パソコン周辺、PCパーツ

カラーキャリブレーションで照明Z-208とFL20SNEDLの組み合わせで高いコスパ?!色演出のためのEIZO推奨の環境を整備する♪

カラーキャリブレーションで照明Z-208とFL20SNEDLの組み合わせで高いコスパ?!色演出のためのEIZO推奨の環境を整備する♪

安いお店で8,000円のお釣りがくる人気のZライト

安いお店で8,000円のお釣りがくる人気のZライトZ-208w
http://www.yamada-shomei.co.jp/catalog/PDF/Z-LIGHTcatalog2015-2016.pdfより

映像のプロ用モニタで人気のEIZOが推奨する環境に近い格安の照明のコンビネーション

およそ8,000円ほどの電気スタンドはどれもどんぐりの背比べのようなイメージが覆されます。ところが、ZライトのモデルZ208はちょっと違うんです。

なかでも、パナソニック 20形直管蛍光灯・昼白色・スタータ形Panasonic リアルクス FL20SNEDLと組み合わせは通の組み合わせのようです。

この蛍光灯には(平均演色評価数の)Ra99というスコアの性能があります。色の再現性が素晴らしいと人気の蛍光管なんですね。演色AAAという評価です。

プリンターによってインクから用紙へ印刷する際の基準色温度5000Kという表示が1つの目安になります。

安いお店からの購入で価格も500円でお釣りが来ます。(AmazonでFL20SNEDLを1本買うとあかり電材経由ではわずか378円です

この組み合わせが隠れた人気になっていると聞きます。(Z-208W(ホワイト)以外にもブラックやグレーのカラバリがあります。)

Zライト208をベースにEIZOの推奨する蛍光灯スタンドが高く評価されている様子

EIZOの推奨する蛍光灯スタンドが高く評価されている様子
http://www.eizo.co.jp/products/ac/fluorescent_stand/より

照明とカメラで撮影した写真と、どう関係しているのかが、一体どう関係しているのでしょう?

More →

RemixOSを超小型USBメモリi-mini3.0対応を活用(2)Linux Mintより楽かもと使うと9年前のレッツノートのCF-R6で応答なしが頻発

RemixOSを超小型USBメモリi-mini3.0対応を活用(2)Linux Mintより楽かもと使うと9年前のレッツノートのCF-R6で応答なしが頻発

英単語表示と日本語と混ぜた表現にGoogle日本語入力が非常に打ちやすい様子です。

英単語表示と日本語と混ぜた表現にGoogle日本語入力が非常に打ちやすい様子です。

RemixOSを使い9年前の当時は高価なファンレスレッツノートCF-R6をよみがらせるプロジェクト

9年も前の発売製品となっては低スペックのマシンパワーの低さを何か軽量OSでカバーできないものでしょうか?

RemixOS上でAndroid版Google日本語入力を使う「だけ」のためにLinux(*1)の利用を諦めた

Linux Mintを始めPuppyLinuxなど低スペックなパソコンでも動作は軽く便利なアプリも揃っているし、すぐにも使えるほど親切な設計と素晴らしい。

ただ残念なことに日本語で入力する際のストレスがこのプロジェクトにStopをかけました。

応答がありません。ここは待機ボタンで我慢するしかありません。

応答がありません。ここは待機ボタンで我慢するしかありません。

編集部では無謀にも2007年発売したCF-R6、Windowsエクスペリエンスが2.0のノートパソコンでRemixOSを検証

CPUは CoreDuo 超低電圧版 U2400(1.06GHz)です。せめてSSDの交換が裏蓋をドライバー1本で開けるだけなら苦労はしません。

Windows Vista搭載とあり、サポート終了も時間の問題。

ところが意外にもこのマシンはWindows10が動くとYoutube動画で2件投稿を確認しました。(***下部に動画あり)

