ダ・ヴィンチ2.0A Duoで1個より多く同時に3Dプリンティングへ。4個で16時間くらいかかる?!

ダ・ヴィンチ2.0A Duoで1個より多く同時に3Dプリンティングへ。4個で16時間くらいかかる?!

partition v2 6個単位

6つのオブジェクトを同時に3Dプリンティングしようか?

partition v2 6個3w

6ではく4個の3Dプリンティングさえも翌朝のダ・ヴィンチ2.0A Duoはまだ出力中

24時間以上かかるというので諦めて4つとして挑戦しています。

4つでも16時間ほど3Dプリンティングでダ・ヴィンチ2.0A痛みそうです!(見込みが甘かったです2017年1月21日更新)

partition v2 4個3w

単品で造形する時に使うラフトはそれほそ広くありません。

 

同時に3D出力するとラフトの面積が随分ひろくなります。

IMG_20170120

プラットフォームのほぼ一面を使って展開していきます。

さて、出来上がった作品のクオリティーはどれくらいになるのでしょうか?

 

0.1mmで速度は標準、密度は50%と設定してあります。

 

なお、プリンティングをベトベトのままで、だましだまし造形しようとしたらスパゲッティのようになりました。

第1層がめちゃくちゃに乱れました。ラフトさえカタチになっていませんでした。お恥ずかしい話です。

3Dプリンティングの際はプラットフォームをキレイにして、スティックのりを均等に貼るところから成果が問われますね。

(あれはお見せできません。)

それでは皆様の3Dプリンティングが楽しくなりますように♪

More →

富士通LIFEBOOK UH:13インチノートPCで世界最軽量!先発した軽量DynaBookV82と比較レビュー

富士通LIFEBOOK UH:13インチノートPCで世界最軽量!先発した軽量DynaBookV82と比較レビュー

富士通の世界最軽量13インチでのLIFEBOOKとダイナブックVの12.5インチノートとの比較イメージ

富士通の世界最軽量13インチでのLIFEBOOKとダイナブックVの12.5インチノートとの比較イメージ

新顔の13.3インチ軽量ノート、富士通から1kg未満で華麗にデビュー♪

富士通LIFEBOOKの熱い視線UH75・レッドモデル13インチノートパソコンで世界最軽量を実現します。

富士通LIFEBOOKの熱い視線UH75・レッドモデル13インチノートパソコンで世界最軽量を実現します。

富士通が800gを切る軽さにライバルメーカーは動揺を隠し切れないのでは…

このLIFEBOOKは富士通の軽量ノートパソコンでは快挙と呼べる出来栄えです。

やっとというべきか遂にというかようやく富士通から軽さで勝負できるモバイルノートは久々です。ノートPC担当も興奮します。

画像はhttp://www.fmworld.net/fmv/sh/より 富士通のノートパソコンによく採用される光学ドライブの取り外し可能なモデルの例

画像はhttp://www.fmworld.net/fmv/sh/より
富士通のノートパソコンによく採用される光学ドライブの取り外し可能なモデルの例

今までの傾向で多くの富士通製ノートPCでは、なぜかブルーレイやDVDドライブを搭載させ、モバイルでの利用では外して軽量にするモデルが多く採用されてきました。

その光学ドライブを外し、空いたスペースをモバイル・マルチベイと呼ばれ、長時間バッテリーを搭載するなど応用が効きます。

しかし、1.2kg以上の軽さを切るような軽さへのアピールに少し弱くて編集部内ではどうしても押し切れない傾向でした。

13.3インチノートパソコンを片手で持ち上げることができるイメージ

13.3インチノートパソコンを片手で持ち上げることができるイメージ(http://www.fmworld.net/fmv/uh/#from=mart_tagより

今あえてダイナブックVモデルと富士通と比較してモバイルノートパソコンの今を考えます。

以前、1kgを切る13インチ未満のモバイルノートパソコンの特集を組んだのです。

そんな中富士通のモバイルノートは、1.2kgクラスで軽さをどうこうアピールするのは苦しいものがあったんです。

 

 

ダイナブックV画面操作性の先進性、それはタッチ操作、ペン入力の反応性やお手入れのしやすさなどで好印象です。

ダイナブックV画面操作性の先進性、それはタッチ操作、ペン入力の反応性やお手入れのしやすさなどで好印象です。

(画像は製品サイト内の詳しくは「タッチ&手書き」のページ

https://dynabook.com/2in1-mobile-notebook-tablet/v-series/2016-winter-model-convertible/touch-pen.html#sect-01-01 より)

東芝の方が12.5インチ画面ながら基本スペックはやや上回る。ただし、入出力端子が弱い

東芝のダイナブックVシリーズでも1kgこそ切ることこそ実現できていないもののほぼ1kgといってもいいかも。

富士通が圧倒的に軽さをアピールする中で東芝のダイナブックVシリーズのV82を比較対象にしてみます。

ぜひ皆様に東芝ダイナブックVの魅力と弱点とで比較して評価してみたいと思います。

すると、それは富士通のLIFEBOOK弱点や魅力の合わせ鏡のようなレビューになると確信するからです。

 

ダイナブックV82なら指紋認証に加え顔認証センサーでサインイン!

