落合GMの中日選手大幅減棒の理由は?

落合GMの中日選手大幅減棒の理由は?

今年、落合GMが中日に就任してから、ドラゴンズの選手たちは大幅減棒を強いられています。谷繁選手兼監督も6000万円の年棒減額でサインしました。一番大きかったのはドラゴンズの名選手であった井端選手の退団です。


落合GMはマスコミに対し「井端は戦力外ではない。戦力外に年棒の提示はしないから、間違えないように。」と言うコメントを残しています。井端選手はおおよそ1億5千万円の減棒にサインはせず、退団しました。

「アライバ」として中日の黄金期を担った荒木選手も6800万円の減棒でサインし、「井端さんが居ないのは寂しい」とコメントしています。

他の主力選手たちも皆、減棒をされています。中日のエースである吉見投手は1億1600万円減棒。主砲の和田選手も8000万円の減棒。しかし、井端選手以外の主力とされる選手たちは皆、サインしています。

落合GMは「Bクラス入りしたのは誰の責任であるか。それは選手たちの責任だ。評価が上がれば年棒は上がるし、評価が下がれば年棒は下がる。選手たちは分かっているからサインしているのだろう。」という主旨のコメントを残しています。

一見「厳しく」見える落合GMの大幅減棒。総額は8億円とされています。それでも中日でやっていきたいというチーム愛や、成績を残せなかった不甲斐無さにより、選手達もサインせざるを得なかったのではないでしょうか。

選手たちには来年はまたAクラス入りして成績を残し、年棒UPしてもらいたいものです。