動画のようにSSDに交換可能が確実にできるとするなら話は早いのです。ところがSSD交換はレッツノートにとっては鬼門といえるほど手間がかかります。

そこでRemix Miniの経験を活かそうともくろみます。

(2)Remix Mini(ODMRM1G)でGoogle Playを駆使して使い倒そう♪本体に手を触れるだけで起動するユニークなPC

 

eco充電モードを持ちバッテリーが長持ちで930gと軽量なモバイルに(かつては?)適したレッツノート「CF-R6」を使い倒すプロジェクト。

面倒なSSD交換をしなくても3.0仕様の超小型USBメモリから起動すれば大丈夫のはず。例えばChromeブラウザも使える上に日本語と英単語の入力に便利なマシンになるはずでした。

SSD>超小型USBメモリで3.0対応のi-mini>ハードディスクのノロさと見込んで打ちやすいGoogle日本語の入力実現まで頑張ろうとします。

More →

Transcend SSD370の32GBをSSD ScopeアプリでエスプリモのスリムタワーD550/AでHDDからSSDへクローンがうまくいかない事情について

Transcend SSD370の32GBをSSD ScopeアプリでエスプリモのスリムタワーD550/AでHDDからSSDへクローンがうまくいかない事情について

TranscendのHDDからSSDへ移行する専用アプリSSDScopeの画面より

TranscendのHDDからSSDへ移行する専用アプリSSDScopeの画面より

追記あり!2016-4-26 非AFTハードディスクでトラブルが起きるケースについて

古いPCのHDDからSSDでクローンを作る際に古いハードディスクは512バイト単位でデータの単位をやり取りする非AFT規格の場合があります。

そして新しいハードディスクやSSDは、AFT対応として4096バイト単位で管理するために純粋にデータをクローンしただけではWindows updateなどが正常に行われないなどと一つ厄介なことが増えています。今までの作業環境を丸写しにできるクローンの作業ですが、まっさらのSSDにOSを入れなおしてバックアップしたデータのみ入れなおし、アプリをインストールしなおすことが方が近道なケースがあるようですね。

HDDのせいで遅いと思ったらSDDを購入、専用ソフトで楽ちんのはずでした

過去の特集でSSD付属のノートパソコンをあれほど持ち上げておきつつ、調子に乗っていた88ちゃんねるは今回のSSD換装では動揺しました。

ノートパソコンなどSSDへクローンを作れば簡単に旧型だろうと重たいパソコンが嘘のように速くなる。そのような認識をしていた編集部の中に一人や二人はいます。違うんだなぁというの今回の特集です。それもノートパソコン内蔵HDDからのSSD換装で同じサイズのSSDばかり選んでいたので前回のような早とちりが起きたわけです。(*1)

 

Cドライブのデータの利用状況よりもCドライブの大きさが肝心という図解

Cドライブが160GBのハードディスクなら256GBのSSDがある方がよほど簡単です。

4千円を切ったSSDが32GBという小さなボリュームとはいえ、手軽に買えると喜んでいた編集部員は作業を進めるうちに顔が険しくなっていきます。

富士通エスプリモD550/Aの様子、法人モデルだけありディスクの取り換え方においてメンテナンスしやすい様子

富士通エスプリモD550/Aの様子、法人モデルだけありメンテナンスが簡単です。

まず法人モデルのスリムタワーPCエスプリモD550/Aを分解画像です。

SATAケーブルは2本あります。青いケーブルがDVD-ROMドライブです。

分解してSeagateのハードディスクの160GBが見えた写真

分解してみるとSeagateのハードディスクの160GBがつけられています。

赤いケーブルには3.5インチのハードディスクが接続されています。

買って元のWindowsPCに頼みのTranscend SSD専用アプリ SSD Scopeをインストールし、実行します。

 