ですがタッチペンや360度ひっくり返すことで、まるで画面にペンを入れてメモを取ったり、イラストなどを描いたりできるのです。

そして、画面には接触センサーに優れています。これなら画面を指でめくるように電子書籍やPDFファイルなどの読書が楽しくなります。

タブレットでも10インチタブレットがまだまだ大画面の主流の中で、普段はタイピングに使いひっくり返すことで12.5インチの読書体験や描画による楽しさは2.5インチの画面の大きさのある余裕から心地よさの違いを感じることでしょう。

CPUがCorei5にとどまるLIFEBOOK UHに対して、Core i5-7200U ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 対応:最大3.10GHz)

ダイナブックのV82では、Core i7-7500U 2.70GHz (最大3.50GHz)とパワフルです。

 

12.5インチの画面サイズが13.3インチのモデルより小さいのに比較すると逆になぜ重たいのでしょう?

同じマシンスペックどうしの比較のおいてレビューするとします。

画面の大きさに反比例し、小さい画面のモバイルノートパソコンでなのに軽くならないことに少し違和感が出ます。

一方で、コンパクトにしながらも、マシンパワーを落とさずにエアーフローによる発熱の制御や省電力性能によるロングライフ運用の実現を重視すると重たいパソコンに仕上がってしまうのも無理はありあません。

だから1kg未満の軽さでないのだとしても、マシンスペックでアピールができます。

メモリもLIFEBOOK UHではカタログモデルでは4GBで固定です。8GB以上のモデルを希望するならば富士通ダイレクト通販ショップでカスタマイズモデルを選ぶ方が良さそうです。

SSDのストレージサイズも128GBですから、カタログモデルで比較するとダイナブックV82の方がSSDは512GBのサイズからするとスペックは全般的に上なのです。ダイナブックV82の画面サイズは強調するように12.5インチと少し小さいのです。

 

ダイナブックV82のスッキリした側面。ただし、従来のUSB製品との使い勝手は苦しい様子です。

ダイナブックV82のスッキリした側面。ただし、従来のUSB製品との使い勝手は苦しい様子です。

側面のUSB typeC端子とTypeAのみの東芝 ダイナブックVの泣き所?

  • Thunderbolt 3 (USB Type-C )コネクタ
  • (電源コネクタ) ×1
  • USB 3.0 ×1

まるで新MacBookを思わせるような側面です。

 

スタイラスペンと呼ばずにアクティブ静電ペンと東芝は呼称し改善しています。

スタイラスペンと呼ばずにアクティブ静電ペンと東芝は呼称しています。

電子ペーパーのようにノートパソコンを使う東芝の新しいWindowsタブレットの活用提案

出先でさっと作業を済ませすぐに移動するスマートな使い方に優れているでしょう。

指先で直感的にページをめくる反応のよさや、すばやいタッチで操作ができます。

文章や画像の加工も、書き心地のなめらかなスタイラスペンを活かすためによりパワフルな性能と言えるでしょう。

タブレットPCとしての楽しみ方もクラムシェル型のノートパソコンとは違った味わいです。

ASCIIJPサイトにて、

本気で使いたい人にこそ勧めたい!!  東芝の新dynabook Vシリーズ/2017年01月12日 11時30分更新/文● ASCII 出演●ジサトライッペイ

自作PCで有名なジサトラ氏が絶賛しています。一方でジサトラ氏がLIFEBOOK UHについてをどのように評価するか気になります。

やはりマシンパワーにおいてコンパクトかつパワフルという点においてダイナブックV82はアドバンスがあるのは確実だと思います。

 

LIFEBOOKにはUSBケーブルなど豊富に接続ができます。

http://www.fmworld.net/fmv/uh/#from=mart_tagよりLIFEBOOKにはUSBケーブルなど豊富に接続ができます。

左側側面のLIFEBOOK UHの側面入出力端子の様子左側側面のLIFEBOOK UHの側面入出力端子の様子

左側側面のLIFEBOOK UHの側面入出力端子の様子

右側側面のLIFEBOOK UHの側面入出力端子の様子

右側側面のLIFEBOOK UHの側面入出力端子の様子

充実したUSB端子でいっぱいつながる富士通LIFEBOOK UH

13.3インチノートと12.5インチにくらべると機動性よりもややデスクトップのように画面を大きく使えるメリットがあります。

1920×1080ドットで1677万色という画面の解像度は両社とも同じです。

より大きく画面が見やすいのならば作業しやすいだけあるので様々な拡張機器がつなげると嬉しいですね。

 

富士通LIFEBOOK UHモデルのキーボード画像

富士通LIFEBOOK UHモデルのキーボード画像
(http://www.fmworld.net/fmv/uh/?from=uh_floatより

86式JISキーボードから見る打ちやすい配列

上のキーボード配列の様子は富士通のLIFEBOOKde13.3インチ画面搭載モデルの様子です。

画像で見る範囲では、LIFEBOOKのキーピッチにはやや窮屈な印象があります。

富士通LIFEBOOK UHモバイルPCのキーボードを2段で重みをそれぞれに工夫します。

富士通LIFEBOOK UHモバイルPCのキーボードを2段で重みをそれぞれに工夫します。

LIFEBOOK UHはキーボードの打ちやすさとして上段と下段とでキーのバネの反発に配慮します。

富士通によるキーボードを打つ際にパームレストをタッチパッドの周囲にデザインしてある様子

富士通によるキーボードを打つ際にパームレストをタッチパッドの周囲にデザインしてある様子

このあたりは富士通は打鍵する際に疲れにくいようにユーザーへの配慮が伝わるところです。

 

東芝モバイルノートパソコンのキーボード V82の様子

東芝モバイルノートパソコンのキーボード V82の様子
東芝ダイナブックV特設サイト内より

東芝のダイナブックVシリーズのキーボードの打ちやすさで一步リードか?

