WiMAXの定額使いたい放題料金キャンペーン改定目前4社を比較してみた!

UQWiMAXの2015年2月19日申し込み期限の従来料金での速度無制限プランの締め切り告知

http://www.uqwimax.jp/shop/  より

キャンペーン改定目前に迫る(2015年2月19日23時59分!)

UQ WiMAXが最高速度110Mbpsから220Mbpsへと高速通信に対応をアナウンスし始め、「ヤバイ速」でモバイルルーターの話題をさらっています。

安いのに使いたい放題はWiMAXだけのお家芸でした。ところが、「7GB以上のパケット利用による」速度の制限が標準プランとなろうとしています。無制限プランはギガ放題として新料金になります。WiMAXを検討している方は早めの申し込みが吉です。

今回は特徴のある4社を比較してパケット使いたい放題のモバイルルーターについて特集したいと思います。

今回取り上げる4社の特徴を表にまとめてみました。WiMAX2+の料金プランです。(税別)

提供サービス会社 周波数帯 お得な料金プラン・キャンペーン・特別割引
初期費用 月額料金 特典/料金サービス
UQWiMAX 2.5GHz帯WiMAX2+最大220Mbps 事務手数料:3,000円(税抜) UQFlatツープラス3,696円2月19日まで UQ Wi-Fiプレミアムが無料タブレットのメーカー希望小売価格とルーター販売価格の合計金額よりも 20,972円低廉な価格で販売
GMOとくとくBB 2.5GHz帯WiMAX2+最大220Mbps 事務手数料:3,000円(税抜) 3,609円(税抜)2月19日まで 27,390-29,000円のキャッシュバックまたは26,000円キャッシュバック+クレードル無料端末受取月の月額料金が無料端末受取月の翌月から24ヶ月間月額料金が586円割引
BroadWiMAX 2.5GHz帯WiMAX2+最大220Mbps 18,857円+事務手数料:3,000円(税抜) 2,856円(税抜)2月19日まで24ヶ月間割引が適用以降は3,356円 乗換保証あり違約金のご負担なしで他のインターネット回線へお乗り換え可能今だけクレジットカード&Webフォームからのお申込みで初期費用10,000円割引!
Yahoo! WiFi*端末305ZT [4G] 900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz[3G] 1.7GHz通信方式:AXGP / LTE / 3G 契約事務手数料(3,000円)およびユニバーサルサービス料(4円/月) 3,696円(税抜)2015年2月18日 (水)まで 通信速度が低速化した場合に通常速度に戻すことが可能(申込み必要)通常速度に戻す追加料金(500MBごとに500円)が最大2年間無料(ご加入月を含む25ヶ月間)

【UQWiMAX】

商品券ブルーガチャムクブランケットと商品券がもらえるキャンペーン中。

商品券とブルーガチャムクブランケットのプレゼントキャンペーン

http://www.uqwimax.jp/promotion/20140221.html より商品券とブルーガチャムクブランケットがもらえるキャンペーンサイトに注目!

UQWiMAXはいわば、WiMAXの直営ショップにあたります。例えが少し無理がありますが、いわば定価販売している会社といえます。他の3社に比べるとキャッシュバックなどの特典は控えめです。

しかし、WiMAXの公式サービス元だけあり、15日間の無料お試しサービスは契約の事前に使用感が分かるのが助かります。

他、障害者向けの割引プランを出すなど、自前のサービスの品質では一番信頼があるところでしょう。今までに旧種の登場から新機種への変更など優遇してくれたのは公式ならではです。

UQ Wi-Fiプレミアムが無料ですし、タブレットのメーカー希望小売価格とルーター販売価格の合計金額よりも 20,972円低廉な価格で販売しているます。いわばリファレンスの企業ですね。端末機種が無料という会社が多い中で値段が付いているところがまさに直営の事情なんでしょう。

GMOとくとくBB

GMOからのWiMAXはオマケが多い

http://gmobb.jp/ より
圧倒的なキャッシュバック他 オマケがうれししGMO

2番めに検討する会社としてGMOとくとくBBを選んでみました。

3番目のBroad-Wimaxにしても同じですが、UQ本家からサービスを借りた上で卸しているような形態です。

やはり売りはキャッシュバックでしょうね。

27,390-29,000円のキャッシュバックまたは26,000円キャッシュバック+クレードル無料です。端末受取月の月額料金が無料端末受取月の翌月から24ヶ月間月額料金が586円割引です。とにかく安くというのであればここはおさえておきたい会社です。クレードルがついて無料というところに注目です。屋内外での利用にはクレードルとの併用がやはり便利ですし。

