円以上のマウスで作業するパソコンで違いがもしかすると見つかるかもしれません。

マウス1つについて、少ししつこめのレビューを組んでみました。マウスはいつも頼もしいパソコン操作の心強い味方です。

手に馴染むマウスとキーボードが皆様の快適な操作となりますように。

More →

MA-WBL26モデル:5つボタン+1のサンワサプライのワイヤレスマウスに替えて手放せない!使い良く格安と大正解?

MA-WBL26モデル:5つボタン+1のサンワサプライのワイヤレスマウスに替えて手放せない!使い良く格安と大正解?

ノートパソコンに無線通信用のアダプター≒ドングルをUSBポートにつけて、サンワサプライ製のワイヤレスマウスの6ボタンの製品の様子です。

ノートパソコンに無線通信用のアダプター≒ドングルをUSBポートにつけて、サンワサプライ製のワイヤレスマウスの6ボタンの製品の様子です。

5つボタン以上のマウスを始まめて操作を加速させよう♪

ネットサーフィンで戻ったり進む時には右クリックをして選択するだけ手間がかかります。

ネットサーフィンで戻ったり進む時には右クリックをして選択するだけ手間がかかります。

右クリックより選択をマウスから戻るも進むをも1クリックで!

2017年からはマウスを3つボタンマウスから5つ以上へグレードアップしてみませんか?

3つボタンのマウスでは避けて通れない選択が1つ省くことができ、病み付きになるくらいとても快適なんです。

画面の操作も3つボタンマウスの場合は右クリックして戻るを選ぶとか、キーボードのバックスペースキーを押して戻ることができます。

(キーボードこそ最速というユーザーさんなら進むも戻るもALTキーとカーソルキーの←と→キーの組み合わせでしょうか?)

MA-WBL26BKR:サンワサプライ製マウスの実物を例にレビューしてみます

今回はPCパーツ担当が入手した1,500円程度の格安な5つボタン+1ボタンの6ボタンマウスのレビューをしたいと思います。

読んでくださる方のマウスの操作の向上に何かお役に立ちたいと3つボタンマウスではないマウスの快適さをレポートしましょう。

サンワサプライの5つボタン+ダブルクリックボタン搭載の2.4GHz USB接続のワイヤレスマウスと3つボタンワイヤレスとの比較画像

サンワサプライの5つボタン+ダブルクリックボタン搭載の2.4GHz USB接続のワイヤレスマウスと3つボタンワイヤレスとの比較画像

画像の奥に見えるのが3つボタンマウスの様子です。東芝のダイナブックに標準で付属したワイヤレスマウスです。

USBのドングルをつけて、通信します。

同じくUSBのTypeAという標準サイズのドングルを使う手前のサンワサプライの6つボタンマウスの様子です。

単四乾電池×2本を使います。軽量68gです。

繰り返し充電の可能なエネループで担当は利用しています。

サンワサプライ ワイヤレスマウス ブルーLED ブラック MA-WBL26シリーズの黒を入手します。

カラー ブラックなど6色、グリーンが高値
インターフェース USB HID仕様バージョン1.1準拠

※USB3.0/2.0でも利用できる

分解能 1600・800カウント/インチ
読み取り方式 ブルーLED光学センサー方式
ボタン
  • 2ボタン、2サイドボタン、
  • ダブルクリックボタン、
  • ホイール(スクロール)ボタン、
  • カウント切替えボタン
電池性能* 連続作動時間/約240時間
連続待機時間/約6000時間
使用可能日数/最大約3.5ヶ月間
サイズ マウス/

W57×D98×H37mm
超小型レシーバー/

W15×D17.5×H6mm

重量 マウス/68g(電池含まず)
超小型レシーバー/1.5g

 

クリック1つでダブルクリックも可能なボタンのワイヤレスマウス

アマゾンでは1,500円程度で販売されています。

 サンワサプライのメーカー製品サイト:MA-WBL26BKへのリンク

*※一日8時間パソコンを使用中に、マウス操作を25%程度行う場合のテスト結果です。(アルカリ単四乾電池使用時)
※サンワサプライ社内テスト値であり、参考値として。

  • コネクタ形状USBコネクタ(Aタイプ)ワイヤレス方式
  • 2.4GHz RF電波方式
  • AUTO LINK(32チャンネル×2の24乗ID)
  • 通信範囲木製机(非磁性体)/半径約10m
    スチール机(磁性体)/半径約2m

More →

エプソンPMA890等プリンター複合機のインク切れ時でも、Windows標準アプリでスキャナーを利用する方法とは?!

エプソンPMA890等プリンター複合機のインク切れ時でも、Windows標準アプリでスキャナーを利用する方法とは?!

インクジェット複合機プリンターでエプソンより:2005年10月発売されたPMA890を使っている最中でインク不足表示している様子

インクジェット複合機プリンターでエプソンより:2005年10月発売されたPMA890

印刷用インクがなくてもパソコンからはスキャンできる複合機の強み

Windows10のWindowsアクセサリーよりFAXとスキャナーを呼び出すと正常に読み取りができた。

Windows10のWindowsアクセサリーよりWindows FAXとスキンを呼び出すと正常に読み取りができた画面です。

古いXP時代のPCを再生したい*と編集部で検討された頃の参考になった特集雑誌/日経BP刊をスキャナーにかけた様子です。)

プリンター複合機でインクが1本でもないと動作ができなくなるような印象プリンター複合機でインクが1本でもないと動作ができなくなるような印象

プリンター複合機でインクが1本でもないと動作ができなくなるような印象です。

オールインワンのプリンター複合機はインクが切れると全て停止する?

上記の様子を見て、今回の検証したPMA890は本体のみでは動作ができなくなるような印象と想像していたのです。

(メーカーによっては本気でプリンターが正常に動作しないとスキャナーまで操作不能にしたような製品を世に出したことがあるようです。

そして、そのような困った製品なのかどうかは買った後で実は分かったりします。さらにその抜け穴もあるようです。

一例としてはデバイスドライバーを入れたパソコンに接続しOSで標準で使えるアプリを活用

複合機そのものはこれ以上、コピーしたりスキャナー機能からSDカードへ転送するなどの機能は停まるのは無理もないでしょう。

正しく使ってもらいたいメーカーの気持ちからするとすぐにでも新しいインクを補充してジャンジャン印刷してもらいたいところでしょうね。

身近に家庭用のFAX機能のある電話を使っている家庭もまだまだあると思います。

仮にもしそのFAXだけが使えくなったとして、電話としてまだ使えるならすぐに買い替えるか少し考えると思います。

 

デバイスドライバーのインストールに入れている途中。 USB接続に場合

デバイスドライバーのインストールに入れている途中。
USB接続に場合

デバイスドライバーは正常に動いていますか?