クローンも簡単という触れ込みに期待しつつ早速ダウンロードしてセットアップします。

OSパーティションのみのクローンを入れるとCドライブ以外に余りがでるようです。

拡張ディスクにもチェックを入れて進めること1時間もかかっていないでしょう。

SSD Scopeを実行流量した様子。

SSD Scopeを実行流量した様子。不具合は今のところ1個も検出はありません。

ただ、Transcendは海外にも販売しているため基本は英語です。そのためにSSD専用アプリの日本語版が文字化けしているのはちょっと困ります。

ただの文字化けなのかアプリが不完全なのか少し不安になります。

クローンソフトは多種あります。大切な保存先はソフトによって「ターゲット/target」という呼び方をします。

間違って空のデータを複写元にしないことはOKを押す前に必須です。

データの複写元はおなじみの「ソース/source」ですね。

SSDからの起動してそうそうWindowsの修復が必要という画面表示

SSDから起動そうそうWindowsの修復が必要とのことです。

Windowsの修復をかけても起動しないSSD上のWindows

さぁ、SSDから起動しようとした瞬間に上記の写真のようにWindowsが起動しないで修復が必要だと言います。

SSDのクローンが失敗した時にはWindowsの転写元になるHDDなどから起動して記憶域から確認している様子

SSDのクローンが失敗した時にはWindowsの転写元になるHDDなどから起動して記憶域から確認するといいでしょう。

隠し領域のあるハードディスクによるリカバリの領域のあるパソコンは一癖あります

ディスク0元のWindowsです。

160GBハードディスク内にリカバリー領域は次のようでした。

  • 回復パーティションが先頭に5GB近く
  • その後にWindows(C:)としてこのCドライブという区画いわゆるパーティションで区切られた部分
  • 正常(ブート、ページファイル、クラッシュダンプ、プライマリパーティション)

のように続いています。

ディスク1:SSD Scopeアプリでクローンを作成した様子です。

正常とありますが、ブート/Bootで起動という意味の項目がありません。

いくらクローンアプリをかけたとしてもこれでは失敗なのです。

SSDに詳しい人からすると初歩的な内容で物足りない方もお見えかもかもしれません。

SSDにチャレンジして困っている人に向けて今回の経験を残しておきたいと思います。

 

windowsに起動してとうとう中国語がでてしまいました。

Windowsに起動してとうとう中国語がでてしまいました。

いくらWindows修復をかけても起動に失敗します。

Master Boot Recordと呼ばれる修復をかけてもダメでした。Windowsの画面からアクセサリー>コマンド・プロンプトを呼び出します。

念のために管理者から実行でかけます。(コマンド・プロンプトを一旦右クリックメニューから選択ができます。)

そのコマンド・プロンプトでfix関連のおまじないをかけても結果は変わらず。

隠しパーティション(システム予約パーティション、PC の製造元が作成した隠しパーテ ィションなど)がある場合は、ウィザードのツールバーの [詳細] をクリックします。隠 しパーティションの場所とサイズは新しいディスクで同じにする必要があるため、それ らのパラメータを控えておいてください。

ここがSSDへの換装する際のクローンの難所でしょう。上記の引用はAcronis True Imageというバックアップソフトの取説より抜粋からです。(*2)

(ちなみにRAIDに対応していると取説に記載があります。)30日間の無料体験版があるのでお試ししてみてはと思います。

結論から言って、付属のSSD Scopeでは今回のエスプリモ D/550Aにおいて、複数のパーティションをまるごとコピーしてはもらえませんでした。

つまりここでいうと

  • ドライブの先端の「正常、回復パーティション、アクティブ」。
  • つづく「WindowsのCドライブ」

という2つのパーティションをそれぞれクローンしてもらえたらよかったのですが。

クローンされたSSDがブート領域がなくて困る場合にはWindowsのバックアップソフトからイメージをシステムごと取り、まっさらなSSDに対してそこからリストアすることで成功していると聞きます。

600万以上の個人ユーザーを持ち、最も人気な無料バックアップソフト!安全なバックアップ、ディスククローン、ディザスタリカバリソリューション、ワンクリックでシステム、ファイルおよびアプリケーションをバックアップできるフリー版アプリのダウンロード用画面

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html より

(EaseUS Software社 ダウンロードサイト内より)

