かたづけファイル(コクヨ)やスキットマンシリーズ(キングジム)を使いこなそう。取扱説明書ファイルシリーズ。CD-ROM等が収納できる取扱説明書収納のファイルを各社発売中。すぐに取り出せて紛失しない整理術のコツ。

取扱説明書と付属CD-ROMは必要な時にすぐ見つからないと意味はありません。

特に考えたいのが家庭の情報家電や個人経営のオフィス周りの取扱説明書と付属のCD-ROMの収納法についてです。

例えば、ネットの設定なんてどうでしょうか?ネットは今や必要なインフラ。もし、無線LANルーターの調子が悪くて、やむを得ず初期化したら、もうそのままではプロバイダには接続ができなくなります。そんな時はどうしますか?

設定するための情報とCD-ROMがすぐに合わせて見つかれば、スムーズに復旧が可能です。

パソコン周辺機器を使用する際の様々な場面でもCD-ROMがなくてもネットからダウンロードすればだいたいなんとかなります。ただ、わざわざGoogle先生から探すのもサイトのデザインなどが変わってしまったりするとなかなか見つからないストレスになることもあるでしょう。

IDとパスワードが書かれた書面。そして、設定ツールソフトが含まれるCD-ROM。困ったその時にすぐに取り出せる収納はきちんとできていますか?「備え」あればです。

ルーターの箱の中に買った領収書から保証書、取説やROM全て入れておく人。こういう人は割りと、使ったらきちんと箱に戻す習慣のある人なのでさっきのようなトラブルにも慌てず騒がず対応できる人でしょう。

そうではない人。箱に全て入れておくことができず、取説だけ取説のコーナーに集めておいて、CD-ROMはCD-ROMのファイルに入れておく人。セットとして組になっているからこそ機能するのです。

そういう筆者も両者一組できちんとファイリングできる人ではないので、「取扱説明書ファイル」をこよなく愛用しています。下のイラストはELECOMの製品紹介より。

そんなの市販のクリアファイルでいいという人も確かに分からないでもないのですが独立した取扱説明書ファイルという位置づけがまず重要なのです。

ファイルは沢山あってどのファイルだっけ?という時点で既に時間のロスは生まれてくるものです。今回は、メジャーどころ3社の特徴を紹介してみました。

あなた身の回りの取扱説明書事情が快適になりますように。

参考)

Amazonで「取扱説明書ファイル」関連の商品情報のページへ