最新のOSの標準機能を利用することでx年前のメーカー純正のアプリよりも手っ取り早く解決できるパターン

メーカーも盛り上げようと古いプリンターから新製品に乗り換えるこの時期にあえて88ちゃんねるでは独自に検証してみました。

Windows7の時には正常に動作して、Windows10にアップロードした後でいろいろと不具合が出る。

仕方がない、Windows10対応の新品を買おうというのが自然な発想かもしれません。

後で述べますように、エプソンからダウンロードしてスキャナーのドライバーを入れてUSBから接続しても実は機能してくれませんでした。

プリンターなどでUSB接続して機能させるためにいつもすぐにできない壁になるデバイスドライバーの問題です。

(デバイスドライバーと聞いただけで得たいのしれない訳の分からない言葉とお感じになった方は末尾のご参考リンクなどをお読みください。)

Windows7からWindows10にアップグレードした後のデバイスドライバーの不具合を解消する

例えばWindows 10対応EPSON Scan(スキャナードライバー)のインストール方法の手順など、プリンターのメーカーサポートページではWindows7から10にアップグレードしたときのためにダウンロードできるWebサイトを用意しています。

キャノン、エプソン、ブラザー、HPなど思いつくままメーカーを並べてみました。

お持ちのプリンターの型番+Windows10+スキャナードライバーで検索すると効率的に見つかるでしょう。

エプソンの純正アプリがWindows10で正常に動作は得られなかった画面表示

エプソンの純正アプリがWindows10で正常に動作は得られなかった画面表示の例

 10年以上前の発売されながらもプリンター機能の他に写真フィルムのスキャンができるプリンター

PMA890はそれだけでも価値のある複合機プリンターの1つといえます。

エプソンから発売された当時の高値で売られたプリンターを編集部内に持ち込み検証してみました。

かつて中古で購入したとしても2万5千円から3万弱で売られているというデータもあるようです。

写真フィルムを今どのようにデジタル化するのか探している人には貴重なモデルとなるのかもしれません。

 

Windows10の場合、スキャナーというカタカナのアイコンの場合もあります。

Windows10の場合、スキャナーというカタカナのアイコンの場合もあります。

といいつつも、Windowsに標準的に使えるFAXとスキャンというアクセサリーのアプリを使うことでまだ使える余地もありそうです。

パソコンを使わず利用できるプリンタ複合機への買い換え悪くありません

 

デバイスドライバーのインストールに失敗した様子 USB接続に場合

デバイスドライバーのインストールに失敗した様子
USB接続に場合

強調するようにメーカー純正のデバイスドライバーさえきちんと対応が取れていることが大前提となります。

デバイスドライバーはメーカー純正で入れます。

スキャナーアプリは標準でWindowsについてくるアプリも活用次第ということです。今回の利用法としてUSB接続について限ってのみ特集しています。

もっともネットワーク経由で印刷するにも、デバイスドライバーのインストール抜きで手間なしらくらくというわけにはいかないようです。

Windows10や7の標準のデバイスドライバーが正しく対応してセットアップされる場合はこのような手間はかかりません。

(通常はメーカーの推奨するデバイスドライバーをあてます。)

Windows7の場合の標準のスキャナーアプリの様子

Windows7の場合の標準のスキャナーアプリの様子

Windows7の場合は古い時期に販売されたプリンターも買った当時のCD-ROMなどで間に合うケースもあるでしょう。

一度に全てプリンターメーカーの標準的なセットアップをしたまま使える確率はWindows10の場合と比較したら高いと思います。

Windows10にアップグレードした後で不具合が起きる場合も多いのです。

(プリンターのメーカーさんもMicrosoftのWindowsがどのように改良されるのか予想しきれない場合が多くて泣かされることが多いように…。)

Windows7のままがよくパソコンショップなどで貴重なモデルとしてよく売られることに象徴されます。

Microsoft社が十分に説明してくれないことからプリンターのメーカーさんも対応にかなり困ります。

このように特集で試したPMA890のように2005年当時まだXPが最先端だった頃のプリンターが今もなお現役で活用できるのです。

2016年のWindowsのバージョンで動く事そのものがスゴイと担当は興奮します。

Windows98やUSB1.1で利用する時代でした。思えば遠くへ来たもんだと担当がつぶやくのです。

 

Windows7でWindowsのキーを押すとすぐにFAXとスキャナーのアイコンから使えますね。

Windows7でWindowsのキーを押すとすぐにFAXとスキャナーのアイコンから使えますね。

今回スキャナーを使うために試した2005年当時ではWindows7はまだ存在すらしていません。(2009年~)

実際にWindows7のためのエプソンのスキャナードライバーをCD-ROMから入れました。

スキャナーのメーカー純正アプリでまごつきます。それでもWindows7の標準アプリのWindows Faxとスキャンを使うことで活躍できる余地がありました。

 

プリンター複合機を1万円以下で買う人3万円クラスを狙うのも使い方次第

複合機のプリンターも買い替えるまで使い倒すのが難しいのはインクの交換コストがあまりにも割に合わない気がするからですね。

コピー機能もあるので、コンビニまで出かけて10円払うよりも自宅でできる方がお手軽です。

それでも年賀状にも使いたいとか、町内会やPTAで配るために印刷したい場面でてくるとスキャナーとして使う場面はあまりありません。

スキャナーはスキャナー専用機を買う方が専門的に機能や使い勝手がよくなるように工夫されています。 More →

これがEDID絡みということ?Windows10で解像度の設定を最低にしたら急にサインアウト!推奨解像度の表示すら消えるトラブル

これがEDID絡みということ?Windows10で解像度の設定を最低にしたら急にサインアウト!推奨解像度の表示すら消えるトラブル

最低解像度の800x600にします。

最低解像度にします。

Windows10の解像度を下げたらいきなりサインアウトした

全くこういったトラブルを予想できませんでした。時間が余って困りますという方、お試しになってみてください。

たぶんトラブルの再現は保証できないかと。

(編集部内の古いパソコンのグラフィック性能が主原因でEDIDのトラブルと直接つながっていなかったとしてもそこは笑って許してください…。)

大画面液晶テレビとパソコンをつないで面倒が起きるわけだ

EDIDという存在が身近に感じたトラブル

Extended Display Identification Dataを略してEDIDと呼ぶそうです。

バイアグラとは無関係ありません。

パソコンのディスプレイから映像端子を通し映像ケーブルからパソコンとのやりとりをするために関わる識別信号のデータかと。

SSIDという用語を特集したことがありました。これはWi-Fiで接続する際につかうための識別信号になります。

(大雑把な理解でしたね。お許しのほど!)

どうして液晶テレビとパソコン専用モニターを足して割ったような良い製品はないものかと担当が悩んでおりました。

ちょっと気分転換に設定をいじって遊ぼうとしたんですね。

ためしに最低の解像度にしたら突然画面がサインアウトします。

よくXP時代でおなじみのSafeモードのようになりました。なぜサインアウトするのか担当は少し戸惑いました。

軽い気持ちでまた最高解像度に直せばよいだけと思うと設定画面には推奨解像度の文字が見えません。

解像度をいじっているうちに、逆に細かすぎて読みづらい解像度になって自滅した様子

解像度をいじっているうちに、逆に細かすぎて読みづらい解像度になって自滅しました。

最高解像度の設定がむしろ使いづらい

変な薄れた文字になり、細かすぎる解像度で小さくて担当は困ります。

これは、液晶テレビにパソコンをつないでムリな高解像度にした時と重なりました。

おかしいとおもい、ディスプレイアダプターの様子を確認します。

パソコン本体が解像度をいじっているうちにモニターの情報など不明になっている画面表示

Windows10が推奨している解像度を無視していたら、画面が乱れたのはこのせいですか?

