MX100SSD/Crucialコスパと高性能に売上NO.1のSSD!価格が256で12K円程

SSD MX100シリーズの性能画像

http://www.crucial.com/wcsstore/CrucialSAS/pdf/product-flyer/ssd/productflyer-crucial-mx100-ssd-ja.pdf より

88さんのノートパソコンでイライラすることが多くなりました。CPUも交換できない、マザーボードももちろん交換できない、メモリは最大に増設してある。Windowsが重たく感じられる。そんな体感速度のアップの切り札とは?

SSDの導入の時期かもしれません。

Solid State Driveの略称でSSDというものです。

知っている方は何を今更感が強くて、説明するまでもないかもしれません。88さんにも分かりやすいようにうまい例えを探してみました。パソコンを前にして

「10秒の処理を口を開けて待つとするなら、その10秒間は死んでいるようなものとして、時間を金で買う意味として」使いたいパーツです。*1

ハードディスクに比べxGB単位のファイルからファイルの移動やコピーの際に、SDカードやUSBメモリからのファイル転送がかなりと速い場合を感じることが多くないでしょうか?

SSDはそんなフラッシュメモリを大量に積みコントローラーもついたハードディスクの代わりになる高速な記憶装置です。

CT256MX100SSD1

crucial ssd-mx100シリーズのキャッチ

http://www.crucial.com/usa/en/storage-ssd-mx100-ja より

最大リード550MB/sのSSDのCrucial/MX100シリーズが大人気です。

これだけ褒め称えられたSSDもすごいと思います。筆者の物欲は上がるばかりです。

英語圏のユーザーさんにも本当に好感度な製品なんだと伝わってきますね。

価格.com第3位,4位のKingsotonのSSDのコスパ

ブラックな噂で盛り上がっていますが、とにかく値切りまくり体質の88さん的には

ドスパラでの税抜き価格5,000円台のKingston製品128GBモデルをオススメしてみたいと思います。*2

SV300S37A/120Gキングストンのイメージ図

http://www.amazon.co.jp/Kingston-最大読込速度450MB-最大書込速度450MB-SV300S37A-120G/dp/B00A1ZTZOG/ref=cm_cr_pr_product_topより

Gigazineですっぱ抜かれた黒い噂*3支持と不支持の入り乱れた乱戦模様ですが、とにかくハードディスクよりも高速度、より低い値段で128GBで間に合うのならよい選択肢かもしれません。256モデルももちろん高速?!性能です。

88さんのことを茶化しながらも筆者も口を開けて10秒待っているSSD換装希望の一人ではあるのですが。(経理部はもっと予算を回して下さい)

やっぱり日本製にこだわり、信頼性をとって価格.com第5位のTOSHIBA製SSD採用

CSSD-S6T256NHG6Qを買いたい人も少なくないところです。(底値14,000円ちょいです)

CFDTOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GBのイメージ

amazon 商品サイトより

Intel製品やサムソンの840-EVO/PROシリーズもなかなかの話題ではありますが、やはり突き抜けているCrucial製品に押されている感は否めないようです。

参考)紹介記事の内容は2014年11月5日現在のものです。

スペック(価格.comより作成)
容量 256 GB 注意  128Gモデルより高速性能
規格サイズ 2.5インチ インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
設置タイプ 内蔵 厚さ 7 mm
1GBあたりの価格 ¥47.22
パフォーマンス
読込速度 550 MB/s 書込速度 330 MB/s
ランダム読込速度 ランダム読み込み(IOPS):85000 ランダム書込速度 ランダム書き込み(IOPS):70000

価格.comのSSD人気売れ筋ランキング