モバイルノートパソコンこそ自分にとっての打ちやすさにこだわり重視で

下の東芝のダイナブックV82式のJIS配列キーボードは12.5インチ画面にもかかわらずキーとキーとのスキマがあります。

ここが東芝のノートパソコンでタイピングする時に打ちやすいと感じる理由の1つかもしれません。

東芝キートップ凹み ダイナブックV82などで採用される指を受け入れるようにデザインされたキートップの様子

東芝キートップ凹み ダイナブックV82などで採用される指を受け入れるようにデザインされたキートップの様子

末尾にCPUやメモリ、ストレージのサイズやインターフェイスなどの簡単な比較表を用意しました。

なお、ビジネス向けとしてWindows10のPro版には富士通のLIFEBOOK UHシリーズは対応が表示されています。

東芝ダイナブックV82ではそのような情報は確認が取れません。

 

タブレットPCとしての利用ならば東芝のダイナブックVモデルを

12.5インチで拡張入出力端子はTypeCのUSBアダプターの併用さえ面倒でないのならば優れたモバイルノートだといえます。

キーボードのタイピングも東芝のノートパソコンはかなり打ちやすい印象があります。

キートップが指先の真ん中でしっかり打てる心地よさがあるからでしょうか?

クラムシェル型としての軽さと13.3インチを重視すればLIFEBOOK UH75

大画面13.3インチにこだわりたいのならモバイルノートで富士通のLIFEBOOK UHを他のメーカーの軽量ノートパソコンとよいライバルとして選ぶ楽しみが広がりそうです。

 

優れている点はもちろんのこと、弱点や死角も合わせた比較レビューで!

富士通でも、東芝のモバイルノートには、それぞれのセールスポイントもあれば、弱点や死角が必ずあります。

ですから皆様にそれぞれのモデルの個性を掴んでもらいながらマニアックにもシビアにもご検討してもらえたら幸いです。

(え、まだ生ぬるい?)

それぞれ魅力の富んだモバイルノート。編集部内のPCを機種変更するとしても、どちらでも良い持ち味が伝わります。

経理部もこの特集を汲んで編集部内によりよいノートパソコンの支給を!
More →

3Dプリンターでオフィス用に「検印」のゴム印づくりをダ・ヴィンチ2.0A Duoで!?

3Dプリンターでオフィス用に「検印」のゴム印づくりをダ・ヴィンチ2.0A Duoで!?

3dビルダーから作られた検印のイメージ画像

3dビルダーから作られた検印のイメージ画像

キートップの次は事務用品を3Dプリンターで作ってみるよ

3D Builderより 検印を作ります。円柱より反転した文字の型抜きをすることで印にしたい部分が浮かび上がるはずです。

3D Builderより 検印を作ります。円柱より反転した文字の型抜きをすることで印にしたい部分が浮かび上がるはずです。

FAX済みや要保存などのオフィス用文具の社印作りを

編集部がオフィス用途としての3Dプリンティングに挑みます。

仕事に一筋の3Dプリンター部です。

見せかけで、実は単に遊んでいるだけなのでは?との密告が経理部に届き遊ぶ以上に実用品が作れるとの評価を3Dプリンターの活用からもらおうという魂胆です。

はい、そこで印鑑ですから表から見ると反対のように鏡に映っていなければなりません。

 

出力できたものです。 わかりやすくマジックで文字を塗ります。

出力できたものです。
わかりやすくマジックで文字を塗ります。

おかしいですね。弱りましたね。インク版で検印を押そうにもこれでは文字が逆になって読みません。

明らかに社用印づくり失敗しました。

なぜか、反転されているはずの印鑑が3Dプリンティングされていなかったのです。(最終確認は誰?!)