利用不可の表示がずらり並びます。

  • チップの種類
  • DACの種類
  • アダプターの文字列
  • BIOS情報

アダプターがMicrosoftの標準なのも気になります。Windows10が勝手に本来モニタ専用のドライバーを無視したような不安に包まれました。

無事、Windows10が本来のモニターの設定を取り戻した様子です。

無事、Windows10が本来のモニターの設定を取り戻した様子です。

<利用不可>という表示が一気に消えました。今回は再起動するだけで元通りです。

人騒がせなもんです。

大画面テレビにHDMIケーブルをつなぐだけに終わらない悩み

担当は解像度が1366×768の液晶パネル搭載の32型のテレビに対して、1280×720が推奨だとWindows10が求めてもいないのに表示をする今日このごろです。

非常にやめて欲しいと思います。

しかし、テレビにはドットバイドットという設定やPCモードなど様々な設定項目があります。

さらにフルHDの液晶パネルで1920×1080の解像度の持つテレビも32型未満でも増えているようです。ヘビーなゲーマーでキビキビ感を求める場合はさておき。

十分パソコンの細かい作業もテレビでもできると思った矢先のことでした。

これらでEDIDなどでパソコンとのズレや相性問題などが起きると今回のトラブル以上酷い目にあう覚悟を固めた次第です。

More →

PCスピーカー Z120BWがAmazonベストセラー第1位、ロジクールではアウトレット品に販売終了後新製品は?

PCスピーカー Z120BWがAmazonベストセラー第1位、ロジクールではアウトレット品に販売終了後新製品は?

Amazonでベストセラー1位のPCスピーカーはメーカー直販では半額の見切り価格状態にロジクールのZ120BWの様子

Amazonでベストセラー1位のPCスピーカーはメーカー直販では半額の見切り価格状態に

(画像はロジクールのアウトレットストア、Amazon内の商品ページよりリンクは記事内にあります。)

AmazonではZ120BWが税込で1,466円となっています。(送料がかからないプライム会員価格にて) 

限りなくおもちゃのようなみかけとお値段と作りなのです。それを吹き飛ばすかのようにしぶとく?人気が続くPCスピーカーです。

もっともこの値段で2年のメーカー保証がついています。

もっとも製品情報ページからロジクールはPCスピーカーのページよりZ120BWを外しているようです。

このZ120BWは、2011年よりロジクールが発売したスピーカーなので、むしろロングヒット商品としてお化けスピーカーだったともいえます。

PCモニターで音質が良くなくて当然のようです

モニターからのHDMIでいい音が出ないにせよ格安でそこそこ良い音を

Z120BWは純粋なUSBスピーカーとしてパソコン内部からのデジタル信号をもらって音にするスピーカーではありません。

USBバスパワー駆動のヘッドフォン端子から音を取るスピーカーです。

下の取説画像では予め巻かれた状態の片側スピーカーコード(80cm)を自分の希望の位置のために巻き取って調整する様子がイラストになっています。

正面から見て右側のスピーカーから音量を調節します。

Z120BWの接続方法の図解画像

接続方法の様子
http://www.logitech.com/assets/42351/3/z120-quick-start-guide.pdfより

これがパソコン内部のノイズごとUSB端子に混ざり、無音のはずがサーっというような気持ちの悪い音が出てしまうともいいます。

これは、スマートフォンなどの家庭用のコンセントからUSBの充電端子用のコネクターから直接取ると改善されるそうです。

 

 

ロジクールの直販サイトのロジクールオンラインストアより確認されたもので半額商品で、1人3個まで。。

ロジクールの直販サイトのロジクールオンラインストアより確認されたもの。

LogitechのZ120BWは生産完了完売に?

ロジクールらしいのはそれでも2年の保証を付けますと公言している点でしょう。

(サイトに製造番号などでユーザー登録する必要があるようです。)

1m以内で細かい字などとニラメッコしながら作業するPCモニターと大画面テレビは本来1台2役するとムリが出ます。

ただ、リビングの大型テレビでPS3を友達や恋人と一緒に遊びたいという場合はHDMI端子がとても重宝します。

せっかく映像と音声を同時に転送できるHDMI端子です。

今回のPCスピーカーZ120BWはこの端子とは全く違います。単なるヘッドフォン端子です。

製品名 (日本語) ロジクール ステレオ スピーカー Z120
型番 Z120BW
JANコード 4943765035916
価格 オープンプライス
ロジクールオンラインストア価格 1,480円(税込)
発売日 2011年6月24日
保証期間 2年間
スピーカータイプ
(2.0/2.1/5.1/2.0chバータイプ)
2.0ch
ブラック&ホワイト
サテライトユニット サテライトサイズ
(幅x奥行x高さ)  (mm)
88 x 90 x 110
サテライト重量 (g) 248(片チャンネル)
ドライバーサイズ(mm) 50mm
インピーダンス (Ω) 12
防磁設計 対応
ケーブル長 (cm) 電源ケーブル 120(USBケーブル)
オーディオ入力ケーブル 120
スピーカー間ケーブル 80
インターフェース 入力 3.5mmステレオミニプラグ
コントロール 電源オン・オフ/音量調節
総合最大出力 (PEAK) 2.0W
総合RMS出力 (定格出力) 1.2W(0.6W + 0.6W)
周波数特性 140Hz – 18kHz
電源 (内蔵電源/外部電源/USB/電池) USB
システム要件 Windows®、Mac、iPod、MP3*
全スピーカーシステム重量
(ケーブル等含む) (g)
520

ロジクール、コンセントを使用しないアクティブスピーカー2機種(Z120BW、Z110BW)を発売

電源はパソコンのUSBポートを使用 2011年6月13日 株式会社ロジクールのプレスリリースより作成

高解像度に対応するパソコンモニターはテレビに劣る音質

エントリーモデルではなく、もう少し上のモデルだったり、プロの業務用のPCモニターにUSBハブがついている場合があります。

パソコンからモニターをつなげるついでにUSB経由で高音質なスピーカーをつなげるとしましょう。

ほぼどのモニターでも残念な音だというPCモニターの悩みからはひとまず問題解決です。

PCモニターでもHDMI端子のメリットを活かしたスピーカーにクオリティを上げてもらえたらと願うユーザーも数少なくないはずです。

しかし、モニターの本来の映像の性能の向上はすごいスピードで向上していきます。

贅沢な願いかもしれません。

音に対してもう少しクオリティの上がったPCモニターを発表してもらいたいのです。

かつてのONKYOスピーカー内蔵モニターのような製品があっただけに。(それでもしょぼい音という人もいたようですが…。)

 

こちらはUSBから信号を取るPCスピーカー。

こちらはUSBから信号を取るPCスピーカー。

2016年にオーディオビジュアルアワードVGPで2015年より連続受賞しています。

2010年に発売され、価格.comでもPCスピーカー部門でプロダクトアワードの銅賞を受賞をしています。

 似たようなフォルムでも価格はAmazonで6,000円程

USBバスパワー駆動で音声も直結するPCスピーカー

olasonic社のola_tw7_8

https://www.olasonic.jp/usbspeaker/tws7w.htmlより

チープで、片側のスピーカーが聞こえなくなるというような心配がロジクール製品にはあるようなレビューが見つかりました。

似たようなスピーカーですが、比較してみる価値はあると思います。

More →

VX2573-shw/ViewSonicはMacユーザーに受けの良いPCモニタ?25画面で細かい作業もPS3もHDMI端子2つでこの価格!

VX2573-shw/ViewSonicはMacユーザーに受けの良いPCモニタ?25画面で細かい作業もPS3もHDMI端子2つでこの価格!