EaseUS Todo Backupダウンロードページ

こちらの場合は隠しパーティションも含めてクローンができるために無料版としては幅広い支持のあるフリーソフトです。

SATA規格の前のIDE時代の頃よりSSDのクローンでお世話になっている人もいるとかいないとか。かなりの老舗ソフトだと思います。

 

リスクを承知ならCドライブのサイズそのものを縮める方法も

また、パーティションを縮めて使おうとするSSDのサイズよりも小さなパーティション、あるいは同じサイズにパーティションのサイズを縮める方法もあります。

フリーウェアツールでG!PartedEaseUS Partition MasterなどCDに焼いて起動し、CドライブのサイズをSSDに合わせる手がその1例になります。

パーティションの移動はデータの安全から言ってかなりおすすめできません。やめろ!と叫ぶ人もいるかも…。

リスクを受け入れる場合やバックアップが万全な人はそのほうが手間を省けるのかもしれません。

無難にWindowsがインストールされているドライブと同じサイズだと後々ラクでしょう。

160GBのハードディスクなのに32GBを買って消耗した当ちゃんねる某部員よりも確実でスマートです。

 

パーティションの中のデータだけを吸い取り、より小さなパーティション(ここでは小さなCドライブへ)クローンすることはできないのです。

ですので現在お持ちのCドライブが一体いくつのパーティションで区切られているかご確認ください。

いくら使っているデータサイズがあり空き容量をカウントしないでSSDのサイズをケチってヒーヒー言っている編集部よりお伝えしました。

なお、このマシンはWindows10の無料アップグレード対象であったチャンスを活かし、直接Windows10をクリーンインストールしてなんとか利用可能です。

結局はWindows7のクローン作成に失敗に終わり、OSそのもの初期化をするしかなかったという苦い経験となってしまいました。

More →

富士通エスプリモD550/AにTranscendのSSD370 32GBに換装して速度がハードディスクよりも遅い理由?!

富士通エスプリモD550/AにTranscendのSSD370 32GBに換装して速度がハードディスクよりも遅い理由?!

ペイントの操作だけでプログラムが停止してしまう画面表示

ペイントの操作だけでプログラムが停止してしまうとは

ペイントが再起動するCore2Duoの富士通エスプリモD550/Aに悲鳴!

編集部員が悲鳴を上げていたのは、Windows7 Home 32bit版でメモリは4GBを積んでいるマシンからでした。

ドロー系ソフトといくつものタブを開きながらエディターでWebページを上げていく日々が続いている最中です。

そのWindowsマシンでほとんど動作に支障のなさそうな軽いペイントがなんと一時停止したとシステム管理者へ通報があったとのことです。

これはチャンスと編集部でPCI-Expressの端子を積んでいる富士通エスプリモD550/Aに玄人志向のライザーボードPCI

を経由してグラフィックボード足す目論もうとする筆者を前に経理&編集部(鬼ですね~)部長が待ったをかけました。

2009年登場のエスプリモのハードディスクのスピードがSATA3の6GB/bpsのはずもなく

グラフィックボードとライザーボード合わせて1万円もかけたくないと予算が降りずに飛びついたのがAmazonで底値3,780円の

Transcend SSD370 32GBでした。エスプリモD550/AはかろうじてDDR3のメモリ最大4GBを積んでいます。

しかし、ハードディスクの転送速度が遅いということはWindows7 32bit版であると3GB以上のメモリは認識されない上に処理性能も

劣るためにペイントですら再起動を起こすような動作の重たさに悩まされるわけです。 More →

ワイヤレスモバイルキーボードK480とK380を比較!メーカー提供Logicool Optionsアプリでファンクションキーの2度打ち要らずF4、F5、F8、F10等が直接打てる

ワイヤレスモバイルキーボードK480とK380を比較!メーカー提供Logicool Optionsアプリでファンクションキーの2度打ち要らずF4、F5、F8、F10等が直接打てる

 

スマートフォンなどを溝に入れて立ててノートパソコン風に使えるワイヤレスモバイルキーボードK480の様子

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/multi-device-keyboard-k480?crid=27より

