標準のCPUファンの騒音が気になったら虎徹 SCKTT-1000がオススメ手頃で静かなファン効果に喜びの声

マザーボードの上に金属の羽を重ねたエアフロー用のクーラーの画像

http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.html より
グリス付きなのですぐにはめられそうで期待させます。

オーバクロック重視のユーザーでCPU付属のファンが気になりだしたら…

デスクトップPCにファンはつきものというのは自作PC経験上よく感じませんか?CPUにPCケース、グラフィックボードにも、さらにはハードディスクにもファンが付いていたりするとかなりの動作音になります。

ATOMタブレット系のマザーボードでもない限りは、ファンレス仕様の自作PCというのは敷居が高いものです。

例えば水冷によるCPUの冷却などでホームシアター用のパソコンHTPCを作りたくなるとひとつのパーツの追加やリプレースだけではすまなくなっていまします。

今回の特集する”コテツ”こと虎徹のエアフローは無音とまで言ったら大げさですが、静かなPC環境の改善に期待を抱かせるPCパーツです。

CPUクーラーで人気の虎徹の画像

http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.htmlより

IntelでもAMDでもCPUのソケットに挿せるようにデザインされている

というのがメーカーのPRなのです。SocketFM1用 リテンションキット BM-FM1を買い足して設置ができたというレビューもあります。

マザーボードは同じCPUメーカーでも種類の多いものですし、統一した穴の位置が厳密に決まっているとは言いがたいものがあります。

  • Intelソケット775/1366/1156/1155/1150/2011
  • AMDソケットAM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2

株式会社サイズによれば以上のようなマザーボードのCPUソケットに対応していると表記があります。

虎徹CPUファンがIntelとAMDの両方に対応している様子

一部買い足して付けた声があるようですが、買い足し不要で静音になるとしたら手軽でいいですね。取り付けの技術は環境に大きく左右されそうです。

買う前に購入者の様子を探っておく

“自分の所有するマザーボードのソケットの種類+虎徹+ はまらない

で事前に検索しておくと商品を買う前や入手する前に安心できます。マザーボードに刺さるだけでは不十分ですね。肝心のPCケースに入らないと泣くに泣けません。(*1)

したがって、

“自分の所有するPCケース種類+虎徹+入らない

も事前に検索しておき二重に買っても使えないトラブルを避けたいものです。

底値がおよそ3,435円から買える手頃な自作PCファンの喜ぶパーツとしてチェックしたい商品。

PCケースの付属ファンもマザーボードとの連携により温度による回転数の自動制御もごく普通になってきています。

CPUが高電圧になると自動的にそれに応じたPCケースから司令が届きPCケース付属のファンの回転を上げて冷やし暴走を防ぎます。

なるべく大きな口径のクリーニングファンをPCケースにつけるのも有効です。8cmファンはもう過去のサイズでしょうか?

取り付けの力加減は丁寧に

なかなかマザーボードのCPUクーラー用のソケットに足がはまらないために、ネジを潰し次のマザーボード用に使えなくなったという声がありました。グリスを塗ったCPUに直接付ける前に、借り組してはめる練習をしておきたいものです。

自作PC雑誌で確かな立場のあるDOS/V Power Reportでも2度に渡り掲載され、価格.comでも受賞するCPUクーラー、リテール品付属の騒がしさが耳についた時にでも試してみてはいかがでしょうか?

参考リンクなど

株式会社サイズ 虎徹 SCKTT-1000 製品サイト

Amazon内のレビュー数180オーバー&☆4.5は伊達じゃない

Amazonで売上ランキング第1位をマーク。サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000は試してみて悪くない

逸品です。

(*1)SHA-MA-A1000というPCケースに虎徹がはまるからという口コミを見つけています。

5千円台の手頃なPCケースだけに苦しいものがあるようです。

『虎徹は入りますか?』のクチコミで価格.comよりSHA-MA-A1000/PCケースMicroATXに対する書き込み