ViewSonic社より、VX2573-shw の製品情報サイトのイメージ画像

ViewSonic社より、VX2573-shw の製品情報サイトより

Macによく似合うPS3もバランスよく表示すると人気のPC大画面モニター

目に優しいViewSonicのフリッカーフリー技術採用ViewSonicのVX-2573-shw

チラツキがないことで、画面をじっと見つめても疲れが少ないように工夫されている様子。

サイト同上より
チラツキがないことで、画面をじっと見つめても疲れが少ないように工夫されている様子。

テレビの目の前でより25インチのパソコン専用モニターで

1920×1080 (フルーHD)対応でゲーミングではライトユーザーとパソコン作業を同時に

50インチや32インチのリビングテレビでは画面そのものは大きく迫力があります。

離れて明るいところでくつろぐものです。光沢感のある表面で見た目美しいものです。

一方で、iMacやMacBookなどのデザインやCADなどの製図などなど細かい画像で作業する場合はモニター画面と目は接近します。

光沢のある/グレア液晶はふさわしくないものです。そのためにノングレアの処理されているノートパソコンは仕事には向いています。

画面の一粒≒ピクセル単位で作業する際に大画面テレビをパソコン用のモニターにすると無理が生じてしまいます。

 

ごく僅かな瞬間にパソコン画面にはついたり消えたりしているチラツキが生じる様子と解決された様子

フリッカーフリーの説明図
http://ap.viewsonic.com/jp/products/lcd/flicker-free/より

多くのディスプレイのリフレッシュレートは人間の目が知覚できる以上の速さでオンオフします。(画像左側)

ディスプレイの画面にチラツキを感じていないようで、実は眼精疲労の原因になります。

増やすだけでもチラツキは少ないようですが、目に優しくありません。(画像中央)

これに対してViewSonic社のモニターはチラツキをなくすよう改善します。(画像右側)

コスパの高いViewSonicのPCモニター

ワールド仕様の製品のためセッティングなどは手間取りがち

国内メーカーであれば、日本語がしっかりわかりやすく説明する工夫があって当然でしょう。

ViewSonicのモニターは代理店からの輸入のために、安すぎる商品でまがい物をつかむことのないように気をつけたいですね。

もちろん正規品であったとしても、直訳された文書を読みながら何が書いてあるか分かりづらいので、日本人向けの仕様になりきっていないような印象です。

付属のお皿からPDFファイル上より取り扱い説明書を読むのに手間取りそうです。

 

番組を見ないテレビよりPC専用モニタで25インチ、約2万5千円

Mac mini他Apple製品とのデザイン・外観がよくマッチします。

それでも長時間のパソコン作業で疲れが軽減されているようだと好評なレビューが目立ちます。

質感が似ていてトータルコーディネートの演出にもオススメです。

ブルーライトの削減機能や電磁波防止などにも力を入れている製品で、カラダへのいたわりが随所に見られます。

そのような配慮は歓迎したいですね。

 

HDMI端子を2つ備えたパソコン用モニター/ディスプレイをこの際主役にしたい

自作パソコンで高価なパーツを組み合わせグラフィックボードもCPUの値段以上になるくらい奥の深いゲーミングマシン。

今回はそこまでヘビーなゲーマーさんではなく、仕事にもゲームにも両方1台のディスプレイさえあればテレビは要らないというトピックです。

ブルーライト軽減の機能を備えています。効果の体感に個人差が出やすいでしょう。

あまりブルーライト対策をすると黄色みの強い画面になるのは色の原理上やむを得ないのでしぼり過ぎで不自然な色合いになる手前が良いですね。

2014年12月に発売されたDELLの4K対応モニター。 24インチでおよそ5万円です。

デル24型ウルトラHD 4Kモニタ – P2415Q購入サイトより
2014年12月に発売されたDELLの4K対応モニター。
24インチでおよそ5万円です。

最新の家庭用ゲーム機が4Kに合わせたい場合

2016年11月発売予定とされるPS4の Pro ジェット・ブラック 1TBのAV端子を調べてみましょう。

映像出力がHDMI出力端子(4K/HDR出力対応)や音声出力は光デジタル出力端子だそうです。

ただし、4Kの解像度を持ちHDMI端子が2つあるモニターにこだわりたくなるのも人情というものです。

そのような場合は、例えば上の紹介されているようなモニターを探した方がよいでしょう。

 

23インチほどの画面サイズでHDMI端子が2つ用意しているモデルも他社含め多くあります。

ViewSonic 23インチ IPS液晶 VX2363SmhlもHDMI端子を2つあります。もちろんお安く2万円未満です。

今までのリビングTVに大画面でパソコンの画面をという提案にも新鮮味が薄れてきました。

そこでパソコンのモニターをブルーレイ・ハードディスクレコーダーのHDMI端子の出力先として使えないか?

そのためにチューナー内蔵のレコーダーなどでテレビは特に必要ないのなら25インチほどであれば迫力が足りなくなることもないだろう。

そのような試みで特集を組んで見ました。

 

話は脱線します。88ちゃんねるでの作業の内輪話になります。実際に利用するモニターは21インチクラスで十分です。担当の部下さんは17インチ以下の画面で我慢させます。

しかし、ゲーミング用途として利用したいとなると27インチ以上大きな画面サイズでないと物足りない場合も当然あります。

HDMI端子が2つあることで、ゲーム機とパソコンからHDMIケーブルで映像と音声を両方同時にモニターに送り、スイッチ1つで切り替えができます。

HDMIケーブルはほぼどのパソコンにもあります。USBメモリスティック型の小さなパソコンでもHDMI端子を外部映像出力として使うほどです。

 

やはりパソコンにはパソコン専用のモニター

スマートフォンからWebサイトにSNS投稿などで素敵な写真を投稿したい場合はテレビでは疲れます。

仕事で細かい画像編集やアプリなどのプログラミングもリビングテレビでもしたいとも思えません。

リビングパソコンはリビングパソコンなりの使い方があります。

そうではなく、パソコンに集中して取り組めて、時に休む時にはゲーム機も含めた映像家電も楽しめた方が休めるような気がします。

デザインで写真や画面の作業する人も時にはゲーム機リラックス

HDMI端子が2つあるパソコンモニターを

25インチの画面サイズだからこそテレビは見ないけれどゲーム機とも同時にパソコンとつなげることができるモニターとして魅力があるように思います。

HDMI端子で画像と音声を一緒に出せます。ただし2wのステレオスピーカーです。この点では大画面テレビの音質には到底かなわないはずです。

音楽を聴くのはノートパソコン内蔵の音の方が良かったりしかねませんね。

PCスピーカー Z120BWがAmazonベストセラー第1位、ロジクールではアウトレット品に販売終了後新製品は?

せっかく良い映像でパソコン作業するならスッキリまとまったモニターで高音質を楽しみたいところ。

例えばYoutubeで音楽を良い音で聞きたい場合や、映画館のような包まれるような迫力でゲーム機で遊ぶ場合ですね。

例え2,000円未満のPC用のスピーカーなど足すとテレビよりも物足りない不満が減ります。

モニター一体型スピーカーは残念な音質が多い傾向

どっこい、モニターに派手なスピーカーなどつけるコストも見た目も損なうという事情があるんでしょう。

ゲーミング専用のPCモニターにあっても高音質のスピーカーは付属されない傾向が強いのが担当としては口惜しい。

デスクトップパソコンにせよPS3にせよ、PCモニター付属のスピーカーはやはりオマケの域を超えてないレビューが多数。

モノを増やしてわずらわしい思いをしたくないなら我慢したり、Bluetoothスピーカーなどで妥協することもできますね。

万単位でお金をかければハイレゾ音源だって専用のPCオーディオだって可能です。結局モノは増えてしまいます。

More →

SoudPEATSのBluetoothイヤフォンQY8と、Amazonランキング第1位のQCYの同名型番QY8とで比較考察してみる。

SoudPEATSのBluetoothイヤフォンQY8と、Amazonランキング第1位のQCYの同名型番QY8とで比較考察してみる。

016年上半期のイヤフォンランキングでBluetoothイヤフォンのQY8が第1位に 

2016年上半期のイヤフォンランキングでBluetoothイヤフォンのQY8が第1位にhttp://head-bank.com/amazon-201606-ranking/より

QCY QY8がAmazon上半期イヤホン大賞!