LogicoolのK480は打ちやすく3つのダイヤルの移動でデバイスに応じすぐにデバイスの切り替えができるスグレモノ

2,000円に近い英語配列のワイヤレス仕様のモバイルキーボードも目立ち始める中で、3,000円クラスのワイヤレスモバイルキーボードがあります。Logicool K480です。

上の画像のようにスマートフォンやタブレットを差し込んでそのままのノートパソコンのように使うことが可能です。

3つのダイヤルを直接動かすことによって3台の端末のキーボードをすぐに切り替えることができます。

More →

PCIEX1-PCI/玄人志向でグラフィック改善?!ビジネス向けスリムタワーPCの延命策

PCIEX1-PCI/玄人志向でグラフィック改善?!ビジネス向けスリムタワーPCの延命策

今時のパソコン作業で当然のマルチタスク、その1つの重たいことで有名な某画像編集系ソフトが保存前にフリーズ

2010年製富士通スリムタワーPCの画像

http://www.fmworld.net/biz/fmv/esprimo/1004/d550a/より

拡張スロットがPCIバス2つでどうやればいいのか途方にくれる

5年落ちのPCで仕事ができなくてどうするとキーを叩くのはいつものことです。イメージ画像などを作っていたり、スペック表をがむしゃらに集中して保存する前に

アプリが固まってしまったイメージ画像

特に力を入れたアプリが急に固まったり落ちたりした時の脱力感、取り返すための労力と時間が…

上のような状態になるとデスクから逃げ出したくなります。

上記のようなパソコンで、YouTubeなどで音楽を聞きながら、表計算ソフトを作りつつ、エディタで文章を練り、グラフィックデザインなど同時にネットサーフィンで調べ物などしていると当然ながらパソコンには負担がかかります。

Googleクロームなどのブラウザが落ちる程度ならまだ取り返すまでもなく、再度同じページを開くだけでダメージともいえなくもありません。

しかし、作りかけてたデータが飛ぶのはパソコンユーザーならではの悲哀といっても過言ではないでしょうか?

(突然の停電でパソコンが落ちたのを受け、スマートメーターの特集を組んだこともあったりしたわけです。)

どんな解決手段があるのでしょう? More →

標準のCPUファンの騒音が気になったら虎徹 SCKTT-1000がオススメ手頃で静かなファン効果に喜びの声

標準のCPUファンの騒音が気になったら虎徹 SCKTT-1000がオススメ手頃で静かなファン効果に喜びの声

マザーボードの上に金属の羽を重ねたエアフロー用のクーラーの画像

http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.html より
グリス付きなのですぐにはめられそうで期待させます。

オーバクロック重視のユーザーでCPU付属のファンが気になりだしたら…

デスクトップPCにファンはつきものというのは自作PC経験上よく感じませんか?CPUにPCケース、グラフィックボードにも、さらにはハードディスクにもファンが付いていたりするとかなりの動作音になります。

ATOMタブレット系のマザーボードでもない限りは、ファンレス仕様の自作PCというのは敷居が高いものです。

例えば水冷によるCPUの冷却などでホームシアター用のパソコンHTPCを作りたくなるとひとつのパーツの追加やリプレースだけではすまなくなっていまします。

今回の特集する”コテツ”こと虎徹のエアフローは無音とまで言ったら大げさですが、静かなPC環境の改善に期待を抱かせるPCパーツです。 More →

格安マザーボードLGA1150ソケットで5,000円の底値を切るMSIのH81M-P33が人気?!

格安マザーボードLGA1150ソケットで5,000円の底値を切るMSIのH81M-P33が人気?!