  • そもそも表面にインクスタンプにインクがノリません、弾き返すのです。
  • ツルツルしていて手からこぼれ落ちるのでうなぎをつかむようなフィット感です。
  • 表にフェルトの布を貼り付けインクを吸い込ませやすくし、持ちやすいようにグリップする素材が別に必要と後で気が付きました。

総務部の社印の方へ編集部の実力を見せようと得意げにお見せし、実は反転していない実用性に欠けるデータで出力していたのを指摘され、編集部一同みな顔が青くなって帰ってきました。

かなり悔しいので記念にご紹介しておきます。

スキな文字のオブジェとして、このような3Dプリンティングはいかがですか?(少し無理があるかもしれません、、、。)

 

型抜きをした後に残る素材のバリをオブジェクトの立方体より削り落とす

円柱からバリの出た部分を立方体から型抜きをかけて滑らかにしていきます。

円柱からバリの出た部分を立方体から型抜きをかけて滑らかにしていきます。

 

よこからバリを取ろうとしているところを確認しておきます。

よこからバリを取ろうとしているところを確認しておきます。

縦横高さの指定、型抜きだけでもかなり3Dビルダーで遊べることがわかります。

123なんとか、なんとかCADやBlenederがとっつきにくいとしてもここまで遊べますね。

これが社用品として認められると3Dプリンターとしても存在感が増し、高価な趣味だけにとどまらない使いみちとして有効な気がします。

皆様はどのような文具品を作ってみたいですか?オリジナルの社名など織り込んで作ると満足度はさらに高まることでしょう♪

More →

エンターキーをキミに!画像編集から使いやすいマウスで2次元画像からシンプルに3次元世界へ♪

エンターキーをキミに!画像編集から使いやすいマウスで2次元画像からシンプルに3次元世界へ♪

keyboard-Enter KeyTopを落とします。

keyboard-Enter KeyTopを落とします。

受験生の合格祈願にエンターキーを3Dプリンターで作ろう

大学などへのEnterキーを押すのはキミだ!

PassとかYou Win!やDo Your Best!など様々な応援を受けながらセンター試験を始め戦いの時です。

入学を目指し受験に合格するという表現から当サイト編集部では88ちゃんねるらしい応援がしたいと会議をしました。

とはいえ、3DのCADで一からキーボードのモデリングをして3Dデータを作るための機材が揃いません。

スキャナーはペーパーであればたくさん手頃です。

単に安上がりならば、3DスキャナーをX-Boxなどのカメラなどを使いながら低予算でデータを作成できます。

優れたスキャナーを使わないでリアルな素材作りへの道のりは調べてみるほどに非常に手間と知識がかかります。

 

エンターキーボードトップ

エンターキーボードトップ

立体造形するサイズを同じようにちっちゃくすると印刷時間こそ短くはなります。1作品に1時間以上は待ちづらいものかも。

しかし、すぐにできあがるような作品に走ると、次の画面のように文字がつぶれやすい弱点が出やすくなるのです。

 

細かい操作小さく動かすのに使い慣れたマウスが頼もしい相棒に

ペイントでオリジナルの素材のEnterという文字をペイントアプリでマウスを駆使します。

画面表示を最大化したり拡大などを駆使します。

元のデザインの参考としたフォントからマウスで1ピクセル単位でデザインしています。

元のデザインの参考としたフォントからマウスで1ピクセル単位でデザインしています。

ダウンロード素材をそのまま出力するより手を加えて楽しむためのマウスが大切!

1ピクセル単位で3Dプリンター部によるオリジナルデザインにしてキートップの文字フォントデザインに凝ってみました。

ドット≒ピクセル単位による画像加工のために、細かい操作小さく動かすのに使い慣れたマウス操作は不可欠です。

キーボードトップに刻むEnterの英単語の様子

キーボードトップに刻むイメージと実際に出力された比較画像

実際に3Dプリンティングしてみると、せっかくの文字フォントがつぶれてしまいました。

もう少しくっきりと文字を削りこんで、文字をハッキリ出してもらえるためによりプリンティングのコツが求められます。

 

細かい文字表現には3D出力では速度は低速がぜひオススメ

エンターキーボードトップ/ 側面側より撮影

エンターキーボードトップ/
側面

本来ならば、次のようなイラストを元に3Dプリンティングができるはずでした。

ところです。左右反転しないと字が反転するのではないかという誤解が生まれたのがまず1点。

さらに字がうまく彫りだせるかきになる点。

せっかくの字も宙に浮いてしまえばただ3Dプリンティング後にバラバラに外れることから急遽、合格祈願の場所は見送ります。

 

なお、素材のデータは以下のリンクよりアレンジしたものです。

Keyboard Renders/Blender layout import add on – Allows you to import Keyboard Layout Editor data into Blender so you can render it (Github) Keys

より作りました。

http://www.keyboard-layout-editor.com/#より

 

3Dプリンター初心者向き?!の2次元画像からの立体データ作成

普段使うキーボードのキートップを自分のスキなようにカスタマイズできます。(技術の高い方は実際に使えるクオリティーで♪)