今やレビュー数が1,000以上という支持を集め第1位を勝ち取ったCSY社のQY8が人気です。価格も2,680円とずいぶん値ごろ感が出ています。

それに負けじと、SoundPeats社のQY8が 2,580円の価格で追いつこうとしています。

星3.8に対して、星4.1のSoundPEATS社のQY8を中心に特集し、後にQCYの同モデル名との比較をしてみたいと思います。

編集部も違うブランドで同じQY8というモデル名、性能に違いが見つけにくい(実はなし?)ことで取材中に頭が混乱しました。ご覧いただいた後で商品選びの参考になれば幸いです。

SoundPEATS QY8

SoundPEATS社のQY8の頼もしいところ、取説が英語でもサイトをみながらが操作が確認できます。

SoundPEATS社のQY8の頼もしいところ、取説が英語でもサイトをみながらが操作が確認できます。(Amazon内より

SoundPEATS(サウンドピーツ) QY8 Bluetooth イヤホン 【メーカーSoundPEATS(サウンドピーツ)直販/1年保証付】 apt-Xコーデック採用 イヤホン 高音質 防水 防滴 ランニング中でも耳から外れにくい スポーツ仕様 ワイヤレスイヤホン ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 (ブラック)

充電中は右側ボタンの赤LEDが点灯し完了すると青色に、再生中・通話中は青色でフラッシュします。

音声案内により、「ペアリングができた。ペアリングを解除した。」このような大切な接続と切断が耳で確認できるのがQY8の長所です。

Bluetoothアダプターからの受信圏内から外れましたバッテリーが低下していますとの音声をお知らせしてくれるのはとても分かりやすいですね。

女性からの音声案内は、ピーピーというような信号音のなり方の種類と本体のLEDで判断するのに比べると安心して使えるとの評判がいいとの声もあります。

直販価格は2,580円です。

Amazon日本内QY8SoundPEATS社内の利用イメージ

Amazon日本内QY8SoundPEATS社内の利用イメージ

スペック

  • 防汗性、耐性のあるデザインと設計。コンパクトなデザイン。マイク内蔵 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載。
  • ハイファイステレオミュージック、クリアな音声通話、CDクオリティのステレオサウンドをお楽しみいただける
  • スポーツ仕様のため、ランニング時など動きながらも音楽をお楽しみいただける。対応機種】iPhone6s/iPhone6s Plus/iPhone6/iPhone6 Plus//5s/5c/5, iPad, iPod, Samsung Galaxy / Galaxy Note, Sony Xperia、Androidスマホなど、Bluetooth搭載デバイス。
  • バッテリー(目安):待ち受け/175時間、音楽再生・通話/5時間
  • ホワイトノイズを軽減し、ピュアなサウンドを実現することでヘッドフォンの使用による疲労を軽減できる
  •  BLUETOOTH ver 4.1 + EDR / LE 、CSR 8645 チップセット搭載しています。
  • 高速で安定した通信:最大 約10メートルの通信距離
  • マルチポイント対応
  • 同時に、2台のデバイスとペアリンクすることができる。耳に固定するパーツは違いサイズをご用意して置いて、ご自身の耳に最適なものを選択可能。
  • ピュアなサウンドを実現するために、ノイズキャンセルに傾き、優れた音質で、かなり疲労を慰める効果があります。
  • APT-X コーデックに対応: 立体的な音場を再現します。
  • Bluetooth® プロファイル: HFP1.6,HSP1.2,AVRCP1.4,A2DP1.2

返品について”お買い上日より12ヶ月の保証期間がついております。
ご意見等がございましたら、気軽にご連絡ください。製品の改善に活用させて頂きます。(弊社はメーカー直営店で、代理商はありません。ご注意ください)

音質うんぬん

耳の超えたオーディオファンからするとドンシャリサウンドという傾向があります。

いや、普段カジュアルに聞くならこれだけ高低音に迫力があっていいよとも評判がいいことも確かです。

低音にこだわる聴き方をする人は満足しそうともあります。

残念ながらiPhone/iPodなのiOS製品でapt-xに対応しているというニュースを残念ながら耳に届いてきません。通話に使う規格≒コーデックと音楽再生に使うAACという規格がApple社でほどよく統一ができなかったと聞いています。

音飛び等の不具合が起こった場合でも、必ずしもBluetoothイヤフォン側がタコだとは一概に決めつけられません。

なお、ボタンの形状によりQY8とiPhoneとつないだままで誤爆というようなボタンがおされ、相手先へ電話をかけてしまうトラブルに注意が必要だそうです。

XperiaやGALAXYなど高価格帯のスマホや、AndroidOSを使っているポータブルミュージックプレーヤーで聴く場合などにapt-x規格のすごさを体感できるはずです。

さらに、パソコンのBluetoothのレシーバーがapt-xに対応していない場合は互換モードでクオリティは下がってしまいます。

対応しているapt-x規格を満たしている新しいBluetoothレシーバー≒ドングルを用意するのも大切です。

対戦ゲームなどしゃべりっぱなしでゲームを同時に楽しむには今ひとつBluetoothの最新規格でもそれでも追いつけないことも残念ながらあるでしょう。

そういう際にはゲームを楽しむことを第1にしてヘッドセットを直接つなぐ方がやはり確実なんでしょう。

 

SoundPEATS QY8製品紹介画像より付属品の様子

Amazon内のSoundPEATS QY8製品紹介画像より付属品の様子

  • 本体
  • USB充電ケーブル x1 →microUSB端子からUSB(TypeA)端子
  • イヤーピース x6 SMLサイズがそれぞれ左右分2つ
  • イヤーフック x6 落ちないためのフックSMLそれぞれ左右分2つ
  • バックル  コードの長い時にこれで微調整できます。

充電の端子のカバーが硬すぎるために爪を入れても外しにくいデザインは今後改良してもらいたいですね。

More →

USB Type Cアダプタ Micro USB(メス) to Type-Cアダプタ(tronsmart社)1000円未満で Amazonのアクセサリーでランキング1位へ人気殺到!?

USB Type Cアダプタ Micro USB(メス) to Type-Cアダプタ(tronsmart社)1000円未満で Amazonのアクセサリーでランキング1位へ人気殺到!?