H81M-P33は、機能をシンプルに絞り込んでいるMsiの5,000円をきったMsiのマザーボード外観

http://jp.msi.com/product/motherboard/H81M-P33.html#hero-overview より コスパが高いと評判、機能をシンプルに絞り込んでいる

底値がおよそ4,500円とコスパの高いマザーボードと話題のH81M-P33

円高効果で自作パソコンファンに恵まれる時代が来たという実感があまり持てない編集部自作パソコン部です。最小限度でWindows10が動くマザボードでオススメはと聞かれた自作パソコン部員はググります。それが以下の結果です。

1万2万は当たり前というマザーボードの相場で、とりわけ、Windows10も動作すると謳うH81M-P334,500円くらいの底値を出しながらカカクコムの3強に入っています。/2016-1-27現在確認の時点

H81M-P33マザーボードの背面端子の画像

http://jp.msi.com/product/motherboard/H81M-P33.html#hero-overview より

MSIというと、ASUS、Gigabyte、ASRockの3強マザーボードの周辺で自作PCファンが安く組もうとするとついその価格で釣られてちょっと3強マザーボードはやめておこうか迷わせる巧みな製品を多く出している印象があります。

 

microATXフォームファクターのマザーボード:H81M-P33の立ち位置について補強するために2015年12月度のBCNランキングサイトによるマザーボードの順位も合わせて見てみましょう。7,500円未満のランキングで3位内に食い込んでいます。やはり人気は高いようです。

 

もちろんこの価格のマザーボードにそれなりに安い背景があります。88ちゃんねる風に分析してみたいと思います。

More →

格安Windowsタブレット無償アップグレードによるタッチの効かないトラブルはSileadTouch.fwファイルが鍵に?!

格安Windowsタブレット無償アップグレードによるタッチの効かないトラブルはSileadTouch.fwファイルが鍵に?!

Windowsタブレットがペンとタッチ入力は利用できないという矛盾している表示画面

Windowsタブレットがペンとタッチ入力は利用できないという矛盾しています!

2016-1-29更新あり!

ダウンロードしたデバイスドライバーのファイルを解凍して本体に入れ、デバイスマネージャーから更新をかけたところ、クリーンインストールしたMOMO7Wの正常動作まで至りました。

メーカーからは非公式にダウンロードしドライバーを当てたものですので、あくまでひとつのサンプルとして評価いただければと思います。

そこはWindows10になったMOMO7Wのタッチ不能から始まる物語

MOMO7W/Ployerの値段がなんと9千円切り?7インチのWindows10タブレット 2015-10-4

で紹介したタブレットのユーザーのトラブルシューティングにまつわるお話です。

 タッチ不能とバッテリー不足との自己矛盾

Momo7wはOTGケーブルでホスト側接続の時はUSBケーブルを挿しても電源が供給されないとは

タッチ操作以外でWindowsを操作したい、ところがマウスとキーボードと充電が同時にできない

もしもUSBポートが2つあるなら1つは電源供給用に、別のUSBポートにOTG仕様でUSBのハブを作ってマウスとキーボードでなんとかするのが理想です。

今回編集部内に持ち込まれたMOMO7Wの救出プロジェクトで困ったのは初期状態に戻すにもバッテリーの充電が不十分でWindowsを初期化しようにも途中で電池切れを起こしたことにありました。

Bluetoothを使ってマウスやキーボードを利用可能にしつつMicroUSBで電源を確保できればこれほどには苦労しなかったはずです。

さらに初期状態に戻すと中国語からWindowsのセットアップ画面が出るために編集部の担当は困っています。頭を抱えるのです。

Windows10内のドライバーの更新で解決済み

More →

CLIDE W10AをノートPCのように使える付属カバー兼用キーボード・タッチパッドについて

CLIDE W10AをノートPCのように使える付属カバー兼用キーボード・タッチパッドについて

Bluetooth接続でなく有線接続でキーボードが利用でき、付属のタッチパッドとの併用でちょっとしたノートPCのようにも使える様子

タッチパッド付きで、横およそ82mm縦42mmと使いやすい

いよいよ6回目の貸出機についてのレビューとなります。タブレットとしても使えるCLIDEW10Aの特集です。今回はキーボードとタッチパッドのついた付属のカバーについて、より踏み込んだ特集など考えていきたいと思います。

More →