楽天、日本一大手!則本粘った!

楽天、日本一大手!則本粘った!
10月31日、東京ドームにて。
日本シリーズ第5戦、両チーム勝てば大手がかかる大一番。
巨人先発は内海。楽天は辛島です。


辛島の好投が冴えました。6回まで巨人打線を無失点に抑え、
危なげないピッチングが続きます。迎え撃つ巨人先発内海は、
3回に楽天打線に捕まります。

岡島、銀次のタイムリーにより、内海はこの回2失点。
楽天にとって、巨人のエースから貴重な貴重な2点をもぎとります。

巨人は辛島から点を奪えず、6回裏にシリーズ2戦目に先発した
則本がリリーフとして登場。魂の籠った速球とスライダーで巨人打線を翻弄。

巨人内海は7回に降板し、中継エース沢村が登場。
そして7回裏、カウント1-0から2戦目にホームランを許している村田に、
待っていたかのように左中間へとボールを持っていかれます。

2-1となった楽天は、なんとか逃げ切りたい所ですが、
9回裏にまたも1アウト1塁、3塁としながら、村田。捉えた打球は則本に飛び、
さばき切れずに内野安打。同点のランナーが返り、試合は振り出しとなります。

なんとか9回裏を粘った則本。「絶対打ってやる!」と
延長10回表に銀次の勝し越しヒットが生まれ、
ジョーンズにも4点目となる内野安打。巨人西村は肩を落として降板します。

手に汗握る10回裏、汗だくになりがらも則本が3人をピシャリと締め、
この接戦を楽天がモノにしました。

星野監督によると、辛島が粘って先手を取った時点で、リリーフとして則本を出すつもりだったそうです。辛島もシーズンでは2勝という成績に終わり、星野監督も驚きのピッチングを見せたようです。

ついに地元東北に戻って、楽天先発は田中が予想されています。
田中が攻略されれば巨人の日本一が見え、攻略されなければそのまま楽天の日本一が決まる大切な一戦です。

来る11月2日。決戦は迫ります。