USB Type-Cを搭載しているパソコンやiPhone7に使えるように従来のmicroUSB端子を変換するコネクタの画像。Amazonで1位に。

http://www.tronsmart.com/productsから発売されている製品がAmazonで1位を記録している様子

USB(TypeC)コネクターが急速に普及

iPhone7にも採用されるなど、コンパクトコンピューティングの製品の中でmicroUSB端子だんだんと影が薄くなるのは時間の問題です。

そのような中で国内の製品ではなく、海外輸入業者がAmazonへ発送依頼をかけて2つで800円を着る価格で販売し、Amazonでベストランキング1位になっています。

星4.4平均を出し、150件ほどのレビューがつくなか星5は100近いのですから、iPhone7を買うついでに買っておきたいアクセサリーとして魅力があります。

 

いつも使うAndroidスマホやBluetoothヘッドフォンとも電子タバコの端子とも別物のmicroUSB3.0端子です。

Wikipedia内ユニバーサル・シリアル・バスの項目内よりmicroUSB3.0端子の様子
いつも使うAndroidスマホやBluetoothヘッドフォンとも電子タバコの端子とも別物です。

microUSBの3.0端子は2.0とは別物だったとは…

microUSBのケーブルでUSB3.0対応のケーブルはあります。そもそも2.0端子の形状と互換性はありません。

USB(TypeC)コネクターの様子

Universal Serial Bus Type-C Cable and Connector Specification
Revision 1.2 March 25, 2016 技術図解より

今回のUSB(TypeC)コネクターのサイズがmicroUSBコネクタと似ているおかげで、変換コネクタも用意されたのは歓迎したいと思います。

小さなUSBの端子で一番普及していると思われるmicroUSB端子の画像

小さなUSBの端子で一番普及していると思われるmicroUSB端子の画像/Wikipedia内ユニバーサル・シリアル・バスの項目内より

やがて新しいUSB3.0端子の普及するのに合わせ変換コネクタに頼らずに使えるほどアクセサリーパーツが充実するようになるはずです。

いつになるかはわかりませんが100均ショップでも買えるようにもなるでしょうね。

転送速度は3.0にならないまま

上の図がポータブルハードディスクで高速転送を実現するUSB3.0のmicroUSB端子です。3.0端子に変換コネクタが用意されるならGbpsクラスの転送速度になるとばかり勘違いしていました。

最大5~10Gbpsの転送速度を実現するUSB3.0のmicroUSB端子も2.0と上位互換しているとばかり勘違いしていたのです。

これでUSB2.0の最大転送速度480Mbpsにとどまることがわかります。(*1)

バックアップや同期の際に大きなサイズのデータの移動では3.0純正のケーブルで転送した方がストレスがかかりません。

2つ入りなので、家庭用と移動用など単品で購入するよりも、なくしたスペアとしても嬉しいですね。

USB Type-Cケーブル給電規格の技術仕様を満たしているそうです。

充電: 従来のモバイルバッテリーやUSB急速充電器から、新しいMacBookやChromeBook PixelなどのUSB-C機器対応へ充電のためなら過渡期のために従来のmicroUSBケーブルの使いまわしとしては実用レベルを満たしてくれることに期待できそうです。

 

メーカーサイトよりmicroUSBからTypeCへの変換コネクタの様子

http://www.tronsmart.com/products/tronsmart-ctmfj-metallic-type-c-male-to-micro-b-female-2.0-adapterより メーカーサイトより

メーカーのtronsmart社に

公式サイトついては、http://www.tronsmart.com/をどうぞ。

所在地 中国深セン市

  • A3 Building HeKan Industrial Area WuHe Bantian Street LongGang District Shenzhen, China.
  • Phone numbers
    +86-755-23603740
  • Business Development Cooperation
    marketing@tronsmart.com

(例えば国内メーカーのパーツの一部がここで作られたり、スマートフォンのZTE社、Huawei社がこの都市抜きに語れない地域でもあります。)

現地でのパッケージの様子です。

現地でのパッケージの様子です。メーカーサイトより

Apple認証変換アダプタ 2014-01-22

Appleが未認証のLightning変換コネクタ

編集部員の2人に1人は買っていたLightning変換コネクターはかつて非正規品で500円未満で売られたものでした。

ちゃんと使えればApple社の認証なしでもなんとかなるやと思いきや、最近これは正規品ではありませんとの表示も出るまでへたってきました。

今後はApple製品もAndroid製品もWindows製品も共通でUSB(TypeC)コネクターを使いまわすことになるはずです。

iPhoneだからAppleから認証されたUSB(TypeC)コネクターというような独占販売が難しくなるでしょう。

ただし、粗悪なケーブルが断線したり、発火するおそれもあります。あまりに安い製品には十分利用には慎重にいきたいですね。

なので今回Amazonでベストランキングになっているコネクタの製品情報にもプラグ内に56kΩの抵抗精度があるとアピールし安全面で明記したはずです。

 

今度のUSB端子は表と裏がなくなる。サイズがiPhoneのLightningケーブルに近づき便利さ向上

88ちゃんねるでも、2013年12月6日の時点でUSB(TypeC)コネクターの登場を特集して以来、Lightning端子に追いつく規格として注目を続けています。

新MacBook噂のUSB Type-C端子のみで話題!外付け変換アダプタは必須?!

今までの商品で目立っていたのが普及している標準サイズへの変換コネクタやケーブル、4個ぐらいつなげるUSBハブです。

TypeAのために使いまわしも効きます。同じサイズのTypeCの青いコネクターであればTypeC専用の端子どうしでも表と裏が分かれているような端子でした。

しかし、今後コンパクトにまとまったUSB(TypeC)コネクターが普及から後戻りできません。

iPhone7にも採用された入れる方向でイラつくこともなく転送速度、充電にかける時間がとてもスピーディーになります。

USB TypeC 3.1端子についての対応製品はこれまでの製品との互換性をしばらく保ちつつ、やがて1本化していくことが十分見えてきます。 More →

USBメモリをフォーマットした後なのに初期化がうまくできない場合や空き容量が本来よりも小さい場合の対処法Tips

USBメモリをフォーマットした後なのに初期化がうまくできない場合や空き容量が本来よりも小さい場合の対処法Tips

8GBのUSBメモリの空き容量が724MBしかない。使っているのも88KBしかない。残りはどこへいった様子

8GBのUSBメモリの空き容量が724MBしかない。使っているのも88KBしかない。残りはどこへいったんでしょうか?

多く種類のあるLinux系のOSやRemixOSなどをUSBメモリを使ってインストールする方は多いと思います。

ところが、Windows上でUSBメモリのフォーマットをしても買ったサイズの足元にも及ばないサイズしか空きがないことにも出くわすのです。

isoファイル形式でOSを準備した場合について88ちゃんねるでのやりかたをご紹介したいと思います。

Windowsからフォーマットしてみます。しかし、正しく動作しません。

Windowsからフォーマットしてみます。しかし、正しく動作しません。

 

起動用に使った後のUSBメモリの本来のデータサイズを取り戻す

Remix OSのインストールディスクをUSBメモリを一度普通のデータのやり取り用に戻そうとします。

残りの空きサイズが724MBしかないと表示されます。8GBなのにCD1枚分弱しか保存ができません。

筆者はまずWindows上で、フォーマットをかければ正しいサイズがでるはずだとやってみました。

怪しいことにWindowsでは不明な容量と表示しています。8GBなんだからどうして8GBと出さないのでしょうか?