時間も知識も経験で育てていくことができる3Dプリンターの魅力がますます広がっていきますね。

More →

ダ・ヴィンチ2.0A Duoの詰まりのトラブルからスルーの記念に漢字で「詰」を作ってみる

ダ・ヴィンチ2.0A Duoの詰まりのトラブルからスルーの記念に漢字で「詰」を作ってみる

プラットフォームから詰という漢字をコテで剥がそうとします。当然、つながらないために間が抜けますね。

プラットフォームから詰という漢字をコテで剥がそうとします。当然、つながらないために間が抜けますね。

字の空洞が3Dプリンティングしてポロポロ抜ける泣き所とは

実際に作られた作品は、出来上がった状態ではうまく出力できたと嬉しいのもつかの間です。

実際にプラットフォームより取り出した瞬間に上の画像ようになりました。

作られた3D印刷でできた漢字のプレートはすんなりとできました。後がいけません。

プラットフォームからコテで剥がそうとすると当然のように上の画像のようにポロリとマヌケな作品に成り果てます。

口という漢字のスキマの部分が抜けていますね。

3Dプリンターの悩みの主要因になるエクストルーダーの詰まりに思いをこめて作成

3Dプリンターの悩みの主要因になるエクストルーダーの詰まり具合にとある思いをこめて作成しました。

字の中の空洞部分は3Dプリンターの泣き所

3Dプリンター部で使っているダ・ヴィンチ2.0A Duoでは、エクストルーダーの詰まりを疑い分解しています。

ところが、エクストルーダーへフィラメントを送るギアの不具合のようです。

結束バンドを切り、エクストルーダーを外したうえで詰まっていなかったという結果にはほっとしました。

しかし、せっかくの2色フィラメントの同時3Dプリンティングのメリットを体感したい。

そのためにギアのへたれをどうしたらよいのか対策を練っているところです。

まずは詰まっていなかったというアニバーサリーの意味を込めて試作しました。

 

台座を作れば文字が乗りそうです。しかしそうではありませんでした。

台座を作れば文字が乗りそうです。しかしそうではありませんでした。

ここにきてようやくラフトや台座の有り難さを知る

仕上げに手間がかかるという偏見でラフトを避けて通れません。

台座を用意したり、ラフトを付けておちないようにするという意味がここまできてようやく分かってきました。

上の画像では、Windows10の3Dビルダーの台座の高さを削り、文字を上におけるように工夫しました。

しかし、その試作品はお見せできません。えぇとても無残でした。

台座ばかり残るばかりでアルファベットでできた文字達はバリを落とすと同じにポロポロとはがれたのです。

 

DSDS対応のSIMフリースマートフォンを意識して作ってみた3D印刷用の素材

DSDS対応のSIMフリースマートフォンを意識して作ってみた3D印刷用の素材

台座の上に文字を出力した結果

パソコン画面では文字がきちんと置いて3Dプリンティングできるような気がします。

しかし、3Dプリンターの出力サイズが大きいと時間も半日から1日ずっと印刷しっぱなしになりがちですよね。

3Dプリンター部は高速かつフィラメントの密度をケチって出力したおかげで散々な結果を味わいました。

せっかく試作するならば高品質の方が良いと決まっています。

15cmもあるような巨大なオブジェクトにこだわるよりもまずは小さな試作品からです。

3cmから5cm程度の造形にダ・ヴィンチをゆっくりと低速で3Dプリンティングすることから始めたいと思います。 More →

MA-WBL26 サンワサプライの6ボタンマウスとMA-WBL25の5ボタンと違いを実物で比較レビューする

MA-WBL26 サンワサプライの6ボタンマウスとMA-WBL25の5ボタンと違いを実物で比較レビューする

 

img_20170111_145852

 

どこのマウスを使っても大差なしと思ってみたら大嘘だった!

後に発売され希望小売価格が高くても使いやすいとはかぎりません。

先に発売された5ボタンマウス(画像上)と、後で発売された6ボタンのBlue LEDワイヤレスマウス(画像下)を並べて撮影したものです。

それぞれの「進む」と「戻る」のボタンの位置は、右親指で押すのにはMA-WBL26シリーズの方が高くに位置しています。

ホイール部分の左側にダブルクリックの機能のついたボタンが1つついている6ボタンマウスがMA-WBL26シリーズです。

  • 画像上側がMA-WBL25シリーズ:5ボタンマウス、ワイヤレスでBlue LED仕様/2013年 3月より3,240円の希望小売価格
  • 画像下側がMA-WBL26シリーズ:6ボタンマウス、ワイヤレスでBlue LED仕様/2013年 7月より4,320円の希望小売価格
マウスの裏側の脚部の比較画像

マウスの裏側の脚部の比較画像

 

 

MA-WBL26の4脚部分は、1500円にしてはよく机の上を滑りやすく、ツルツル感抜群♪

画像でマウスの裏側の4つからなる脚部を注目です。

この部分を見るとだんだんとMA-WBL25シリーズの4つの脚部がだんだんとすり減りながら使いにくくなりそうです。

好みが分かれるところです。普段使うマウスではデコボコした面では扱いにくいというレビューも見られます。

PC次第では滑り過ぎて、マウスを買ったばかりではポインターが速く移動しすぎて調節するのに少し手こずります。

 

img_20170111_145127

MA-WBL26シリーズ:6ボタンが5ボタンモデルより1まわり小さい

コンパクトな6ボタンマウスは単4乾電池2本で動きます。

まるで卵を包みこめるようなふんわりした感触です。

 