BroadWiMAX

初期費用が1万8千もかかるが相場よりも月額がおよそ1000円安い1万円割引のWeb申し込みがお得

http://wimax-broad.jp/wimax2plus/ より 長期間の月額利用量で初期費用の高さを回収するにはいいプロバイダ

月々の支払いが3,000円を切っているところに最大の特色があると思います。ただし、初期費用が事務手数料とは別に18,857円取られてしまうのが悩むところです。

クレジットカード&Webフォームから申込みどして初期費用10,000円引いた約9,000円を先に払っておいて、あとは長期利用することで元が取れるという戦略を狙うことも可能です。(端末w01は対象外です。)

光回線とWiMAXは速度無制限の屋内利用のブロードバンドとしてどちらがいいか迷う人は多いのではないでしょうか?

特色として、WiMAXから他のインターネット回線へ乗り換え可能乗換保証があり、それも違約金負担なしで切り替えることができるのはユニークな点です。WiMAXでは速度が出なかった。もっと安定して高速な回線に乗り換えたいという乗り換え保証はWiMAXの地域によるスピードのバラつきに対して有効と言えます。

番外編:Yahoo! WiFi *端末305ZT

WiMAX以外にも使いたい放題のルーターが登場Yahoo!WiFiより

http://wifi.yahoo.co.jp/basic/pointcp より

WiMAXの通信回線は通常2.5GHzですが、Yahoo!WiFiは早くもキャリアアグリゲーションを実現し最速165Mbpsを実現してるという触れ込みです。

利用できる周波数帯の多さでWiMAXルーター+auの4GLTEでカバーして1,000円ほど追加して利用するのに比べると1台で様々な周波数帯の電波を捕まえられます。

3G回線となると速度低下は予想されますが、WiMAXではつながらない地域をカバーしてくれる実力が期待できます。ただし、サービスを乗り換えたくても違約金の高額さにめまいがするのは残念なところです。Yahoo!WiFiの無制限プランに限り、締め切り日2015年は2月18日ですのでご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?WiMAXにも直営の公式オンラインショップもあれば、それを仲介し提供する会社もあります。

220Mbpsも視野に入れて25ヶ月間定額料金で速度無制限プランを狙うのは今です。どの機種を選んだらいいかは88ちゃんねるWiMAXのカテゴリーから情報をいくつか提供しています。お役に立てば幸いです。

参考)

一番気になりそうな契約期間や違約金についてまとめてみました。更新月情報を事前に調べたい方のためにリンクを用意してみました。(リンクの確認は2015年2月12日現在のものす。)

提供サービス会社 契約条件 コメント
契約期間 違約金
UQWiMAX 課金開始日を含む月を1ヶ月目とした25ヶ月間(2年間)を契約期間(25ヶ月目を「契約満了月」。)解約のお申し出がない場合、更に2年間の自動更新 契約解除料として、課金開始日を含む月から最初の13ヶ月間は別途19,000円、14ヶ月目~25ヶ月目は14,000円、27ヶ月以降は9,500円が発生します。/更新月情報 障害者料金プランも用意しているWiMAXの公式サービス会社
GMOとくとくBB 末受取月の翌月を1ヶ月目とした24ヶ月間を契約期間とし、解約のお申し出がない場合、更に2年間の契約として、自動更新 端末受取り月の翌月から最初の12ヶ月間は別途19,000円(税抜)、13ヶ月目~24ヶ月目は14,000円(税抜)/更新月情報 キャッシュバック額高いが契約更新月の20 日まで解約申請必要
BroadWiMAX 課金開始日を含む月の翌月を1ヶ月目とし、24ヶ月間割引が適用以降は3,356円 12ヶ月以内:19,000円13~24ヶ月以内:14,000円26ヶ月目以降:9,500円/更新月情報 初期費用が1万円を超えてしまう
Yahoo! WiFi305ZTを利用する場合 満了月の翌月より、「4G/LTE(にねん)」へ自動移行 その経過期間に応じて契約解除料が発生(例:1年で24,000円/更新月情報 にねん+アシスト1620の適用により中途解約は高額