USBメモリで超小型、高速な3.0対応のPQIのi-miniはたった約23g。旧型ノートでLinux等で活用するために重宝しそう?!(1)

せっかく8GBのサイズなのですからちゃんと8GB本来の空きサイズまで戻しましょう。

diskpartコマンドで中身を完全に初期化する様子

diskpartコマンドで中身を完全に初期化します。

間違うとWindowsまで真っ白になるので慎重にdiskpartコマンドを利用します。

画面はWindows10上の様子です。Windows7の場合はコマンドプロンプト上からdiskpartの命令が使えます。

Windows10ではdiskpart専用の画面が現れます。

この画面はハードディスクからSSDへ換装して失敗し、SSDに余分なデータが残っている時にも使えます。

list diskを打ち込みましょう。

  • ディスク0:空きサイズ111GB
  • ディスク1:空きサイズ7835MB

このように表示されました。ディスク0を選ぶと筆者のWindowsがインストールされているSSDが真っ白になります。

昔でいうフォーマットC:¥という悪夢のようなやり方です。

8GBのUSBメモリはディスク1ということがはっきりしました。

そこで、select[+半角スペース]+ [disk]+[半角スペース]+[1]と初期化するドライブを指定します。

select disk 1のようにです。(Windows10のコマンドプロンプトはコピペができるようです。応用できますね。)

コマンドプロンプトからcleanと打ち込みましょう。

コマンドプロンプトからcleanと打ち込みましょう。

正しくUSBメモリを選択したのを確認します。

listdiskコマンドをもう一度打つと、選択されているドライブの方に*が付きます。

USBメモリメモリですから空きサイズがMBで表示されているはずです。

Windows上のドライブを誤って選択していないか再度見直しましょう。

ここで、cleanと入力するだけです。画面からはDiskpartはディスクを正常にクリーンな状態にしましたと返してきます。

これで、Windowsから正しく8GBなら8GB、4GBなら4GBの空きサイズにまで戻ります。

(Windowsで表示されるサイズは少しだけ小さくなります。)

初期化したUSBメモリはそのままではWindows上で使えません

Windowsシステムツールから管理→記憶域を選んだ様子。

Windowsシステムツールからコンピューターの管理より→記憶域を選びます。

コンピューターの管理から記憶域を選ぶと、先ほどのUSBメモリが正しく認識されていません。

未割り当てという不明なボリュームと表示するWindows10の様子。

未割り当てという不明なボリュームと表示するWindows10の様子。

これはWindows上で割当てることで初めてUSBメモリが使えるようになる一步手前の状態です。

システムツールからUSBメモリの初期化後に割り当てる様子

システムツールからUSBメモリの初期化後に割り当てる様子

ファイル・システムはFAT32と画像が出ています。

普通にWindows7以上のパソコンやタブレットとして利用するならばFATよりもNTFSの方が使いやすいでしょう。

(ただ、USBメモリをパソコンの起動メモリとして使う場合はFAT形式が良いとされています。)

まっさらにしたUSBメモリをWindowsでドライブ名をつけてあげないとマイコンピューターから表示されません。

まっさらにしたUSBメモリをWindowsでドライブ名をつけてあげないとマイコンピューターから表示されません。

なぜかこれだけではWindows上のマイコンピューターにドライブが見つからない

上の画面ではUSBメモリをE:ドライブとして指定しています。

このようにドライブ文字がないとUSBメモリがせっかく使える状態の手前に来ているのにエクスプローラーでUSBメモリが見つかりません。

LinuxやRemix OSなどでisoイメージで起動できるUSBメモリを作成後に再び別の用途で使えなくなってしまうような場合の参考になれば幸いです。

編集部で一度作ったRemixOS 2.0のインストール用にUSBメモリを作った後、その後画像や文章などがUSBメモリに保存できなくなったことから特集してみました。

活用できるようなヒントになれば幸いです。

参考リンクなど

remixOSが2.0から3.0に上がりました。今まで使っていたUSBメモリを空にし、新たに3.0のインストール用のUSBメモリを使おうとします。

そこで、今までのような面倒な事情になった次第です。

remixOS 3.0(マシュマロベース)がリリースされたのに伴い旧型ノートパソコン新しく入れようとしたところトラブルが出ます。

RemixOSを超小型USBメモリi-mini3.0対応を活用(2)Linux Mintより楽かもと使うと9年前のレッツノートのCF-R6で応答なしが頻発

RemixOS(3)旧型PCにWindows10上から直接インストールしてみた。年代物のCore2DuoもSSDでならまだ使える?!

UPSで1万未満のバリューモデルCyberPower社Backup BR 550 CP550 JPを試してみる。暑くてクーラーのかけ過ぎ等から停電への切り札?!

UPSで1万未満のバリューモデルCyberPower社Backup BR 550 CP550 JPを試してみる。暑くてクーラーのかけ過ぎ等から停電への切り札?!

実際にブレーカーが飛んでバッテリーが働いた様子

実際にブレーカーが飛んでバッテリーが働いた様子

ブレーカーが飛んだ!パソコン作業が水の泡になるのを防いでくれたUPS:CyberPower社 Backup BR 550 CP550 JP

ブレーカーが飛ぼうとパソコンが数分の間は電源が落ちないありがたさ

編集部内のクーラーのかけすぎでブレーカーが飛びました。何時間も描いた画像やロゴなどのMacのデータがいつもなら嘆きの天使となるところでした。

でも、設置しておいたUPSのおかげで一命をとりとめました。CyberPower社 Backup BR 550 CP550 JPを用意したばかりです。

上のモニター画面では2回との表示があります。1回はテストのための停電2分50秒と、実際に起きた停電が1分25秒UPSで持ちこたえたということです。

UPSをつけていたことで救われるケース

TV番組を録画するブルーレイレコーダーに代表される家電が深夜の落雷やクーラーのつけすぎなどで停電してブレーカーが飛び停電した際のトラブル。

3Dプリンターを1日中使って造形する際に停電してやり直しが効かない時間の節約。(ただし、消費電力は高いので価格は高めでしょう。)

インターネット電話を使うことで停電になった際のつなぎの電気として。(家電製品としてのFAX/電話は停電で送着信できないのが一般的です。)

UPSでは非常電源というイメージで期待される時間単位よりもさらに短く分単位で電気を供給するものです。

一度ブレーカーが落ちてしまうとパソコンで作業していた内容は取り返しがつきません。

  • ブログに投稿しようと思っていた内容をWeb内からアップしようとする途中。
  • オンラインゲームでボスキャラと戦ってもうすぐにアイテムがもらえそうなチャンスの目前。
  • 仕事でデータを加工編集していて上書き保存したり、別の名前で保存しておこうと思った矢先

せめて、1分でも画面上にモニターとパソコンが動いてくれていたら名前をつけて保存することができるでしょう。

オンラインの状態が維持されていたら→ネット上でゲームのセーブができたかもしれません。

パソコン本体の電源が落ちる前に保存しておくために助けになるのがUPSと呼ばれるものです。

UPS:Uninterruptible Power Supplyです。無停電電源装置日本語では表現されます。

(大げさに非常用電源というと病院やエレベーターなどで何時間も発電して停電時に備える装置はUPSとは別の次元です。)

 

パソコン本体

実際にコードをつないだ例。

停電によるパソコン作業へのダメージ予防にUPS:CyberPower社 Backup BR 550 CP550 JPをレビュー

家電量販店で1台でおよそ税込7,000円の税込価格で買えるお店があり、底値は6880円です。(価格.comを参考)

上のCyberPower社 Backup BR 550 CP550 JPを利用している画像の様子には、大きさの参考としてボックスティッシュを置いてみました。

UPS電源というと大きなサイズになるだろうという予想よりもかなり小さくまとまっています。

 