MAWBLメーカーサイトよりサイズ説明画像を並べたもの

MAWBLメーカーサイトよりサイズ説明画像を並べたもの

MA-WBL25は手の大きなユーザーによくなじみます

どういうわけかアマゾンでは1700円と前回レビューした6ボタンマウスよりも不思議と値崩れません。

ma-wbl25ds、ダークシルバー色の5ボタンマウスのパッケージ

サンワサプライより製品サイトの製品紹介画像よりMA-WBL25DSのパッケージ画像

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

サンワサプライ製の5ボタンマウスMA-WBL25シリーズ完売方向へ

アマゾンでは白色限定で1,300円ほどで買えるサンワサプライの5ボタンマウスです。

MA-WBL25シリーズのサンワサプライの製品サイトより5つボタンモデル、わずか4ヶ月前に発売されたものです。

サンワサプライより、ホワイトモデルは廃止、レッドも廃止のアナウンスです。

 

img_20170111_150102

今回は、MA-WBL25のダークシルバーモデルの実物を比較して撮影します。

6ボタンでダブルクリックボタンがついていなくとも、大きさや電池のもちで価格があまり下がらないのでしょうか。

 

  • 連続作動時間/約240時間
  • 連続待機時間/約6000時間
  • 使用可能日数/最大約3.5ヶ月間

5ボタンのマウスと比較して、メーカー希望価格も高くなるのに、動作時間が短く感じられます。

エネループに代表される充電池を利用するのがいいですね。青い色のエネループが安い場合はそれもまた良し。

作業終了後に、使わない時にはこまめに電源スイッチを切ります。それなら電池が切れるようなストレスはほぼありません。

ところが、5ボタンのモデルは単3乾電池x2本

ですので、一回り大きくなりむしろフィット感は上のような気がします。

大きな手のユーザーさんは5ボタンのモデルの方がグリップが効いて心地がよいですね。

  • 連続作動時間/約530時間
  • 連続待機時間/約3年間
  • 使用可能日数/約12ヶ月間です。

さすがに大きな乾電池に余裕の大きさで設計されているだけあり随分と長く使えるようなテスト数値ですね。

 

パソコンの付属品やワイヤレスキーボードのセット品マウスから変えてみるとパソコン操作が格段に楽しい!

マウスを1000円以上出してみる。あるいは5,000円から1万円以上のマウスで作業するパソコンで違いがもしかすると見つかるかもしれません。

マウス1つについて、少ししつこめのレビューを組んでみました。マウスはいつも頼もしいパソコン操作の心強い味方です。

手に馴染むマウスとキーボードが皆様の快適な操作となりますように。

More →

MA-WBL26モデル:5つボタン+1のサンワサプライのワイヤレスマウスに替えて手放せない!使い良く格安と大正解?

MA-WBL26モデル:5つボタン+1のサンワサプライのワイヤレスマウスに替えて手放せない!使い良く格安と大正解?

ノートパソコンに無線通信用のアダプター≒ドングルをUSBポートにつけて、サンワサプライ製のワイヤレスマウスの6ボタンの製品の様子です。

ノートパソコンに無線通信用のアダプター≒ドングルをUSBポートにつけて、サンワサプライ製のワイヤレスマウスの6ボタンの製品の様子です。

5つボタン以上のマウスを始まめて操作を加速させよう♪

ネットサーフィンで戻ったり進む時には右クリックをして選択するだけ手間がかかります。

ネットサーフィンで戻ったり進む時には右クリックをして選択するだけ手間がかかります。

右クリックより選択をマウスから戻るも進むをも1クリックで!

2017年からはマウスを3つボタンマウスから5つ以上へグレードアップしてみませんか?

3つボタンのマウスでは避けて通れない選択が1つ省くことができ、病み付きになるくらいとても快適なんです。

画面の操作も3つボタンマウスの場合は右クリックして戻るを選ぶとか、キーボードのバックスペースキーを押して戻ることができます。

(キーボードこそ最速というユーザーさんなら進むも戻るもALTキーとカーソルキーの←と→キーの組み合わせでしょうか?)

MA-WBL26BKR:サンワサプライ製マウスの実物を例にレビューしてみます

今回はPCパーツ担当が入手した1,500円程度の格安な5つボタン+1ボタンの6ボタンマウスのレビューをしたいと思います。

読んでくださる方のマウスの操作の向上に何かお役に立ちたいと3つボタンマウスではないマウスの快適さをレポートしましょう。

サンワサプライの5つボタン+ダブルクリックボタン搭載の2.4GHz USB接続のワイヤレスマウスと3つボタンワイヤレスとの比較画像

サンワサプライの5つボタン+ダブルクリックボタン搭載の2.4GHz USB接続のワイヤレスマウスと3つボタンワイヤレスとの比較画像

画像の奥に見えるのが3つボタンマウスの様子です。東芝のダイナブックに標準で付属したワイヤレスマウスです。

USBのドングルをつけて、通信します。

同じくUSBのTypeAという標準サイズのドングルを使う手前のサンワサプライの6つボタンマウスの様子です。

単四乾電池×2本を使います。軽量68gです。

繰り返し充電の可能なエネループで担当は利用しています。

サンワサプライ ワイヤレスマウス ブルーLED ブラック MA-WBL26シリーズの黒を入手します。

カラー ブラックなど6色、グリーンが高値
インターフェース USB HID仕様バージョン1.1準拠

※USB3.0/2.0でも利用できる

分解能 1600・800カウント/インチ
読み取り方式 ブルーLED光学センサー方式
ボタン
  • 2ボタン、2サイドボタン、
  • ダブルクリックボタン、
  • ホイール(スクロール)ボタン、
  • カウント切替えボタン
電池性能* 連続作動時間/約240時間
連続待機時間/約6000時間
使用可能日数/最大約3.5ヶ月間
サイズ マウス/

W57×D98×H37mm
超小型レシーバー/

W15×D17.5×H6mm

重量 マウス/68g(電池含まず)
超小型レシーバー/1.5g

 

クリック1つでダブルクリックも可能なボタンのワイヤレスマウス

アマゾンでは1,500円程度で販売されています。

 サンワサプライのメーカー製品サイト:MA-WBL26BKへのリンク

*※一日8時間パソコンを使用中に、マウス操作を25%程度行う場合のテスト結果です。(アルカリ単四乾電池使用時)
※サンワサプライ社内テスト値であり、参考値として。

  • コネクタ形状USBコネクタ(Aタイプ)ワイヤレス方式
  • 2.4GHz RF電波方式
  • AUTO LINK(32チャンネル×2の24乗ID)
  • 通信範囲木製机(非磁性体)/半径約10m
    スチール机(磁性体)/半径約2m

More →

分解して確認完了!3Dプリンターでエクストルーダー詰まりの原因と対策?ダヴィンチ2.0A Duo編

分解して確認完了!3Dプリンターでエクストルーダー詰まりの原因と対策?ダヴィンチ2.0A Duo編

ノズルの右側(エクストルーダー1)がツルリと空洞です。 ノズルの左側(エクストルーダー2)はフィラメントが詰まりを起こしていました。

ノズルの右側(エクストルーダー1)がツルリと空洞です。 ノズルの左側(エクストルーダー2)はフィラメントが詰まりを起こしていました。

分解して3Dプリンター内よりエクストルーダーを外してみた

上の画像のようにフィラメントがノズル内で固まったままの様子をエクストルーダーの分解からようやく確認できました。

途中で冷えて固まったフィラメントが居座っています。これがいけません。

こうなると、エクストルーダー内の詰まりを溶かし出そうとアンロードします。ノズルワイヤーを何度も抜きさしします。

改めて45度に切り込みを入れてフィラメントをロードしてもノズルから何も出力がありません。どうしたら良いですか??…。

8万円近くする3Dプリンターの結束バンドを切る勇気皆様からいただきます!

触ったことがほく全くゼロの経験から始めた3Dプリンター部の誰もがダ・ヴィンチ2.0A Duoの分解について及び腰でした。

メーカー保証はすでにありません。仮に下手にいじってしまったために逆に壊れる恐怖がつきまといます。

3Dプリンターでメーカー直送、2週間程度使えないもどかしさ、高い請求書とトリプルパンチを浴びかねません。

初期設定のままではなくパーツの分解、清掃、交換を目的にダ・ヴィンチ2.0A Duoを分解する日がいよいよ本日やってまいりました。

 

ダ・ヴィンチ2.0A Duoの分解前の結束バンドの残したまま手付かずの様子

ダ・ヴィンチ2.0A Duoの分解前の結束バンドの残したまま手付かずの様子

ニッパーで切り、端子を取り外すことでエクストルーダーが外せます。

ネジとドライバーで分解できるようなら、気軽に分解までできるようなきがします。

いざ結束バンドをニッパーで切ってしまうと、後どうしてよいのかわかりません。

念のために結束バンドに赤色のペンで塗り込み、後で元に戻せるように対応します。

最初はとてもピチッとはめ込まれています。

部員のうっかりさんは、フィラメントをアンロードしないままエクストルーダーを外そうとして悲劇に遭いました。

少しずつ後ろにへずらしましょう。ずらしつつ上の方に上げていく感じです。

とても硬くて外せそうもない感触でも、やがてするりと楽にエクストルーダーが外れます。

 

*これが8万円のデスクトップパソコンのパーツの不具合のトラブル解決などですと、編集部内は率先してバラシたい人ばかりです。

ダ・ヴィンチ2.0A Duoのエクストルーダーを取り出し、本体内のギアからフィラメントが通る様子

ダ・ヴィンチ2.0A Duoのエクストルーダーを取り出し、本体内のギアからフィラメントが通る様子

フィラメントがギアから先に送り出さる先には空洞がある。

上の画像には内側の黒い四角いガイドを通り、フィラメントがエクストルーダーにつながるステンレス製らしきノズルを通ります。

ギアにはフィラメントを下方向へ送り出すために大小で対になっています。粉が付着していました。

早速清掃してギアの動きをよくしてフィラメントがスムーズにエクストルーダー内へ届くようにお手入れします。

 

途中で切れているために白くとどまり、追加のフィラメントをさえぎる様子

途中で切れているために途中をさえぎるフィラメントの様子(黄色の円内)

日本語で3Dプリンターで使う動作でロードとアンロードとは?