付属ソフトのインストールから始めました。PowerPanel® Personal Editionの初期画面

付属ソフトのインストールから始めました。PowerPanel® Personal Editionの初期画面です。

UPS:CyberPower社 Backup BR 550 CP550 JPを使う前にはまずUPS本体を充電しましょう。

本体の電源ケーブルを壁コンセントなどにさしておきます。

利用前に8時間以上の充電を推奨しています。使う前日前までに充電しっかりやっておきます。

アプリを先にインストールした後でUSBケーブルで接続します。噛み合わないとモニターできません。

アプリを先にインストールした後でUSBケーブルでつなげます。きちんとした接続ができないと噛み合わないとモニターできません。

USBケーブルとパソコンとを接続する方法は昔ながらパソコンとプリンターを直接ケーブルで接続する方法で難しくありません。

ただ、UPSの電源がオンになっているにもかかわらずバックアップ電源から通電がなかったりしました。

UPSとパソコンとの連携のためUSBケーブルを抜き差しを繰り返します。1度でスパっと認証して欲しいところでした。

モニターできるようになるまで数回ケーブルのUSBの位置などを変えるなど試してようやく相互に通信ができるようになりました。

 

UPSのバッテリー側で何分間後に電気を止めるかをユーザーが設定できる様子

UPSのバッテリー側で何分間後に電気を止めるかをユーザーが設定できる様子

長押しすると電源ボタンが光ります。軽く触れただけですと電源がつかず、バックアップ用の電源に電気が通りません。

上記の画面では予期せぬ停電時、5分間だけBackup BR 550 CP550 JPよりバッテリー側の電気を送る設定を示しています。

内蔵されているバッテリーは温度が高いと早く劣化する特徴があります。室内温度は0°C – 40°Cの範囲で動作するとあります。

目安としては25°Cより高くならないように注意しながら使うことでバッテリーの劣化を遅くすることにつながっていきます。

温度の影響から保証期間は3年から5年という幅のある保証期間になっています。

 

テストで無理矢理停電させてみました。2分はどほどバックアップ電源に挿しておいたPCはシャットダウンしませでしたん。

3分近くBackup BR 550 CP550 JPにつながるコンセントからタップでスイッチをオフにしたところです。

この間無事パソコンのスイッチはオンのままでした。

これなら万が一の時に助かりそうです。

自己診断モードを走らせる様子。

自己診断モードを走らせる様子。

追記あり!2016年8月5日 自己診断モードの使用は慎重に

月に1回やることをオススメされる自己診断チェックについて。

自己診断モードを押すと、無停電電源装置はバックアップモードに切り替わるそうです。

つないである電化製品に電力を送ります。バッテリーから送ることができる電力とx分間だけ電気を送るなどの設定した条件を満たしているか調べます。

自己診断が失敗する場合

ヘルプ画面を見ると無停電電源装置に十分な電力を送れないと判断されれば失敗です。

わかりにくいのが、「無停電電源装置に推奨される設定時間より少ない実行時間が設定された場合失敗が出ます」という表現です。

元々は”The UPS has less runtime than recommended settings.”という文章でした。(英語版マニュアルの記載より)

これは日本語訳が悪いような気がします。

ユーザーが設定した想定する実行時間よりもUPSが電気を送ることができる時間が少ないという表現がしっくりきます。

ところがでした。別の Backup BR 550 CP550 JPを設置し、画面一体型のパソコンを2台つないでみたところ260wという表示が出ました。

スペックは330wまでとあります。大丈夫と踏みました。

取り付けたばかりのため、付属ソフトから自己診断モードをかけた瞬間にパソコンは真っ暗になりました。

どうも自己診断モードというのはバッテリーに負荷をかけて調べているようです。何度もやるとバッテリーそのものが傷むはずです。

通常使っているパソコン等の消費電力にさらにUPSがわざと大きな電気を流した上で、電気が正常な範囲を超えるとUPSそのものが落ちる現象のようです。

UPSが電気を送るために負荷試験をかけてパソコンが落ちたのでは設置するメリットはないにも等しいでしょう。

バッテリーの充電が足りないかどうかを確認するならば、作業は一時保存してからが良さそうです。

商用電源という気になれない言葉

電力の自由化進んでいる現在でも基本的に旧来の電力会社が供給してくれるコンセントから使う電源が商用電源ということです。
UPS内には鉛蓄電池のような重たいバッテリーが搭載されています。このバッテリーから電気を使うことの対義語になります。
例えば太陽発電や、ガス発電などで電力会社に頼らない場合もあります。日産リーフのような電気自動車から取るコンセントも含むでしょう。
UPS以外で発電されコンセントから取る電源は、取説上商用電源となりますね。

無理矢理にUPSのCyeberPowerCP550JPを停電させて復旧した画面です。

無理矢理にUPSのCyeberPowerCP550JPを停電させて復旧した様子です。

パチンと電源のオン・オフができる電源タップから無理矢理に停電させ、通常のコンセントから(いわゆる商用電源から)通電すると上のような通知されます。

 

Backup BR 550 CP550 JPとパソコンとがアプリでつながっている様子です。

Backup BR 550 CP550 JPとパソコンとがアプリでつながっている様子です。

つながり、バッテリー残量100%の際には実行可能時間の目安は60分ほどありました。

3分近い停電を起こさせると実行可能時間の目安は92%もバッテリー残量があるのに31分と半分ほどです。

 

Backup BR 550 CP550 JP上で1台のスリムタワーをバックアップ電源で利用した場合のグラフ

Backup BR 550 CP550 JP上で1台のスリムタワーをバックアップ電源で利用した場合のグラフ

編集部で利用しているビジネス型のスリムタワーPCのコンセントケーブルを見ると、7Aで120Vとあります。

アプリ上からは電力消費は最大で55Wほどです。2台のパソコン本体を利用すると倍の110wほどとなっています。

今回はなるべく多くのパソコンに対し停電対策するために本体のみバックアップ電源タップを利用しています。

緊急電源としてブレーカーが上がるような停電時に数分間電気をバッテリーから流してくれる装置です。

何度も停電してUPSを利用すると、内部のバッテリーを充電する必要があります。充電回数と寿命は反比例の関係です。

 

正弦波出力で出すUPSと矩形波出力するUPS

矩形波出力タイプのUPSにPFC回路内蔵のATX電源を接続した場合、UPSの故障や出力停止、ATX電源の停止の可能性があることがわかります。このようなトラブルが発生するかどうかは実際に接続してみるまでわからないため、オムロンではPFC回路内蔵電源には必ず正弦波出力UPSを使用されることを推奨しています。

オンラインゲームのために高価なPCパーツを揃えた自作PCのATX電源にダメージを与えかねないという情報もあります。

迂闊に安さばかりに目をとらわれるのも壊れた時のショックのことも頭に入れておく必要がありそうです。

Backup BR 550 CP550 JPは1万未満で買えます。それで壊れる可能性があるという上記の注意と天秤にかけてから選びましょう。

 

オムロンなどの注意を知っておいた上で低価格のモノを選ぶか、高額でも安心の正弦波出力を出すUPSを選ぶかは買う時に悩ましいところです。

万が一の故障のリスクについては、編集部は割り切った上でコスパ重視で、Backup BR 550 CP550 JPを使ってみました。

(編集部のWindows7が急にUPSをつけた上で停電し、スタートアップ修復をかけても直らない状態になったことも含みます。)

モニターをバックアップ電源に回さないのは、ブレーカーを戻すまでの時間稼ぎをし、復旧するまでUPSでパソコンのスイッチオフになるのを止めておくという方針です。

より高い安全性のあるUPSについての比較記事は次回にまた特集できればと思います。 More →