ロードするとは、、差し込むとか、押し込む、届け入れるのような意味かも

ロードする前にクリップを握って一度フィラメントの固定レバーを緩ませます。

これは前に使い方でも述べました。ただし、意味が全く分かっていませんでした。

CDをローディングするといえばプレーヤーにです。フィラメントをローディングするといえばエクストルーダーにロードします。

その先にようやくエクストルーダー内部で加熱され溶けることにより、プリンターノズルより0.1mmから0.4mm精度で3Dプリンティングされるわけですね。

 

アンロードはいわば引っ張り出して抜き出すという動作

同様にアンロードする前にフィラメントをきちんと溶かし出すことでエクストルーダーをクリーニングします。

それが終わると、ダ・ヴィンチはプルアウトができるという表示を出してくれるのです。

フィラメントをエクストルーダーから抜きだすこと、すなわちアンロードです。

カタカナって本当に難しいなぁと編集部一同ウナリマス。

*この上から下へ溶かしプラットフォームで固める仕組みがようやくマニュアルを読んだだけではカラダで分からないと思ったのです。

 

エクストルーダー1の右側ではフィラメントがPLAでもABSにおいても きちんと出力ができます。

エクストルーダー1の右側ではフィラメントがPLAでもABSにおいても きちんと出力ができます。

3Dプリンターのフィラメントのジャムとは、すぐに冷えて固まることが裏目にでたことらしい

目詰まりするという意味が全く3Dプリンター本体の分解前にはその仕組みがわかりません。

型番+3Dプリンター+フィラメントが出ないという検索キーワードで教えてもらえるページが全く理解もできません。

お店に問い合わせの電話をしても意味が全くわかりません。 More →

ダ・ヴィンチ2.0A Duoから3Dプリンティングで新年のご挨拶を2色より♪

ダ・ヴィンチ2.0A Duoから3Dプリンティングで新年のご挨拶を2色より♪

ABSの白いフィラメントを使いエクストルーダー1より造形したサイト3Dプリンターのカテゴリー

ABSの白いフィラメントを使いエクストルーダー1より造形できました。

結局エクストルーダー2が不良のようです。 分解修理です。トホホ。

結局エクストルーダー2が不良のようです。
分解修理です。トホホ。

ABSでもPLAでも、どちらのフィラメントでもエクストルーダー1で3D印刷はできました。

2017年のダ・ヴィンチ2.0A Duoの3D印刷初めのお披露目

買った状態ではABS樹脂での3Dプリンティングが初期設定です。買った状態ではABS樹脂での3Dプリンティングが初期設定です。

付属のXYZウェアよりSLT形式データを素材をPLA設定にして3w形式に書き出す

3Dプリンターのジャムエラーに始まり、ロードとアンロードをしながら行き詰まりを見せた2016年

おかげ様をもちまして、昨年3Dプリンティングができない一苦労からめでたくも3D印刷ができました。

ひとえに、当サイトへのアクセス他様々な形で応援やご支援をいただいたおかげです。

 

まだまだこれからです。

*高価な3Dプリンターであるなかで毎回故障の都度メーカー修理するのは辛い思いです。

それよりも互換パーツの活用で延命できる!とのGoogle+1コミュニティより大変ご有り難いアドバイスをいただきありがとうございました。

 

 

ダヴィンチ2.0AのPLAフィラメント交換での試行錯誤

ABSが標準装備されていたので、PLAのフィラメントを3D印刷しようとするとトラブルが起きる具体例

ABSが標準装備されていたので、PLAのフィラメントを3D印刷しようとするとトラブルが起きる具体例

ABS指定のSTLや3WのデータがPLAへのフィラメント交換後にトラブルに

 どちらの樹脂にも対応するとあるダ・ヴィンチ2.0A Duoです。
しかし、違うのでした。
ABSが標準装備されているために、PLAをつかい混ぜて利用することはできないのは盲点でした。
PLA単色で2つカートリッジを同時に装着せずに印刷は可能。
で、書き出しの際に樹脂を前もってPLAで印刷すると設定します。
ただし、アンロードする際にカートリッジが装着されていないとエラーが出ます。
切断された状態でもよいので、フィラメントを抜く際には外したままでは故障の原因になりかねません。
空ぶかしのような状態は怖いですね。
20度前後しか温度は上昇せず、プルアウトという表示とともに引き抜くことはできないようにデザインされているのが分かります。
アンロードして詰まっていたような印象の赤いフィラメントの例/アンロード後に出てきた様子

アンロードして詰まっていたような印象の赤いフィラメントの例/アンロード後に出てきた様子

エクストルーダーへの差し込みが甘い

 ノズルワイヤーを差し入れ引き抜くのを繰り返すこと何時間以上。
アンロードすると今までの色のカスがにゅるりと出るのが普通。
これとロードを繰り返すのです。分解修理は最後の切り札。
ロードする際に、突き刺す深さが甘くさらに突っ込むと大量にかすは飛び出す。
浅いとやはり出てきません。

カートリッジがきちんとセットされないと不足というエラーがでます。

コンセントが入っていませんか?

というレベルですが、割りとやらかしてしまいます。

 

来年こそ、スムーズなキャリブレーションとエクストルーダーからスムーズなフィラメントを願い。

皆様の3Dプリンティングが充実されますように。良いお年をお迎えください!

今後とも88ちゃんねるとのおつきあい重ねてお願い申し上げます。